~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
           林さんちのあぐらぐち物語 2012年 皐月3号
               http://www.hayashisanchi.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2012年   皐月3号 _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

  コシヒカリの田植えが、超普通じゃないコシヒカリを除き全て終了しました。
今週中にメインイベントの紙マルチ田植えを行います。これが済めば次は、ミ
ルキークィーンとカグラモチの代掻きに突入します。なんやかんやと昨年より
二日早く田植えが進みました。雨の日も風の日も頑張った甲斐があります。

 『普通じゃないコシヒカリ』『ミルキークィーン』のお得意様へカゴ設置
       http://www.hayashisanchi.jp/shop/member.html

     玄米5キロ袋をご要望多数のため、販売を開始します、、(o^-')b

       玄米1キロ計り売りは、1キロ当たり10円を
    袋代で頂くことになりました。ご容赦ください、、m(_ _)m


   在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□
女王さまミルキークィーン  ■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
普通のコシヒカリ      ■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□
ハナエチゼン       ■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□
ひとめぼれ          ■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後に

2.今週の林さんち・・・・コイン精米3号機

 林さんちには、コイン精米機が2台あります。1台は、平成8年購入、もう
1台は、平成17年、1号機、2号機と名前を付けて店舗の東西に分けて設置
してあります。その1号機が早くも17年目に突入、しかし専務の整備のおか
げで全く問題なく稼動しています。操作の違う新しいコイン精米機より年配の
方は、従来どおりの操作のこの1号機を好まれています。さらに精米機の構造
上、気温の変化に敏感な2号機に比べ安定した白度で精米する1号機を好むお
客様もいます。それでも今回、1号機を更新することに決め、メーカーのクボ
タさんに発注をかけました。原因は、売上ダウン、月の売上が2号機が15万
円、1号機がなんと3万円と2号機を導入してからガタンと落ちてしまいまし
た。

 平成7年11月に今の店舗&工場を竣工して翌年からお米の自由販売が許可
されました。その時に考えた林さんちのマーケティングが「玄米販売+コイン
精米機」でした。従来の白米販売や店頭精米でなく、お客様が店頭で買った玄
米を店舗前のコイン精米機で精米して行くと言った考えです。当然、一般のコ
イン精米のお客様の売上もあるし、林さんちのお米の精米にも使用できると言
う一石三鳥、四鳥の方法だったのです。でも設置当初は、前の四車線の県道も
開通していない工事中の砂利道だったので、月の売上が1万円台ということも
ありました。しかしその後、少しづつ売上を伸ばし月の最高売上27万円を達
成したこともあります。

 だからコイン精米機の代金450万円は、3年で償却しました。完璧な目論
見どおりで当時は、ガッツポーズをしたものです。しかしそれから年々売上が
落ちて行き月15万円以下になるようになりました。そこで平成17年に2号
機を導入して売上アップを計りました。予定では、2倍の売上で300万円以
上になるはずでしたが平成21年の248万円を最高に、またまた売上が下が
って来ました。ただでも林さんちの周辺は、コイン精米機の激戦区なのに近隣
に最新型が登場してドンドン売上が落ちて来ました。林さんちには、付いてい
ない機能「500円玉が使えお釣りが出る」「7分以下をダイアル式で自由に
出来る」が目新しいのと、なんと言ってもピッカピカ!林さんちのコイン精米
機も日々の掃除でキレイでは、あるが新品には、叶わない。

 そこで最近は、月3万円と厳しい状態の1号機に引退してもらい最新型の3
号機の購入を決めました。新機能として「千円札が使える」「分搗きがダイア
ル式」と近隣の最新型と同等かそれ以上です。これで一気にコイン精米機激戦
区においてトップに躍り出ようと計画しています。今の2号機で月15万円な
ら2倍で30万円の売上です、、ってそう甘くないのは、前回で承知している
のでせめて2台で月20万円を越えて欲しいと願っています。そして3号機が
到着するのは、5月末か6月初めですが、2号機でかなりスッタモンダしたの
で今回は、スンナリ行くことを願っています。
その時のスッタモンダ→http://www.hayashisanchi.jp/mailbk/20050403.html


   林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

3、子供達の米作りとお天気

 子供達の米作りが始まりました。幼稚園3園、小学校1校ですが、どうして
も予定が重なる場合もあって最近では、予定の打ち合わせを皆さん競うように
行うようになって来ました。早いところは、もう昨年の餅つきの時に予定を入
れて来る幼稚園もあります。そうやって薄氷を踏むような日程を組みます。予
備日も含めて、苗見学、代掻き、田植えと5月に入ると子供達の米作りで予定
表は、真っ黒になります。私だけでなくスタッフにも、肥料散布、代掻き、水
の入排水をお願いしなくては、いけないので作業場に予定表を張り出して調整
します。子供達の田植え等で私が、いない場合の田植え機のオペレーターの交
代も細かく計画して、自社の田植えに影響がないようにします。

 さらにお天気の問題。今まで何度もお天気には、泣かされました。苗見学く
らいならハウス内なので土砂降りでも強行出来ますが、ハウスを叩く雨音で私
の声が聞こえず四苦八苦です。そして代掻き、田植えは、多少の小雨でも強行
出来ますが、水が冷たいので子供達が可哀想。そこで予備日を設けてあるので
すが、今年は、藤陰幼稚園の5月11日の代掻きが冷たい雨で順延、そして予
備日の15日も激しい雨で中止。でも同じ田んぼをシェアしている白銀幼稚園
さんの田植え日が、今週の19日土曜日なので、なるべく早くトラクターで仕
上げの代掻きをしないといけません。

 しかし16日は、園バスが年長さんが使えない日で17日しか来れないとの
こと。でも17日では、田植えに間に合いません。ど~するこ~すると考えた
挙句に、代替の田んぼで代掻きをしてもらうことになりました。場所は、富陽
小学校用の田んぼです。場所も近いし田植え日も23日なので余裕もある。し
かも小学校では、代掻きをしないのでピッタリです。やはり子供達に代掻きつ
まり泥遊びをしてもらって可愛い足で掻き混ぜてもらうだけで、凄く綺麗にな
るし水持ちも良くなるので、一石二鳥です。まあ17日も雨なら笑うしかない
のですが、17日は、紙マルチ田植えの予定日でもあるので、私は、泣いてし
まうかも、、(ToT)

 まあ代掻きも田植えも、どうせ濡れるんだから多少の雨でも良いのですが、
その後の後始末が大変なんです。先生全員で、子供達のドロドロの服を脱がせ
持って来たポリ袋に入れて着替えさせるのですが、まあ田んぼの真ん中でスッ
ポンポンになってするので寒いと子供達は、歯をガタガタ言わせています。出
来れば暖かい日にやらせてあげたい。でも幼稚園って意外に行事がたくさんあ
って日程が厳しいので、先生もなんとかやろうと必死です。ある時の稲刈りで
田んぼに私が到着したら土砂降り「あ、こりゃダメだな」と思い電話したら「
もう園を出ました。中止には、出来ません。合羽着てやります!」というので
冗談かと思ったら本気でした。

 雨の中、全員合羽着用で稲刈りをしましたが、いつもと違いなんだか楽しい
稲刈りになりました。良く考えると。通常、雨の中稲刈りをすると機械が詰ま
るので不可能なんですが、手で刈って稲架干しするので問題ありません。合羽
を着ているので、そこそこ暖かいので子供達も大丈夫でした。それからは、稲
刈りに関しては、多少の雨でも「アリ」かなとなりその後、別の幼稚園でも雨
の中の稲刈りをしました。脱穀も、幼稚園によっては、ピロティーと呼ばれる
屋根のあるスペースがあるので、そこでは、雨でも可能です。一度、小学校の
体育館玄関でやったこともあります。でもやはり狭いので、出来れば避けたい
ところです。さあ、今年の子供達の米作りのお天気は、どうなるのでしょうか。
まあどっちにしろ一筋縄では、いかないので楽しみながらやります、、o(^o^)o

林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

            平成23年産       新米発売日
超普通じゃないコシヒカ   104袋/357袋   29%   9月26日
女王さまミルキークィーン   4袋/146袋    3%   9月28日
普通じゃないコシヒカリ    20袋/320袋    6%   9月 9日
普通のコシヒカリ     316袋/668袋   47%     9月  9日
ハナエチゼン          23袋/245袋    9%    8月20日
ひとめぼれ          48袋/315袋   15%    9月  2日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
http://www.hayashisanchi.jp
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884