~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
           林さんちのあぐらぐち物語 2011年 神無月3号
               http://www.hayashisanchi.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。
   
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2011年   神無月3号 _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 秋晴れが続いた先週のうちに、大豆収穫が無事終了。後は、大きくお天気に
左右される作業は、子供達の稲刈り脱穀くらいになりました。そして土づくり
も、ケイ酸質の散布に続き、カルス菌の散布と耕起に突入します。あとは、お
天気を見計らって田んぼを秋起しして来年の米作りの下準備は、終わります。
それに反比例して餅加工の仕事がドンドン増えて来ます。そして相変らずイベ
ント会社のように行事が山盛りです。

       フェイスブックページに「いいね!」お願いします!
          23世紀型お笑い系百姓・林農産
        http://www.facebook.com/#!/hayashisanchi


 在庫メーター     空←――――――――――――――――→満 
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□
女王さまミルキークィーン  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
普通のコシヒカリ      ■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
ひとめぼれ          ■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□

             詳しい数字は、メルマガの最後に

2.今週の林さんち・・・・祝!野々市小創立50周年

 10月15日に我が母校、野々市小学校創立50周年式典が行われました。
その実行委員を頼まれたのは、一昨年の夏でした。当時の校長先生が、私がP
TA会長の時の事務担当の先生でよくお世話になった方でした。同じく同期の
元PTA会長と二人で呼ばれたのですが、この二人とも、野々市小卒業ですが
子供は、小学校も中学校も、分かれた後の学校に在籍していました。だから野
々市小学校でのPTA活動は、皆無という状況でした。それでも恩義のある先
生に頼まれると断り切れず引き受けました。

 引き受けた後に、聞いたのですが、肝心の私がPTA会長の時、20周年の
実行委員長をした富陽小学校の30周年記念事業も同じく始動したらしいので
すが、いち早く私を引き抜いた形になり、そっちのお呼びはかかりませんでし
た。結局、同じ日の午前中に富陽小30周年、午後に野々市小50周年を行う
というウルトラF難度の日程を組んだので二つは、絶対無理でした。そして野
々市小は、昨年50年目に建て替えとなり、私が居た頃とは、まったく違う校
舎となったので、さらになんだか私が、実行委員を務めるのは違和感がありま
した。

 野々市町は、私が入学した頃から金沢市のベットタウンとして急激な人口増
加に従い児童数が急増。入学時800人が、卒業時は、1200人になってい
ました。これでも多いのに数年後2300人を超える、日本で一、二を争うマ
ンモス小学校になったのです。当然、校舎建設は、間に合わずプレハブ校舎が
建ち並び、そのうち隣の中学校を乗っ取る形で、高学年は、中学校に移動。そ
して同時に、新しい中学校を建設して中学校は、引越ししました。その引越し
は、私が、中学2年の時だったので、良く覚えています。約1キロほど離れた
校舎に何度も歩いて往復して荷物を運んだものです。その後は、小学校を4つ
中学校をさらに1つ建設して現在に至っています。

 そして50周年事業の会議を何度も行っている最中、なんと私を誘った校長
先生が他校へ転任!あり得ない事実でしたが、仕方ありません。新任の校長先
生と戸惑いながらも、事業を進めました。そして最初は、違和感のあった野々
市小学校やPTAの人達とも馴染んできて、最後は、チームワークも最高で大
盛り上がりでパーティーを締めくくることが出来ました。詳しくは、ブログに
て公開していますのでご覧ください。

     野々市小学校創立50周年記念事業・メーキングブログ
     http://koyo.hayashisanchi.jp/cat1/000570.html

 盛り上がった野々市小50周年ですが、最近、地元の富陽小学校もマンモス
化の二の舞になりそうです。私に言わせば、無計画な区画整理事業で田んぼを
埋めた結果、インフラを上回る人口増加を招いています。それにも関わらず、
さらに区画整理事業を申請している地域ばかり。これ以上、農地を潰してどう
なるんでしょうか?マンモス校以降の学校は、荒れに荒れてその後PTAや地
域で今の落ち着いた状況に戻すのにどれだけ苦労した分かりません。これ以上
農地を潰すのであれば、まず、幼稚園、小学校、中学校、そして消防防災組織
を作ってからやってもらいます。

 時代は、繰り返すと言われますが、この少子高齢化の時代に学校がマンモス
化しているなんて日本でも珍しい地域だと思います。11月11日に市に生ま
れ変わります。今度、市長になる粟町長は、私の同級生、、ということは同じ
く野々市小卒業生です。二人とも小学校の時、まさか50周年記念事業に関わ
っているなんて思いもしなかっただろうし、粟君もまさか市長になるなんて考
えもしなかっただろうし。今度は、過去の歴史を繰り返さないように、市民、
いや志民で野々市市を盛り上げて行かねばならないなと、今回の創立50周年
事業で感じました。

           ↓そんな林さんちのお米はこちら↓
         http://www.hayashisanchi.jp/

3、笑えない決算報告

 昨日、会計事務所の先生と担当者が来られて決算報告をして行きました。残
念ながら、昨年の税引き前純利益が600万から540万円にダウン。まあこ
れだけなら、僅かなダウンで頑張ったなと言えるのですが、今期は、思いっき
り戸別所得補償をもらったので、本当の利益をいろいろと計算すると300万
円の赤字に転落する。農業補助金は、もらうな!と声高々に叫んでいる林さん
ちだが、結局、惨敗でした。そして決算書の中身を見ると、売上は、昨年より
わずかに増えました。でもこれも、東日本大震災の米パニックによる売上増が
あっての話しで、あまり褒められたものでありません。

 じゃあ何が、悪かったのか?製造原価も一般経費も、大幅に上がっているせ
いです。原因の大きなものは、人件費と減価償却費の増加です。まあ、あとは
細かい経費も少しづつ上乗せになった結果、営業利益が、非常に悪かった。そ
れを、有難くも政府の思惑どおりに戸別所得補償が補填した格好です。人件費
は、新入社員が増えたのと、私の役員報酬を、会計士さんがどうしても増やせ
というので、増額したことによります。しかし年配の社員がいつまで現役でい
られるか?私も専務も、段々、体力は、落ちています。かと言って「辞めます
」となってからすぐに新しい戦力は、育ちません。

 やはり私の役員報酬が多いんじゃないの?と思うのですが、、。長男も社会
人だし、次男にしても私立大学のような学費は、かからないし。まあ、これに
関しては、会計士さん曰く「適正な収入を得てこその経営者です」というのも
もっともなので、しばらく様子を見てみます。結局、この人件費増は、将来の
ための布石であると考えることにしました。次の原価償却費の増加は、まあ、
ここ2、3年の機械の壊れようは、笑うしかないほどです。コンバイン、トラ
クター、田植え機、そして最近では、フォークリフト。しかも工場のリニュー
アルで思いっきり固定資産を増やした直後からですから、気持ちいいくらいに
数字は伸びました。

 これに関しては、新品の機械が増えたので修理費は大幅に減りました。それ
と同時に効率と安全性は、大幅に向上しています。これも将来に向けて大きな
戦力となることでしょう。しかし今年、推定1千万円かかる乾燥機が、壊れ始
めています。恐れていた最後の大物がやって来たので、かなりビビっています。
35歳の時、20年返済5000万円借りて、今の加工場を建設したので、あ
と4年でその分が完済です。せめてあと4年動いてくれれば、パラダイスな経
営が待っているはずです、、本当に?

 そして25期目にすでに突入していますが、お米の品質も良く、林さんちに
しては、豊作だったので、順調なスタートを切っています。今期は、とにかく
年末のお餅を頑張って売上を伸ばすことに専念します。そして優秀な社員と高
性能な機械を駆使して効率を上げて、経費削減を目指します。お笑い系百姓が
赤字決算では、笑えません。なんとかしなきゃと、気を引き締めた24期の決
算報告でした。

林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

            平成23年産       新米発売日
超普通じゃないコシヒカ   317袋/357袋   88%   9月26日
女王さまミルキークィーン 132袋/146袋   90%   9月28日
普通じゃないコシヒカリ   251袋/320袋   78%   9月 9日
普通のコシヒカリ     584袋/668袋   87%     9月  9日
ハナエチゼン         162袋/245袋   66%    8月20日
ひとめぼれ         243袋/315袋   77%    9月  2日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県石川郡野々市町藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113 
http://www.hayashisanchi.jp
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884