~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
           林さんちのあぐらぐち物語 2011年 卯月4号
               http://www.hayashisanchi.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2011年   卯月4号 _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 ラブシートの名前の由来で、ユニチカさんから回答がありました。より多く
の農家に末永く愛される商品になることを願って命名したそうです。まさかの
『LOVESEAT』が正解だったのです。30年来の謎が解けました、、っ
て最初から聞けばよかった。しかしオヤジも赤面するこのネーミングは、林さ
んちでも無理。命名した人のセンスというか勇気は、相当です。そして今週末
から田植えを開始します。まだ寒いので、ハーフスロットルで行きます。

*********** お待たせしましたぁ~~! **********

 林さんちの新HPに「お手軽カゴ」が出来ました。一発で買い物出来ます!
         http://www.hayashisanchi.jp/shop/

 社長日記と専務日記を、ブログ化!コメントどしどし書いて!
社長=http://koyo.hayashisanchi.jp/ 専務=http://hiro.hayashisanchi.jp/

 メルマガが2通届いている方ご連絡ください。こちらで1通解除します。

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□
普通のコシヒカリ      ■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□
ひとめぼれ          ■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□

             詳しい数字は、メルマガの最後に

2.今週の林さんち・・・・安物買いの銭失いにならぬよ~に

 先日、東日本大震災を免れた専務用の新型田植え機が、林さんちに届いた。
栃木県宇都宮市に工場があるらしいが、被害を受けたようなのだ。しかし林さ
んちでは、昨年から早期予約してあったので、震災前に石川県に届いていたよ
うだ。同じく、新型トラクターも早期予約で、奇しくも3月11日の朝届いた。
この日は、なぜか吹雪でした。その他の一年間の農業資材、肥料や農薬は、す
でに、これまた早期予約で、昨年のうちに手配済み。『先んずれば制す』完璧
な段取りのはずが、新型田植え機が届いた早々に勘違いが発覚。

 今回、購入した田植え機「クボタNSU50」は、空冷エンジンタイプ。そ
してもう1機種、水冷エンジンタイプの「クボタNSU55・SP2」ありま
した。林さんちの必殺技「早期予約とキャッシュ購入」のダブル技での強力値
引き交渉。それでも見積もりは、空冷タイプ約160万円、水冷タイプ約20
0万円と、5条植え小型田植え機ですが、乗用車1台分を楽勝に買える金額で
す。5年前に購入した私の田植え機は、やはり「早期予約とキャッシュ購入」
で値切って水冷タイプで186万円でした。その時は、知らぬが仏で水冷エン
ジン2気筒という響きに騙されて即!購入決定。

 それまで使っていた田植え機は、重量バランスも悪くて、田んぼへの乗り降
りで四苦八苦していました。ところが、この水冷エンジン田植え機は、最高の
バランスでした。空冷エンジンは、コンパクトな分、燃料タンクを前方のエン
ジンルームに設置してあります。その点、水冷エンジンは、重いのでエンジン
本体だけで十分バランスが取れるので、燃料タンクを車体中央部に設置。おか
げで大容量化できて給油回数が激減。しかもさらに重量配分が中央に集中した
結果、操縦安定性が抜群。その他、振動の激減、田植え速度の向上、そして田
植え操作を、レバー一本をポンと押すだけで、全て自動で行ってくれます。林
さんちの田んぼは、小さくてクルクル回るので、これは非常に助かります。

 私は、専務の田植え機も、水冷エンジン購入を考えていました。ところが、
今回は、田植え機購入とトラクター購入が重なってしまいました。総額600
万円超のお金が必要になります。昨年のコンバインと玄米色彩選別機で1千万
円使ったばかりで、これは、キツイ!そこへ空冷エンジンの見積もりが出たの
です。う~ん背に腹は、変えられないか、、と思ったのと、社長の私と専務の
性格の差がここで出ました。私は、どっちかというと何かを選択する場合「大
型で複雑だが便利」を選ぶ傾向があります。専務は、「小型で単純だが手動」
を選ぶ傾向です。専務は、整備をする側なので、なるべくシンプルで壊れない
タイプを好むのでしょうね。

 だからコンバインも私は、5条、専務は、4条。乗用車も、私が大きなステ
ーションワゴンタイプのステージア、専務は、軽自動車のバモス。バイクも、
私がビューエルやフォルツアという変わったタイプですが、専務は、ホンダC
B750Fという、日本のスタンダードエンジンとも言える空冷4気筒エンジ
ン搭載のバイクや空冷単気筒バイクを所有しています。お互いの性格の差と経
営の点で弱気になった私の判断で、安い空冷エンジンタイプの田植え機の購入
を決定。それは、早期予約ということで昨年の11月のことでした。

 そして届いた田植え機を見たら、なんと田植えのレバーが手動式。つまり田
んぼ端まで行くと、田植え部を上げてターンそして田植え部を下ろしてから、
田植えレバーを押してあげないといけない。今まで小指一本で操作していたこ
とを腕一本で前にグッと押すことになっていた。げぇ~~エンジンだけ違うん
じゃないんだ!安いのには、訳があったのです。後で分かったのですが、最近
になって、クボタで高級型の水冷タイプと廉価型の空冷タイプで、大きく性能
を振ったようなのです。そこで緊急に水冷エンジンタイプに買い替えを検討し
ましたが、見積もりが280万円!そりゃそうです、普通に定価で買えばそう
なります。この時点で、買い替えは、断念。

 ここ2年で、多くの農機具を購入することになって、田植え機のことまで正
直、頭が回らなかったのです。私の田植え機購入の時は、農機具フェアで試乗
までさせてもらい、何度も実機を確認して買いました。しかし今回は、田植え
機は、どれも同じだろうとの思い込みで失敗してしまいました。ここのところ
の高額農機具の購入で感覚が麻痺していたのだと思いますが、それでも160
万円の買い物です。明らかに油断した結果です。約20年前に購入した6条植
え田植え機が、使い辛くて翌年、5条に買いなおした痛恨のミスを思い出しま
す。このミスが、大きくならず逆に良かったと思える活躍を新型田植え機には
期待しています。

           ↓そんな林さんちのお米はこちら↓
         http://www.hayashisanchi.jp/

3、ハイブリット型の手袋

 農作業に欠かせないアイテムが、長靴と手袋です。長靴に関しては、今時珍
しい国産の田んぼ作業専用の長靴をJAに、わざわざ注文して取り寄せていま
す。最近は、JAにも中国製の安価な長靴がおいてあるのですが、履きづらい
しすぐに穴が空いてしまい使い物になりません。この専用長靴は、ゴムが柔ら
かくて足首がキュッと締まっていて丈が膝下まであってそこでさらに締まって
います。これで泥の中を歩いても、足が取られずに素足のように歩けます。だ
から脱ぐ時は、普通の長靴のように足を抜くのではなく、膝下からめくって裏
返しにして最後、足首を抜いて脱ぎます。取り寄せなので、予め穴が空いたり
した時のために、社員のサイズを数足ストックしています。これがないと仕事
にならないからです。

 通常の長靴は、ホームセンターで購入しますが最近の商品は、すぐに穴が空
いたり継ぎ目から水漏れをします。田植え長靴ほどシビアでないので、それな
りに使っています。しかし最近は、ネットでプロ用の長靴を発見し購入してみ
ましたが、実にグッドです。やはりホームセンターでは、そこそこのモノしか
手に入らないのは、仕方ないですね。長靴は、3千~5千円するので、ネット
通販で買ってもありかなと思います。しかし手袋となると、ホームセンターで
買うしかありません。1双200~300円前後の手袋をネットで買うのは、
難しいし、実際、はめてみないとサイズも分からない。最近のホームセンター
では、ちゃんと試着用のサンプルが置いてあってなかなか重宝します。

 最近、林さんちでのブームは、手の平と指先だけゴムで残りの部分が布で
出来たハイブリッド型です。田植え仕事は、泥水で濡れるので、ゴム手袋を
します。しかし困るのが、手の臭いです。どうしても泥水等が入ったり、汗
で雑菌が増えて蒸れて臭くなるんです。軍手は、通気性は良いのですが常に
濡れたままになって苗の肥料分等ですぐに手が荒れてしまいます。ハイブリ
ッド型は、蒸れないし手も保護されます。ゴム手袋と違い、外し易いのも特
徴です。よく携帯電話がなっても、ゴム手袋が厚くて操作できず、かと言っ
て外せず、もたもたしているうちに切れます。

 田植え以外の通常の作業では、以前は、皮手袋を使用していました。しか
し一度濡れると次乾いた時、パリパリに硬くなってしまい使いにくい。そこ
で手の平と指先が合成皮革で残りが布のハイブリッド型を使用しています。
これまたなかなかナイスなはめ心地です。車でもなんでもそうですが、良い
ところを組み合わせたハイブリッド型が、良いのですね。キチンとした装備
で快適に安全に作業をすることが、最後は、良い経営に繋がるのです。さあ
新しいハイブリット型の手袋も用意して万全の体制で田植えに臨みます。

林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

            平成22年産       新米発売日
超普通じゃないコシヒカ   144袋/365袋   39%   9月27日
普通じゃないコシヒカリ   225袋/490袋   46%   9月10日
普通のコシヒカリ     247袋/647袋   38%     9月10日
ハナエチゼン         109袋/245袋   44%    8月25日
ひとめぼれ          92袋/245袋   38%    9月  8日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県石川郡野々市町藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
http://www.hayashisanchi.jp
 koyo@karatsu.ne.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884