~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
           林さんちのあぐらぐち物語 2011年 師走2号
               http://www.hayashisanchi.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2011年   師走2号 _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 ダイレクトメールに続き、新聞折込チラシも入りました。これであとは、注
文を待つばかりになりました。果たして今年は、どんな年末になるのか想像も
つきません。一応、昨年どおりの生産量を予定していますが、もしかしたら緊
急生産をすることになるかもしれません。そしてふとお米の在庫を観るとすで
に50%前後になっている品種が出て来ました。その他も軒並み昨年より少な
い。これは、早々にお得意様カゴの登場があるのかもと、ビビッています。

        お正月餅の販売を受付開始しています
       http://www.hayashisanchi.jp/shop/omochi/

      林さんちのお祝い餅人生の節目を祝いませんか?
    <http://www.hayashisanchi.jp/shop/omochi/omochi3/omochi32/>

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
女王さまミルキークィーン  ■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□
普通のコシヒカリ      ■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□
ひとめぼれ          ■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□

             詳しい数字は、メルマガの最後に

2.今週の林さんち・・・・餅がくっつかない手袋

 一般の方は、手袋と言えばご家庭にあるのは、せいぜい防寒用の手袋、その
他あっても軍手くらいではないでしょうか。しかし農業そして農産加工も行う
とその種類は、一気に増えます。最近、餅をこねる時に使用していた使い捨て
のポリ手袋を半透明からブルーに変更しました。このポリ手袋は、薄くて破れ
やすくしかも半透明なので餅に混入した場合、発見しにくいのです。異物混入
に関しては、全ての工程でチェックをしていますが、やはり人間の目なので見
逃すリスクがあります。着色されたポリ手袋があると聞き、近隣のホームセン
ターを探すが発見できず。ネットで探してようやく見つけて購入しました。

 餅加工を始めた25年前の手袋は、軍手でした。軍手だと粉さえ付ければま
ったく餅もくっつかず、熱くもないので便利でした。ところがすいぶん前から
軍手の品質が悪くて繊維が餅に付くトラブルが起きました。さらに衛星面から
も軍手は、良くないことからビニル手袋に変えました。ところが、環境ホルモ
ンがクローズアップされてから塩化ビニルの手袋を調理や加工に使用できなく
なったのです。特に餅は、熱いのでその影響は大きいとされました。それで安
全とされたゴム手袋に変えました。ところが、手に餅がくっついてしまい仕事
にならない。ゴムと餅は、すごく相性が良いのです。

 困り果てていたら食品加工にも使用できるビニル手袋を発見!これだと思い
購入しましたがかなり高価しかも結構、餅がくっつく。でも仕方ないので使わ
せていました。でも年末のバイトは、2、3日しか来ない学生アルバイトもい
ます。中には、1日でゴミ箱に捨てていくバカもいてとてもじゃないが割りに
合わない。そこでいろんな手袋を購入しては、試して行きました。すると食品
加工用の使い捨ての薄いポリ手袋が、餅にくっつきにくいことが分かりました。
しかも衛生的だし安価です。それを薄いインナーの綿手袋の上にはめて輪ゴム
で止めるようにしました。でも弱いのですぐに破れるので一人で1日に何枚も
交換しなくてはいけないし2枚も手袋をして輪ゴムで止めるのは、面倒です。
それでも、これが一番、経営者としては安心できる方法でした。しかし破れた
ポリ手袋が餅に混入する危険性を指摘され青色のポリ手袋に変更しました。

 このポリ手袋にもいろいろあって、餅がくっつかないタイプは、外エンボス
と言って細かい凹凸が施されたタイプです。ネットでの購入は、現物を見れな
いのでリスクがありますが、今回は、たまたま現在使用しているモノと品番が
同じだったので購入に踏み切りました。使ってみると破れたらすぐに分かるの
で交換頻度は、多くなりましたがその分安全性は、高まりました。他にも餅の
袋詰め作業に使う薄いゴム手袋、従来の軍手、水仕事用のゴム手袋等々、各サ
イズ揃えて更衣室の棚は、手袋だらけです。

 ちなみに、私は、食品用ビニル手袋を愛用しています。社長が、加工場に入
るのは、何かトラブルがあっての短時間の緊急作業なので、ごそごそと2枚も
手袋を装着しておれません。そして一番の違いは、私は、長年の経験でこのビ
ニル手袋でも十分作業が可能なのです。若い衆は、餅をくっ付けずに平気な顔
でこねているのを不思議そうに見るので「手からチャクラを出しているんや」
と言っています。本当は、粉が薄く付いている面しか触っていないのです。そ
してこねる際も、その粉の膜が切れる寸前に指を離しているのです。25年前
は、そんな芸当は出来ませんでしたが、多くの修羅場をくぐり抜けて初めて身
についた技です。さあ、みんなチャクラを出して頑張れよ!

           ↓そんな林さんちのお米はこちら↓
         http://www.hayashisanchi.jp/

3、雷様ほどほどに

 12月10日の皆既月食で日本中が騒いでいる時に、野々市市周辺では、雷
の絨毯爆撃を受けていました。石川県は、冬の雷で有名な地域で一説には、白
山の火山灰には、金属成分が多く含まれていて冬の悪天候と相まって雷が落ち
やすいと言われています。だから石川県民は、冬の落雷は普通だと思っていま
すが、全国的に見ると珍しいようです。他県から来られた方は、非常にビック
リするようです。逆に、地震は、少ないので少しでも揺れるとビックリします。
この落雷の電気ショックで山の地下水がクラスター化、つまり細かい分子構造
に変化して防腐効果のある美味しい水になると言われています。その水を使っ
て寒の時期にいろんな食品が作られます。その一つが、林さんちのカキモチで
もあるわけです。

 12月10日の夜は、自宅にいて皆既日食のニュースを見ながらこりゃ月食
観察は、無理だなと思ってコタツにいました。しかし凄い雷で、ピカ!ドッカ
ン!ピカ!ドッカン!と連発で近くに落ちていました。すると1通のメールが
あり見ると「金沢市額谷で一般家屋火災」とあります。この地域は、金沢市で
すが我が分団の応援出動地域なので出動しなくてはなりません。通常、消防無
線でもっと早く情報が入るのですが、たまたま電話があって聞き逃したようで
す。慌てて服を着替え格納庫へ急行しましたがポンプ車は、出庫した後でした。
そこで後続団員と輸送車で現場に向かいました。やはり落雷による火災でした
が幸いボヤですぐに消し止められて撤収しました。しかし帰宅後、すぐに今度
は、すぐ近くでやはり落雷により1軒全焼する火災が発生してしまいました。
今度は、出動応援地域から少し離れていたので自宅待機していました。

 昔、我が家の無線のアンテナに落雷してもう少しで火事になりそうだったの
でその威力は良く分かります。ピシャーンという轟音と大きな揺れと同時に家
の中が、よくマンガであるような真っ白になりました。落ちた電気は、電線を
通って家中を駆け巡り全ての電気器具を破壊。そしてコンセントや電線の曲が
った箇所、いわゆる電気抵抗の大きな箇所では、火花と炎を出して周辺を焦が
して行きました。幸い火は、出ませんでしたが後で多くの焦げて溶けたコンセ
ントを見て恐怖を覚えました。落ちたアンテナの地面は、ジグザグにひび割れ
していました。さらに白山の扇状地は、電気の通る道があり落雷した場所から
その道沿いにある家の電気製品を壊して行きました。

 それからは、特にパソコン関係には、落雷対策を厳重に施すようにしていま
す。我が家の落雷で一番の打撃は、パソコンのデータの破壊だったのです。焦
げたエプソン製のパソコンをサービスに持って行きました。奇跡的に顧客デー
タと土地台帳データをレスキューして頂きました。それからバックアップの鬼
となっています。データは、ハードディスクに日時をずらし二つ、この年末の
落雷の時期は、メモリースティックに重要なデータを入れては抜いておきます。
最も大事な顧客データは、ハードディスクに毎日、日別にバックアップ。さら
に年末は、MOディスク3枚を3日でローテーションしながらバックアップし
ています。

 パソコンには、雷防止の装置に電源も通信も繋いでありますが、それでも通
り抜けた場合は、ハードディスクも破壊されるので、データは、パソコンから
離すのが基本です。最後の最後は、自宅のノートパソコンに今時売っていない
モデムを装着してあり雷に弱い光通信がダウンした場合に備えています。当然
会社には、1回線アナログ電話があります。これでもかの対策を講じています
が、火事になってしまえば全て水泡に帰してしまいます。雷様には、ほどほど
にして頂いて冬を迎えたいと願っています。

林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

            平成23年産       新米発売日
超普通じゃないコシヒカ   248袋/357袋   69%   9月26日
女王さまミルキークィーン 113袋/146袋   77%   9月28日
普通じゃないコシヒカリ   131袋/320袋   40%   9月 9日
普通のコシヒカリ     510袋/668袋   76%     9月  9日
ハナエチゼン         127袋/245袋   52%    8月20日
ひとめぼれ         165袋/315袋   52%    9月  2日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
http://www.hayashisanchi.jp
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884