~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
           林さんちのあぐらぐち物語 2011年 霜月3号
               http://www.hayashisanchi.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2011年   霜月3号 _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 お正月餅モードに向け、今週中に、すべての田んぼや大豆選別袋詰めの仕事
を済ましておかねばなりません。私も、それまでに生産計画とバイトの段取り
をしなくてはいけないのですが、バイトの段取りが終わっていません。念ずれ
ば花開く、良いバイトさんが来てくれることを祈るばかりです。そして子供達
の餅つきが始まります。こればっかりは、それぞれでやり方がまったく違うの
で、こちらも合わすのに大変です。でも世界一美味しいお餅が出来るのは、確
実です(o^-')b

      林さんちのお祝い餅人生の節目を祝いませんか?
    <http://www.hayashisanchi.jp/shop/omochi/omochi3/omochi32/>


  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
女王さまミルキークィーン  ■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
普通のコシヒカリ      ■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
ひとめぼれ          ■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□

             詳しい数字は、メルマガの最後に

2.今週の林さんち・・・・火災ゼロを目指し

 野々市市になってわずか二日後というナイスタイミングで、我が第2分団に
新型ポンプ車が配備されました。奇しくも東日本大震災の年でもあり何か因縁
めいたものを感じるのは、私だけではないと思います。そして16年間使用し
た今までのポンプ車は、福島県新地町に寄贈されることになりました。私の消
防団活動のほとんどの苦楽を共にして来たポンプ車が、また新しい活躍の場を
得たことに感謝しています。不幸にも失ったポンプ車の代わりには、ならない
と思いますが、我々が永い間可愛がった『気』が乗り移った消防ポンプ車が、
かの地で復興の一助になればと願っています。

 私が消防団に入った時は、まだボンネット型の消防車で、なんとドアは無く
て冬は、申し訳程度の幌張りのペラペラのドアを取り付けて走っていたので寒
いのなんの。初めての参加は、出初式で、前任者のブカブカの長靴を履いて分
厚い刺子を着て嫌々行ったのを覚えています。しかもいきなりそのボンネント
型の消防車のバッテリーが上がっていて押しがけ(手で車を押して始動する方
法)して出動したのも、唖然とした出来事でした。出初式後の昼食時に火災発
生、やっぱりエンジンがかからず押しがけ、火災鎮火後も押しがけ。消防ポン
プ車が、エンジンすらかからない消防団、、その後は、不良団員に真っしぐら
でした。

 このボンネット型ポンプ車は、かなりマニアックで操作は非常に難しいので
すが、小型でとても扱いやすくて私は、好きでした。そして入団4年目になん
だかいつの間にか、、まあペイペイの不良団員には、そんなこと知らせるよう
な消防団ではなかったのですが、ある日突然、ダブルキャビンの立派なポンプ
車が配備されたのです。当時としては、画期的なシャッター付の消防車でホー
ス3本入りのホースバック2箱が、内臓されていました。でも立派過ぎて火災
出動や操法時に、装備があっちこっちにあるのと、大きい車体でとても苦労し
ました。その分、一生懸命に訓練練習をして使いこなすまでになったのは、結
局、ポンプ車性能うんぬんではなく、消防団員一人一人の能力に負うところが
大きいと気づきました。

 新しいポンプ車が配備されてからは、頑張って消防団活動もするようになり
仲間も出来て操法大会でも活躍するようになりました。しかし地域でも強い消
防団となると、周りから頼りにされるようになります。火災現場で消防署や他
の分団への中継等をするようになると、ポンプ車の能力が足りなくなりました。
後で分かったのですが、規定ギリギリの能力しかなかったのです。配備された
当時としては、仕方なかったのですが、そのことに気づいてからは、そのビハ
インドをなんとかしようと業者さんにお願いしても暖簾に腕押し。我々の勉強
不足もあったのですが、どうにも誠意が感じられない。

 新型ポンプ車の業者は、今回、初めて野々市市に納入した金沢市の消防ポン
プ車メーカーです。以前から性能が良いことを知っていましたが、入札制度が
あるので手に入れるのは難しい状況でした。しかし5年前に操法大会用のシュ
ーズをいつもの業者に頼んだところ「売り切れです」とケンもホロロ。仕方な
いので今回の業者さんに頼んだところ「一晩、待ってください」と言って翌日
なんとか揃えてくれたのです。結局、一事が万事、一方では、出来ないという
し一方は、なんとかしてくれる。そのうちポンプ車更新の時期が近づくにつれ
なんとかしたいという思いが募りました。

 希望の業者さんも、なんとか第2分団に納入すべくいろいろ努力をしながら
も、入札という厳正な制度がある限りは、最後は、札勝負です。そしてドキド
キしながら迎えた入札の日に、落札したとの知らせを受けた時は、嬉しかった
です。相当、頑張った金額を入れたのだと推測されます。今は、どこのポンプ
車メーカーも性能的には、違いはないと思います。でも性能を発揮するには、
気持ちのこもった対応が必要です。しかも分団員も変わって行く中においても
長きに渡っての対応です。今回のポンプ車業者の選定で勝負を分けたのは、後
で考えるとあの時の、わずか数万円のシューズだったと思います。

 今回のポンプ車のコンセプトは『コンパクト&フレキシブル』至って見た目
普通で小さく見えて『羊』心臓部のエンジンとポンプは『狼』。装備は、スラ
イド式の棚やとび置きで、状況に応じて調整可能。常時使わない装備は、天井
に配置などして、格納庫スペースをユッタリ取りました。その代わり火災現場
での動線を最短にすべく、絶対に必要な装備は、コンパクトにまとめて置いて
あります。これで来年に向けての操法大会の訓練を再開します。なにせ野々市
市では、訓練を頑張れば頑張るほど、実際の火災件数が少なくなるジンクスが
あるのです。新型ポンプ車が訓練のみの使用になることを祈っています。

           ↓そんな林さんちのお米はこちら↓
         http://www.hayashisanchi.jp/

3、餅屋は、餅屋

 子供達の餅つきが始まりました。今年は、白銀幼稚園が、それまでOBの方
に任せていたのを自前の道具でやろうということになりました。臼や杵をどう
やって購入したら良いか聞かれたので、ネット通販を勧めました。最近では、
そんなお店、金沢市内でもありません。私も仕事で使うセイロは、業者にお願
いして県外から購入しています。驚いたことに、臼と杵、お釜とセイロを一度
に購入、しかも今年度卒園予定の保護者が卒園記念としてお金を出したとのこ
と。十数万円かかったはずですが、園児も十数名、、幼稚園の稲作体験学習に
賭ける本気さが伝わって来ます。

 しかし先生からは、初めてなので早めに来てくださいね。と言われていまし
たが仕事でなかなか行けず、ようやく到着したらお釜に人が集まってあ~だこ
~だやっていました。見るとコンロの位置が低くて炎がお釜まで届いていませ
ん。こりゃダメだと下にレンガを2段積んで炎をお釜に近づけました。これで
ずいぶん遅れて蒸しがスタート、、皆さんもっと早くくれば良かったゴメン。
そしてセイロで蒸すのが間に合わないので餅つき機を2台購入して、そちらで
もお餅を作る作戦でした。ところが、以前もあったのですが、一つのコンセン
トで二つの餅つき機の電源を取ったので電力が低下。これまた、なかなか蒸す
ことが出来ないトラブル。

 この餅つき機の電力不足は、何度も経験していて冷や汗をかいたことがあり
ます。最初は、なんで動かないのか?さっぱり分からないのです。原因が電力
不足だと分かるまでずいぶんかかりました。それでも最新型の家庭用の餅つき
機は、餅米と水を入れると蒸しから作ってくれます。時間は、かかりましたが
無事、美味しい餅が出来上がりました。でも次にセイロで蒸した餅米を餅つき
機で搗く、、いや回そうとすると餅米がしっかりし過ぎていて中のプロペラが
かき混ぜてくれません。ただ表面を掻くだけになるのです。そう言えば、餅つ
き機で上手に搗いている幼稚園では、園長先生が付きっ切りでシャモジで突っ
ついています。

 だから家庭用の餅つき機があると杵と臼で搗く労力も軽減されて便利なので
すが、これら数々のトラブルに嫌気が差してしまい、地元の富陽小学校での餅
つきでは、機械を頼らないことにしました。その分、餅米の粒々を潰す「小搗
き」と言って杵に体重を乗せてギューギューと押しつぶす手間が増えます。こ
の「小搗き」がなんと言ってもしんどいのです。それでも、餅つき機のトラブ
ルで冷や汗をかくこと、そしてかさ張る餅つき機や延長コード類を用意しなく
て良いので精神的に楽になりました。

 「餅屋は、餅屋」という言葉があるように、微妙なノウハウが一杯あるのが
「餅つき」というイベントです。年配の方は、いとも簡単に「洗米」「浸水」
「蒸し」「搗き」と出来るのですが若い人は、すべてが初めてで出来ないので
す。餅米を洗って浸水すると水を吸って水が減ります。ところがその減るのを
知らずに水が足りなくなって吸水不足で餅にならない。蒸しに関しては、コン
ロの高さ調整が上手くいかずにお湯にならない。そして順調にお湯になったと
思ったら突然、しばしば火が止まるトラブルがあります。これは、プロパンガ
スが激しく気化した結果、気化熱で自らの液化プロパンが凍ってしまうのです。
さらにプロパンが凍らなくても、気化が激しいと今度は、ガス漏れの安全器が
作動してしまうのです。この場合、遮断機無しの安全器を付けた容量の大きめ
のプロパンを頼みます。

 ようやくお湯になったと思ったのに、なかなか餅米が蒸せない。よく見ると
お釜の上に蒸気が出る穴が開いている板を載せるのですが痛んでいてセイロと
隙間だらけ。蒸気が漏れ漏れ。そんな時は、濡れ布きんで隙間を埋めて蒸気が
逃げないようにします。これでようやく蒸しが完了です。搗きに関しては、臼
には、前日から水を入れて吸水させておき、朝からは、お湯を張って杵と一緒
に温めておきます。そうしないと乾いた臼は、杵で搗くと割れたり痛んだりし
ます。そして冷たいままの臼と杵で搗くと餅が冷えて硬くなってしまいます。
こんなことを、いちいちトラブって初めて対応を迫られるのが初心者の餅つき
です。

 でもそんな初めてだらけの大変な餅つきは、思い出になって楽しいのです。
多少、米粒の残った冷たいお餅でも、それは世界一美味しいお餅だと思います。
さあ今度の土曜日は、児童数129名、保護者も入れると200人超の富陽小
学校5年生の怒涛の餅つきがあります。今年は、3クラスから4クラスになっ
たので蒸しが間に合うかどうか心配です。でも再来年は、5クラス、次は6ク
ラスらしいのでどうすれば良いのか悩み中です。なんだかギネスブック並みに
なって来ました。でも今では、臼と杵で搗く貴重な体験です。なんとか続けて
いけるように知恵を絞りますo(^o^)o

林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

            平成23年産       新米発売日
超普通じゃないコシヒカ   288袋/357袋   81%   9月26日
女王さまミルキークィーン 126袋/146袋   86%   9月28日
普通じゃないコシヒカリ   227袋/320袋   70%   9月 9日
普通のコシヒカリ     552袋/668袋   83%     9月  9日
ハナエチゼン         144袋/245袋   59%    8月20日
ひとめぼれ         224袋/315袋   71%    9月  2日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
http://www.hayashisanchi.jp
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884