~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        林さんちのあぐらぐち物語 2012年 神無月4号
           http://www.hayashisanchi.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。
   
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2012年  神無月4号 _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

大豆の乾燥もほぼ終わり大きなフレコンと呼ばれる袋に一旦詰めました。
しばらくこのまま天日乾燥してから選別袋詰め作業をします。土作りの方は、
まだまだ続きますが、通常の資材散布は、終了してカルス菌散布の田んぼに
突入中です。今週は、農家仲間で作るアンテナショップ「風土金澤」のデパ
地下進出します。うまく行きますよ~に!

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満 
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□
女王さまミルキークィーン ■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
普通のコシヒカリ     ■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□
ひとめぼれ        ■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

2.今週の林さんち・・・・来年からミルキークィーンを無農薬米にします

 現在、土作り資材を散布中です。通常の田んぼには、「スーパー珪酸」と言
う資材を100キロ/10アール(300坪)で散布します。今から20数年
前は、土作りなんて考えもしませんでした。完全に化学肥料と化学農薬でお米
が出来ると勘違いしていました。周りの農家も土作りなんかに目もくれずにセ
ッセと肥料と農薬を大量投入して米作りをしていました。まあこれが地域の常
識だったんです。ところが周りで先進農家が「特別栽培米」という制度でこだ
わり米を直売し始めた時、土作りで「堆肥散布」「土作り」と言ったことを始
めたのです。

 私もそれを真似して「堆肥」を散布してみましたが大変なことになってしま
いました。畜産農家から「堆肥」をトラックで田んぼの隅に運んでもらいそれ
を借りて来た小さなパワーショベルと堆肥撒き機で田んぼに撒きます。ところ
がその堆肥がまだ完熟でなかったのかまず「匂い」が近隣住宅に漂いさらに、
機械が道路、、農道ではなく生活道路に堆肥をばら撒きながら走るという事態
に青くなりました。堆肥を運ぶトラックが走れる田んぼ=住宅地に近い田んぼ
になってしまったのです。

 これに懲りて能登の土作りに詳しい方に指導を仰いだところ「珪酸の投入」
「ワラと籾殻の散布」そして「カルス菌の散布」を勧められたのです。それま
でワラや籾殻は、田植えの時浮いてくる邪魔モノで燃やしていたのです。それ
が田んぼにとても大切なモノとは知りませんでした。それから「珪酸」を投入
し始めましたが当初は、散布する機械も小さくてさらに珪酸を購入するお金も
無いので安い珪酸を一部の田んぼに撒き始めました。今では、時々資材を変更
しながら結構なお金をかけて珪酸を全ての田んぼに散布しています。

 そして「カルス菌」は、田んぼのワラと籾殻を「土中堆肥化」してくれる優
れモノです。でも少し高価なのと散布に手間がかかるので、今のところ「普通
じゃないコシヒカリ」以上の価格のお米に使用しています。さらに無農薬米の
「超普通じゃないコシヒカリ」には、カルス菌のエサに通常の化学肥料「硫安」
ではなく「油粕」を混ぜて散布しています。油粕は、大量に必要なため手間は、
かかりますが、これで化学肥料、化学合成農薬は、一切使用せずに済みます。

 来年作付けの平成25年産から「林さんちの女王さまミルキークィーン」を
「超普通じゃないコシヒカリ」同様の紙マルチ栽培で無農薬米に変更します。
だから今年は、ミルキークィーンにも「カルス菌」+「油粕」+「とれ太郎(
スーパー珪酸より高価)」の組み合わせで散布しました。ミルキークィーンは、
圧倒的に玄米食のお客様が多くやはり無農薬米にしたいと考えたのです。多少
価格は、上げざるを得ません無農薬米のミルキークィンを食べることが出来ま
す。これで文字通り「林さんちの女王さま」に君臨することになりそうです。

   林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

3、デパ地下の消費税の壁を突破

 石川県の私が宇宙人農家と呼ぶメンバーのアンテナショップ「風土金澤」が
金沢市内のデパート「名鉄エムザ」さんのデパ地下に進出します。金沢市民の
台所「近江町市場」の地下1階に出店して以来2年を経ての引越しです。デパ
地下への引越しの前にまずその前にある「催事場」にて1ヶ月間の営業を行う
ことになりました。しかしここでデパートの「消費税の壁」にぶち当たること
になります。通常のスーパーやコンビニでレジ打ちは、当然「税込み計算」で
す。近江町市場の時も税込みのレジでした。ところがデパートでは「税抜き計
算」を独自にやっているのです。デパートに買い物に行くようなセレブな生活
ではなくて野々市市で十分買い物が間に合うのでまったく経験のないことでし
た。

 例えば105円税込の商品は、1.05で割って税抜き本体価格100円で
す。でも360円税込の商品は、1.05で割って342.8円で四捨五入す
ると税抜き本体価格343円です。ところがあら不思議!この税抜き343円
の商品を10個買ってをレジ打ちすると3,601円になります。お客様は、
「え?360円10個買って1円多く払うの?」となります。そこでデパート
の場合は、税抜き価格で端数が出た時は、切捨てします。つまり360円税込
の商品は、342.8円なので342円が税抜き本体価格になります。税抜き
342円の商品を10個買うと3,591円になりお客様にとっては、お得に
なるようになっています。

 催事場での営業では、結局、今までの税込みレジでしか商品のバーコードを
読めないのでいちいち電卓を叩いてデパートのレジに打ち直すということを行
っていました。でも忙しいレジ作業の最中やはり間違うこともあり本格的にデ
パ地下に移行してからは、この方式は、無理と考えました。でもそうなると全
ての商品をデパートのレジに登録しなくてはいけません。デパートのレジにバ
ーコードを登録するのは、そんなに難しいことでは、ありませんが風土金澤に
出店している10社のメンバーに売上を分けるための「紐付け」という技術的
な問題がありました。その辺の難しいことをメンバーの中で良く理解する社員
さんがデパートと交渉をしてくれました。

 他にも数学的に面白いことが起きるので実に難しい価格を付ける作業になり
ます。一番困ったのが400円税込「林さんちの焼きカキモチ」上記の計算方
法だと税抜き380円になりますが、消費税をかけると399円になります。
でも381円税抜きにすると100個買うと40,005円になりお客様は、
なんで5円多いの?となります。結局399円に価格を改定しました。それと
同じことで多くの商品を税抜き価格に適した価格に改定をしました。電卓を叩
きながら表計算して決定してフォーマットに落とし、さらにお客様が買ってく
れるようにプライスカードにコメントを入れる作業をしました。ようやくレジ
の問題が片付いたので引越しの開始です!行ってきますo(^o^)o

林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

            平成24年産       新米発売日
超普通じゃないコシヒカ  261袋/357袋  73%   9月12日
女王さまミルキークィーン 174袋/203袋  86%   9月26日
普通じゃないコシヒカリ  335袋/411袋  82%   9月 5日
普通のコシヒカリ     560袋/665袋  84%   9月 5日
ハナエチゼン       189袋/349袋  54%   8月21日
ひとめぼれ        348袋/420袋  83%   8月30日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113 
http://www.hayashisanchi.jp
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884