~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        林さんちのあぐらぐち物語 2012年 神無月5号
           http://www.hayashisanchi.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。
   
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2012年  神無月5号 _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 そろそろ寒くなって来てお餅の仕事が増えて来ました。その合間を縫って
田んぼの秋起こしのラストスパートをしています。先日収穫した大豆は、乾
燥を終えて選別袋詰めをこれから1ヶ月間行って行きます。社長の子供達へ
の稲作体験授業も足踏み脱穀を終えて最終盤の餅つきに突入して行きます。
いろんな米作りにまつわる作業がひとつひとつ終わって行くのは爽やかな気
分です。そして来年に向けて新たなる闘志が沸いてきます、、o(^o^)o

石川県に関係する方限定と思われますが「祝い餅」の販売開始しました!
  http://www.hayashisanchi.jp/shop/omochi/omochi3/omochi32/
 初老や還暦のお祝いに盛大にお餅を配るのが石川県。「ケンミンショー」に
出ても良いくらいの習慣ですね。ご予約は、お早めに(o^-')b

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満 
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
女王さまミルキークィーン ■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
普通のコシヒカリ     ■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□
ひとめぼれ        ■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

2.今週の林さんち・・・・大豆選別も超クラシックな機械です

 大豆の収穫を林さんちの超クラシックな大豆コンバインで行いライスセンタ
ーで乾燥していました。普通ならビーンセンターという立派な乾燥施設が地域
にあるのですが野々市市には、そんなモンありません。だから「乾燥」とは名
ばかりでライスセンターの一角を木の板で囲いその中に広げて扇風機で乾かす
という原始的な方法です。今年は、豊作で広げた大豆の層が厚くて乾燥できた
か不安だったので丈夫なシートで出来たフレキシブルコンテナ通称「フレコン
」に600キロほど入れてお天気の良い日に外に出して天日乾燥をしました。
昔、雨の中で刈った大豆が湿っていてカビたり納豆になったことを思うと今年
は、好天に恵まれたので大丈夫ですが念には、念を入れました。

 そして次に登場するのがこれまた超クラシックな大豆選別機。大豆コンバイ
ンと同じ20年以上前からあると思われますが、この機械は、共同購入の機械
なのでよく分かりません。昔は、大豆部会というのが農協にあって多くの農業
者が大豆栽培をしていました。そこで選別機を部会で共同購入してみんなで使
っていた機械です。あれから数十年、今では大豆栽培農家は、林さんちだけに
野々市市では、なってしまったので自然に林さんちが管理するようになりまし
た。

 以前、モーターが壊れたらしいと言うので部品を注文したらもう生産中止し
ていました。そうなると新しい機械を買うお金は、無いので選別が出来なくな
ると途方に暮れていました。でもよく調べたらモーターのスイッチが壊れてい
ただけと分かり修理して事なきを得ました。それほど古い機械のようです。で
も古かろうがボロかろうが大豆選別には、絶対に必要な機械なのです。収穫し
た大豆には、ゴミや虫食いの大豆もだくさん混じっています。これらから綺麗
な丸い大豆だけをしかも大中小と分けてくれる機械です。

 仕組みは、いたって簡単。わずかに斜めになった幅の広いゴムベルトが中で
回っていてその上に大豆を落とすと丸い大豆は、斜めになっているベルトを転
げ落ちて行きます。しかしゴミや虫食いのイビツな大豆は、回転するベルトで
上に上げられて最後は、外に落ちます。それを何回か繰り返して選別して行く
のです。綺麗な大豆になったところで、今度は、大中小の穴が開いた回転ドラ
ムの中を通って大きさ別に分けて行きます。見ていてなるほど!と思う機械で
す。昔の人は、これを箕と呼ばれる大きなチリトリのような道具でやっていた
んでしょうね。箕は、籾の選別にも使われる多目的な農具で昔の人は、器用に
これでなんでもこなしたんですね。

 この選別袋詰め作業は、11月中の時雨れて外作業が出来ない時の格好の屋
内作業で重宝しています。でも最近は、雨が降った時の餅加工の作業の方が忙
しくて時間を見つけては、頑張って選別作業をしています。昨年より1.5倍
の豊作だったので果たして11月後半のお正月餅まで間に合うか心配でもあり
ます。でもガラガラと大豆が転がる音を聞きながら作業をしていると、なんだ
かアルファー波が出て眠くなるんですね。収穫の喜びに安心する百姓のサガで
すかね、、(⌒‐⌒)

   林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

3、マルチモニターで出来る男と錯覚?

 林さんちのパソコンがプチリニューアルしました。最近メール送信が著しく
遅くて1分以上かかるようになりました。担当のK氏に診てもらいましたがど
うも一度今まで自働的にインストールされたいろんなプログラムを外して最初
から必要なプログラムをインストールし直すしかないと言われました。最近の
プログラムは、なんだか勝手にセキュリティーソフトが入っていて知らない間
に動いていたりします。それらがメール送信を邪魔しているようです。じゃあ
せっかく入れ直すならハードも少し変更しましょうか?となりました。

 林さんちのパソコンは、組み立て式で私が仏壇型と呼ぶ黒い大きな箱です。
今まで何度も中身を少しづつ時代に合わせて更新して来ました。それでもまだ
まだ余裕があります。今回は、OSや各種ソフトを入れるCドライブをハード
ディスクからメモリータイプに変更することにしました。メモリータイプは、
USBメモリーやメモリーカードのようなものでハードディスクのように回転
しないので速度も速い電気も食わないし故障も少なくなります。そして空いた
ハードディスクは、古いハードディスクと入れ替えてバックアップ用に使用し
ます。

 そして私の長年愛用してきたナナオ製の17インチモニターも交換しましょ
うと提案されましたが、親戚でナナオに勤めている方から購入した当時として
は、高性能なモニターを手放すのがためらわれました。そこでマルチ画面にし
てはどうですか?と再提案!おおお!そんな一端のビジネスマンのようにマル
チ画面に簡単に出来るんですか?と聞くとまったく問題ないとのこと。そして
2画面あるととても便利ですよと言われ23インチ?の横長の大きなモニター
と2画面にしました。

 それらの入れ替えは、私は、チンプンカンプンなので担当のK氏がやって来
てあ~でもないこ~でもないと行ってもらいました。そして翌日の朝、憧れの
2画面を立ち上げたらアイコンが思わぬところに移動していたり、ソフトを立
ち上げると思ってもみなかったところに現れたり、メールソフトの設定が変わ
っていてネット通販の返信に戸惑ったりと結構大変でした。それをひとつづつ
解決して行きなんとか通常の業務は、出来るようになりました。でも仕事を進
めて行くうちにあれ?立ち上がらない!とかあれ?設定が変わってる?という
場面に遭遇しながらの更新中です。

 どうも世間では、私がデジタルマシンの権化のように勘違いしている人が多
いようですが実は、まったくのアナログ人間です。少し設定が変わるともうお
手上げ状態なんです。でもメールの送信や操作速度は、え?送信した?と思う
ほど速くなりました。そして2画面は、やっぱり便利ですね。メールソフトを
左のサブモニターで常に見ながらメインモニターで作業が出来ます。あとなん
と言ってもカッコイイ!まあ2画面になったからと言って仕事が出来るように
なるわけでもないですが、なんとなく出来る男になったという錯覚がいいです
ね、、(⌒‐⌒)

林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

            平成24年産       新米発売日
超普通じゃないコシヒカ  249袋/357袋  70%   9月12日
女王さまミルキークィーン 173袋/203袋  85%   9月26日
普通じゃないコシヒカリ  330袋/411袋  80%   9月 5日
普通のコシヒカリ     553袋/665袋  83%   9月 5日
ハナエチゼン       184袋/349袋  53%   8月21日
ひとめぼれ        340袋/420袋  81%   8月30日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113 
http://www.hayashisanchi.jp
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884