~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        林さんちのあぐらぐち物語 2012年 神無月3号
           http://www.hayashisanchi.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2012年  神無月3号 _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 大豆の収穫をグズる大豆コンバインをなだめながらなんとか終了しました。
子供達の稲刈りは、なんと100%予定日に出来たという快挙でした。次は、
土作りに集中して行きます。さらに祝い餅と正月餅の段取りもして行きます。
ややこしい仕事が増えて行くのに、秋のイベントも多く社長としては、頭の
痛い季節がやって来ます。なんとかスムーズに進行するように頑張るのみで
す、、o(^o^)o

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
女王さまミルキークィーン ■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
普通のコシヒカリ     ■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
ひとめぼれ        ■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

2.今週の林さんち・・・・子供達の脱穀スピードアップしました

 子供達の脱穀が始まりました。稲刈りは、奇跡的に雨の間を縫うように予定
通り出来ました。これは、ここ数年なかったことです。そして今度は、脱穀で
すが稲刈りは、多少の雨でも可能ですが脱穀は、不可能なのでさらにハードル
は、上がります。10月15日とくの幼稚園、18日富陽小、23日藤蔭幼稚
園、27日白銀幼稚園と続きます。11月に近づくほどドンドン天気は、時雨
れて来てリスクは、高くなります。そしてまずは、とくの幼稚園の脱穀ですが
この幼稚園の稲刈り面積が一番広い。というのも園が白山市と津幡町の2園合
同なので園児が多いのです。以前は、この半分の面積でやっていましたが2園
になった年に稲刈り出来た株が1家族2株程度と、あまりにも少ないとクレー
ムが出てしまい一気に増やしたのです。

 初年度いくらなんでも増やし過ぎて足踏み脱穀機では、厳しいやろというこ
とでコンバインをトラックに積んで幼稚園に持って行き足りない分を脱穀しま
した。でもその分、幼稚園でマイ足踏み脱穀機を3台集めてくれたので2時間
以上かかって昼食時間に少しオーバーしましたが、なんとか脱穀しました。翌
年からは、少し回りを予めコンバインで刈って臨んだのでコンバインは、不要
になりましたが2時間以上掛かるのは当たり前でした。でも良く見ていると脱
穀のスピードは、速いがその後の粗選別、、脱穀した籾についているワラや穂
をフルイで取り除く作業で詰まってしまうのです。

 以前、脱穀したままの籾をそのまま「唐箕(とうみ)」手回しで風を送り籾
やワラ、未熟な籾を飛ばす機械に通したら、ワラやゴミだらけで林さんちの籾
摺り機に通して玄米にしようとしたら詰まってしまったのです。でもその粗選
別用のフルイは、林さんちに2つしか無いのです。目の粗さは、2cm程度の
籐で編んだ特殊なフルイです。いつの頃からあるのかも定かでない古いモノで
す。近所のホームセンターに行っても無いので、行きつけの昔ながらの金物屋
さんに行くと、目の粗さ1cmほどの針金で編んだフルイを発見。二つ買おう
としましたがなんと1個4,900円だったので断念して1個購入。

 聞くとフルイ職人?に1年に1回だけオーダーで作ってもらっているハンド
メイドだそうです、、高いはずです。でもそこでハタと思い出しました。自宅
のどこかでこれと良く似たフルイを見たことがあるのです。でも余りにもサビ
サビでボロかったので使っていません。でも探したら2個出て来ました。サビ
が目立つのと多少小振りだけど目の粗さは、2cmで十分使えそうです。この
新旧フルイ3個を足して5個のフルイで脱穀に臨んだところ2時間以上かかっ
ていたのが1時半に短縮出来ました。これは、大幅な短縮です。さすがに子供
達も保護者も2時間を超える作業時間では、大変です。一番こたえるのが私自
身なので助かりました、、(⌒‐⌒)

   林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

3、グズる大豆コンバインをなだめながら

 林さんちの大豆を収穫する機械「大豆コンバイン・クボタDC-1」が今年
ことのほか機嫌が悪かった。昨年来、バッテリーを充電しないので予めバッテ
リー充電しながらの稼動です。さらに今年非常に困ったのがエンジンが吹けな
いさらに止まると言った症状が酷かったのです。昨年来、少しづつ機嫌が悪く
なっていましたが、今年は、完全におかしい状態になっていました。原因とし
て考えられるのは、燃料系、、ということで途中にあるフィルターや燃料ポン
プと言ったいくつかの部品を交換しましたが改善しません。

 専務は、早朝からあ~でもないこ~でもないと修理しては、大豆収穫に出て
行きますが結局、改善せずにうなだれて帰って来る日を繰り返していました。
それでもグズるコンバインをなだめながら少しづつ収穫を進めて行きなんとか
15日に終えました。結局5日かかりましたが、通常なら3日で楽勝に終わる
はずでした。この大豆コンバイン・クボタDC-1は、この手の小型の大豆コ
ンバインとして生産されたモデルの初期型です。もう手作業が限界に来ていた
24年前に発売されてワラをも掴む思いで購入した救世主ですが、とにかく整
備性が悪い。

 部品一つ交換するにも、全部バラさないと取れないし付けることが出来ませ
ん。しかも交換するにも「知恵の輪」状態でどうやって捻じ込むの?と思うよ
うな場所ばかり。まあ壊れなければ良いのですが、ドンドン壊れる頻度が多く
なると相当のストレスです。稲刈り機械のコンバインも24年前の機械は、こ
れと良く似た整備性の超悪いコンバインでしたが、もうとっくの昔に更新され
ています。今は、コンバインに限らず農業機械は、整備性を上げるためにいろ
んなところが「パカッ!」と開き便利になっています。でも稲と違い収益性の
悪い大豆部門に投資がもう出来ないのです。

 大豆生産農家の経営が成り立っているのは、「補助金」のおかげです。地域
農業と転作政策を守るために大豆コンバインやビーンセンターが補助金で揃え
られ、大豆の作付け面積や収穫量に合わせて補助金が出ています。以前は、都
市部近郊で大豆を作付けしている林さんちには、ほとんど出ませんでしたが民
主党政権になってからは、林さんちにも補助金がいくらか出るようになりまし
た。しかし大豆コンバイン、大豆乾燥機、大豆選別機と言ったモノを買うには
程遠い状態ですし、補助金で経営が成り立つのも嫌な気分です。

 結局、原因が特定できないまま大豆収穫が終わりましたが終盤では、エンジ
ンが止まる度に燃料タンクに続く燃料パイプをエアーコンプレッサーで吹いて
は、始動したそうです。以前、私のトラクターでも起きたのですが昔の燃料タ
ンクは、鉄で出来ているので中で錆びてしまい「モロモロ」が発生してしまっ
ている可能性があります。だからフィルターやパイプをどれだけ綺麗にしても
無理なのです。最終手段は、燃料タンクを交換するか、中に小石を入れて振っ
て綺麗にするしかありません。でも問題は、燃料タンクが外せるのかどうか?
です。

 バッテリー充電の故障は、断線箇所を1箇所発見してバイパス手術をしまし
たが、どうもそれだけが原因とは、言えない状況です。電気系のトラブルは、
複数の原因が重なるとなかなか特定できないのでやっかいです。ちなみに他の
部品は、交換し尽して絶好調なのであとは、エンジンさえ回ってくれれば後何
年か?10年か?動いてくれると信じています。一番良いのは、サクッっと新
型大豆コンバインを購入すれば良いのですが、1台500万円は、する機械を
買う勇気がありません。宝クジ当たらんかなぁ~~(* ̄▽ ̄*)

林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

            平成24年産       新米発売日
超普通じゃないコシヒカ  278袋/357袋  78%   9月12日
女王さまミルキークィーン 178袋/203袋  87%   9月26日
普通じゃないコシヒカリ  344袋/411袋  84%   9月 5日
普通のコシヒカリ     568袋/665袋  85%   9月 5日
ハナエチゼン       203袋/349袋  58%   8月21日
ひとめぼれ        350袋/420袋  83%   8月30日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
http://www.hayashisanchi.jp
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884