~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
           林さんちのあぐらぐち物語 2011年 神無月1号
               http://www.hayashisanchi.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2011年   神無月1号 _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 さきほど稲刈りが終わりました。8月17日から始まり約1ヵ月半、結局な
んやかんやと言いながら昨年より1日早く終わりました。そして稲刈りが終わ
ってすぐに雨が降り始めました。こんなにピッタリと終えることが出来るのも
珍しいことです。そしてお餅の定番商品のうち、最後まで欠品だった玄米餅の
販売を再開しました。ふぅ~、、これでようやく品揃えが出来ました。こんな
に商品が欠品した年も無かったので、ホッとしています。

       林さんちの溶けないお餅・定番揃いました
    http://www.hayashisanchi.jp/shop/omochi/omochi2/

      林さんちの超普通じゃないコシヒカリ・新米発売
    http://www.hayashisanchi.jp/shop/kome/kome1/kome11/

       林さんちの女王様ミルキークィーン・新米発売
    http://www.hayashisanchi.jp/shop/pages/kome17.html


   在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□
女王さまミルキークィーン  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
普通のコシヒカリ      ■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
ひとめぼれ          ■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□

             詳しい数字は、メルマガの最後に

2.今週の林さんち・・・・神様といた半日

 野々市中学校の校長先生から鍵山秀三郎氏を講演に呼びたいのだがと聞いた
のは、今年の春。え?なぜあの鍵山氏を知っているの?と思ったら、校長先生
が鍵山氏の本を出してきて、これを読んでぜひ来て欲しいと思ったんだと言う
のです。私は、野々市中学校の学校評議員を務めていることもあり、子供が卒
業後も学校に関わっています。校長先生は、昨年、赴任されてから「自問清掃
」という活動に取り組んでいます。今の校長先生は、前の荒れた中学校を見事
立て直した実力の持ち主です。その原動力になったのが「自問清掃」

 自問清掃とは、掃除の間、一言も話さずに自分に向かい合って掃除をする方
法です。そして掃除は、自主的にすることで、先生も強制しません。もし嫌な
ら静かに座っていれば良いことになっています。先生も今までの指示命令では、
ないので当初は、どうして良いか分からず、それでも先生も率先して自ら掃除
を生徒と一緒になってやりました。そして自問ノートに、自分の思ったこと感
じたことを書いて振り返ることをしました。だから野々市中学校では、掃除の
時間は、本当に想像できないほど静かです。

 私のPTAをの含め、急激な町の発展と共に、荒れる学校をどうしようかと
いう時代がありました。町で、携帯電話を持たさない運動をしているのは、野
々市町だけでないでしょうか?そして地域や先生、保護者の努力でようやく良
くなり始めた野々市中学校ですが、今の校長先生の目標は、さらに一歩進めて
「地域に誇れる学校」です。自問清掃を始めてから、生徒の成績も少しづつ上
がり、部活動においても成果が出始めました。よくボランティア活動で新聞に
取り上げられるようになりました。昔は、事件でよく取り上げられていたこと
を思うと真逆です。

 そんな野々市中学をさらに前進させるためには、鍵山氏の話を生徒と保護者
に聞かせたいと校長先生は、考えたのです。もう思いついたら実行に移す先生
ですから私に熱く語るのです。そして私が、少なからず知り合いだと聞いて、
ぜひ来てくれるように頼んでくださいと言われました。でも知り合いと言って
も青年塾で良くお会いした程度。しかも相当、お忙しい方なので、無理かもと
思いつつも、鍵山氏を良く知る塾生に相談。すると最近は、経営者への講演よ
り教育関係に力を入れてらっしゃるから手紙を書いてみたらどう?と助言を頂
きました。私の拙い手紙と校長先生の熱い手紙を添えて郵送したところ、なん
と快諾の返事が返ってきました。

 イエローハットの創業者でもあり、お掃除の神様と呼ばれる鍵山氏の生き様
は、多くの方に感動を与えて来ました。私もその一人です。現在「日本を美し
くする会」の相談役として全国でお掃除に講演に飛び回っておられますが、現
在78歳。でも実に、凛とした姿で、とてもそんなお歳には、見えません。そ
して迎えた当日、私は、タクシーで来校してから小松空港にお送りするまで、
エスコートする栄誉を頂きました。学校では、道徳の時間に鍵山氏の本を題材
にした授業をやっていて、現れた本人に生徒達もビックリしていました。講演
でも結構難しい話だったのに、一度授業でやっているので非常に皆、真剣に聞
いていました。

 一緒にいながら色々と話しかけていただき感動のまま小松空港に行きました。
鍵山氏は、少し風邪気味でしたが、翌日4時40分起床で5時にトイレ掃除に
行くとのこと。この小さい体のどこにそんなエネルギーが秘められているのか
でも近くにいるとビンビンとオーラを感じます。でも普通にいらっしゃると、
ただのニコニコしたおじいちゃんという風情で、まったく気配が消えています。
それほど謙虚な方です。神様といた半日、少しエネルギーを分けてもらいまし
た。まだまだの私、もっと頑張ろうと思いました。

           ↓そんな林さんちのお米はこちら↓
         http://www.hayashisanchi.jp/

3、ピッタリと稲刈り終了

 カグラモチの最後の田んぼを、私と専務のコンバイン2台で突入して刈り終
えました。最近では、田植えも含め子供達の米作りや会議が重なって、ラスト
に立ち会えないことが多い社長でした。やっぱり昨年の土づくりから始まって
丹精込めて作ったお米のラストを締めたいとの思いは強いのです。でも予想ど
おり10月に入った途端に子供達の稲刈りや会合会議で、稲刈りが出来ない日
が出て来ました。お天気と稲刈りの進捗状況で日々刻々と変わる状況の中、一
枚でも半分でも前に進むべく頑張っていました。

 昨日10月4日は、そんな中究極のハードスケジュール。午前11時、藤陰
幼稚園の稲刈り、12時30分鍵山秀三郎氏の野々市中学での講演でのエスコ
ート、鍵山氏を小松空港へ送り届けて夜は、野々市小50周年記念の会議。で
でも朝の第1クォーターは、稲刈りに突入、そのエリアは20a2枚、10a
が2枚でしたが通常、秒速1.24キロの設定の封印を解除、愛機AR70の
ほぼ最高速度秒速1.44キロ、時速5.2キロで刈りました。そのエリアを
刈り終えたのが、10時半の第1クォーター終了10分前。でもここで終わら
ずに、AR70をトラックに積んだまま一昨日1枚半残ったエリアに直行。そ
こに置いてあった専務のER467のシートをめくって速攻で刈取り開始。

 その時点で、残り7分、でもなんとかコンバインの籾タンクぎりぎり一杯分
で刈り終えて帰社したのが、11時15分前。本当は、10時半に休憩時間に
集合して全員で打ち合わせするのであるが、もうそんな時間も無く、スタッフ
に丸投げで藤陰幼稚園の稲刈りに急行、その後、野々市中学で鍵山秀三郎氏の
講演のエスコートで最後は、小松空港までお送りして、夜は、野々市小学校の
50周年記念事業の会議と、現場の動きがまったく分からないまま今日を迎え
ました。

 すると昨日は、通常、専務が籾摺りを監督するところコンバインで稲刈り、
籾摺りは、スタッフだけで行ったとのこと。玄米色彩選別機や結構、デリケー
トな作業なのでリスクがあったはずだが、籾摺りをして乾燥機も空けないと稲
刈りが出来ないので苦渋の判断だったらしい。結局、籾摺り機が夕方トラぶっ
て止まってしまったが乾燥機は、空けることが出来たそうだ。今日の朝、専務
に指示された田んぼに私のコンバインが置いてあり、残り40a1枚、30a
3枚、15a2枚と、ちょうど2台で半日分の稲刈りになっていました。だか
ら昨日、相当がんばったと想像されます。

 合計1.6ヘクタールは、林さんちの通常の田んぼなら22枚になるので、
2台でも3時間以上かかるのですが、なんと2時間で稲刈り終了。どっちかと
言うと、籾をトラック4台で運んだのに運搬が間に合わなかった。大きな田ん
ぼだとこんなに速いのねとAR70とER467の能力の高さに驚いた。最後
の1枚は、私と専務の2台で刈り終えました。ラストに立ち会ったのは、久し
ぶりだったので感動でした。時間的に余裕があったので、みんなで記念撮影を
して帰りました。そして午後には、天気予報どおりザーと雨が降りましたが、
心地よい音に聞こえます。あの時の1枚、あの時の10分の積み重ねで、ピッ
タリと稲刈りを終えることが出来ました。今晩は、祝杯かな、、(⌒‐⌒)

林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

            平成23年産       新米発売日
超普通じゃないコシヒカ   332袋/357袋   92%   9月26日
女王さまミルキークィーン 136袋/146袋   93%   9月28日
普通じゃないコシヒカリ   268袋/320袋   83%   9月 9日
普通のコシヒカリ     603袋/668袋   90%     9月  9日
ハナエチゼン         166袋/245袋   67%    8月20日
ひとめぼれ         261袋/315袋   82%    9月  2日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県石川郡野々市町藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
http://www.hayashisanchi.jp
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884