~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
           林さんちのあぐらぐち物語 2012年 如月3号
               http://www.hayashisanchi.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2012年   如月3号 _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 今週までで、ほぼ社長の研修と出張がが終わります。行く先々で皆さん頑張
っておられてすごく刺激になりました。問題は、そのことを自社にどう生かす
のかです。そして講演をしながら私の話しって本当に為になるの?と最近とて
も疑問に思うことがしばしば。自分自身は、そんなに凄いことをやっているつ
もりもなく、どっちかというと頑張っている農家さんと比べると「怠惰」「怠
け者」と感じています。まあ男50歳、迷わず、自分の道を歩むのみかと半分
開き直りながら仕事をしています。でもこれでようやく田んぼの仕事に集中出
来ます。

     ご要望に応え「林さんちの買い物ガイド・超!親切版」
        http://www.hayashisanchi.jp/guide.html

          手造り味噌に最適「林さんちの糀・1kg」
     http://www.hayashisanchi.jp/shop/daizumiso/000128.html

        娘さんやお孫さんにどうぞ「林さんちのひし餅」
    http://www.hayashisanchi.jp/shop/omochi/omochi3/omochi33/

   「ミルキークィーンが玄米食に合っている」ページを作りました。
     http://www.hayashisanchi.jp/shop/kome/kome1/kome17/

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□
女王さまミルキークィーン  ■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□
普通のコシヒカリ      ■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□
ひとめぼれ          ■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□

             詳しい数字は、メルマガの最後に

2.今週の林さんち・・・・美味しい玄米食

 正直に言うが、林家では、玄米食を食べさせてもらえません。私は、玄米食
を食べたいのですが、母親が頑として受け付けない。妻が、たまに少量だけセ
ラミック鍋で炊いてくれる玄米が唯一の機会でした。しかも母親は、戦後の食
糧不足を生きた人で炊飯器にご飯がないのが耐えられない。ちなみに冷蔵庫と
冷凍庫に食糧が詰まっていないと耐えられない。だから林家の炊飯器には、常
にたくさんご飯が入っています。しかも炊飯器が二つあって前の日のご飯が余
っていても移し替えて新しく炊いています。

 林家の食卓で食べているのは、私、妻、母親、そしてお昼は、弟の専務と一
番若い社員の拓磨君。フルで食べれば5人なのですが、私は、夜会合や消防で
食べないことが多いし、専務と拓磨君も日曜祝日は、食べません。すると妻と
母親の二人しかいないという日も時々あります。そんな日も、関係なくフルマ
ックスに炊飯器にご飯があります。だから玄米を炊こうにも、炊飯器が空いて
いません。妻も白米が残るのがもったいないので玄米を炊いてくれません。そ
こに現れた救世主が「ミルキークィーン」玄米食にすると、とても美味しいと
評判が高くなっています。

 私も食べてみたくてチャンスを伺っていたのですが、ある日、ついに炊飯器
が空いた日がありました。この千載一遇のチャンスに、専務と拓磨君に「玄米
食に合うと評判のミルキークィーンを炊くから食べるように」と申し伝えて炊
いてみました。炊き方は、長男が初ボーナスで買ってくれた新型炊飯器の玄米
モード。まあ最近の炊飯器には、普通についている機能です。ようやく炊き上
がったミルキークィーンですが、さすが評判どおりの美味しさ。玄米食は、硬
くて不味いという定説を見事にくつがえしてくれました。普段、玄米食を食べ
ない専務と拓磨君も、美味い美味いと食べていました。ちなみに母親は、絶対
に口にしませんでしたが、、(* ̄▽ ̄*)

 玄米食のハードルを高めている「硬さ」ですが、胚芽部分の食感を残しつつ
他の部分は、柔らかくて白米と変わりありません。胚芽を良く噛んでいるうち
に「30回以上噛む」ことも出来て甘味も増して来ます。体を壊して玄米菜食
にせざるを得ない方や、健康志向で奥様に無理やり?食べさせられている年配
の方にお勧めすると、皆さんその美味しさと柔らかさに驚かれます。特にどち
らかが無理やり玄米食に付き合わされているご夫婦の場合、夫婦仲も良くなる
オマケ付きです。今のところミルキークィーンを炊けるのは、月2回がやっと
ですが、隙を見て炊く回数を増やして行きたいと思います。

   林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

3、今では珍しい簡易水道

 今年の1月10日の初仕事の最中に、錆びたパイプが吹っ飛んでしまい応急
修理をした我が村「藤平」の大事な井戸であるが、その時、タンクも錆びてヤ
バイと判明。さっそく修理をすることになっていました。そしてようやく修理
が2月13日に行われました。なぜこの日かと言うと、林さんちのカキモチ生
産が終わり糀作りも味噌作りも無い日が、13日だったのでそうなりました。
野々市市には、立派な上水道もあるのですが、昔は、各村々で井戸を掘ってい
わゆる簡易水道として利用していました。

 多くの井戸は、今では、上水道に変わっていますが我が村「藤平」は、野々
市市の中でも辺境の地にあるので上下水道の計画は、一番最後です。なぜ辺境
かというと野々市市の農地を持つ町内会で、唯一、区画整理事業の要望書が出
ていないのが藤平なのです。農林水産省的には、農地である「農業振興地域」
国土交通省的には、建物を建てられない「市街化調整区域」というエリアに藤
平全体がスッポリ入っています。農地のある町内会のほとんどは、農業振興地
域と市街化区域が混在しています。区画整理事業を行い市街化区域になると一
般の住宅がどんどん立ち並びます。その時、インフラ整備として当然、上下水
道の整備が必要になります。

 急激な市街化に伴い、野々市市も急いで上下水道工事を進めて来ましたが、
農業振興地域しかない「藤平」は、そんな必要もなく蚊帳の外と言った感じで
す。でもようやく平成26年を目処に下水道工事が行われることになり場合に
よっては、上水道に切り替えることも可能だったのですが、井戸を使っている
住民からは、まったくそんな話しは出ていません。理由は、その水道料金の安
さによります。林さんちでは、加工場は、もとよりハウスの苗への散水もすべ
てこの水を使用していますが、年間6万円未満という信じられない安さです。
もしもこの水が野々市市の上水道に変わったとすると5倍で済みません。

 でも我が村の井戸は、時々、ポンプの故障、今回のようなバルブ破損とトラ
ブルがあるので農産加工をしている会社としては、安定した上水道に切り替え
たいというのが本音です。そして将来的には、簡易水道から上水道になること
も考えてて20年ほど前、道路拡張に伴い井戸の移転をした時に会社脇の私の
土地に井戸を掘り移転してもらいました。つまり上水道は、欲しいけど、ハウ
ス等の農業用に安い井戸水も確保しておきたいという作戦です。でもさすがに
井戸のトラブルが怖いので独自に上水道を会社まで引く見積もりをしたら3百
万円!う~~ん、かなり厳しい数字です。

 藤平の簡易水道は、26項目の水質検査でも良好な数値を示していてカルキ
は、投入していません。井戸だと林さんちでも水質検査を3万円ほどかけて独
自に行わないといけないのですが、味の良さには、代えられません。井戸水だ
と育苗の散水用の水槽にも、すぐに藻が生えますが、水道水だと生えません。
それほどカルキの威力は、凄いということです。その分、掃除が大変ですが生
物には、悪いわけありません。少々、不安定な井戸水ですが、利用者でメンテ
ナンスして末永く大切に使って行きます。

林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

            平成23年産       新米発売日
超普通じゃないコシヒカ   198袋/357袋   55%   9月26日
女王さまミルキークィーン  86袋/146袋   59%   9月28日
普通じゃないコシヒカリ    83袋/320袋   26%   9月 9日
普通のコシヒカリ     443袋/668袋   66%     9月  9日
ハナエチゼン          86袋/245袋   35%    8月20日
ひとめぼれ         145袋/315袋   46%    9月  2日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
http://www.hayashisanchi.jp
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884