~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        林さんちのあぐらぐち物語 2012年 師走2号
           http://www.hayashisanchi.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2012年   師走2号 _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 先週さすがに私も疲れから風邪をひいてしまい養生していました。どうし
ても年末に向けてハードな生活が続くので体調を崩してしまいます。そして
ついに初雪も降りいよいよ冬本番に突入しました。雪が降るとお餅も売れる
ので嬉しいのですがあんまり降ると逆効果になるのでほどほど希望です。

        お正月餅の予約を開始しました\(^o^)/
     http://www.hayashisanchi.jp/shop/omochi/omochi1/

  石川県に関係する方限定と思われますが「祝い餅」の販売中です。
  http://www.hayashisanchi.jp/shop/omochi/omochi3/omochi32/
 クリスマスと重なるといけませんので、ご予約は、お早めに(o^-')b

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
女王さまミルキークィーン ■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
普通のコシヒカリ     ■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□
ひとめぼれ        ■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

2.今週の林さんち・・・・昔ながらの餅つきでタイムスリップ

 12月11日に「とくの松任幼稚園」を最後に子供達の餅つきもついに全て
終わりました。とくの幼稚園は、米作りの作業以外は、白山市の松任園と津幡
町の津幡園の二ヶ所で行います。だから食育授業と餅つきに関しては、20キ
ロ離れた津幡町まで遠征します。松任園は、3キロほどで着くので近いです。
やはりどの幼稚園も平日開催なので男性保護者の参加が少なくて大変です。津
幡園は、今回の男性参加は1名、、(ToT) 松任園は、事前情報によるとなんと
ゼロ!これは、大変です。

 気合を入れて出動しましたが、お父さん2名、おじいちゃん2名の参加があ
り十分戦力が揃っていて安心しました。でも年長さんの餅つきは、餅っ子に頼
らず小搗きと言って蒸した餅米から私が搗くことになっているので、やはり大
変です。餅つきは、杵を振るっての「本搗き」は、楽しいですが「小搗き」は、
餅米の粒を力で潰さないといけないのでとっても疲れます。しかし以前、餅っ
子でこねた餅を杵で搗いていたのを見て、これじゃ日本伝統の餅つきが子供達
に伝わらないと思い私がするようになったのです。でも小搗きが終わったら早
々に選手交代でお父さんおじいちゃんにお願いしました。

 そしてお餅になった時点で園児全員が餅つきをします。二人づつ組になり搗
いて必ず写真撮影をします。幼稚園では、この写真が必須事項です。お母さん
達は、餅をちぎって餡子や黄粉を付けるのに忙しいので撮影は、出来ません。
でもとくの幼稚園の子供達は、餅つきが上手です。その理由は、年少さんの教
室にある段ボール製の臼と杵です。これで日々練習をしているそうです。この
段ボール製の臼杵で餅つきをする子供達の可愛いこと!なぜだか本物の餅つき
より可愛いのです。

 あと「とくの幼稚園」の餅つきが他とは、決定的に違う点が一つ。それは、
昔ながらにセイロ蒸しを焚き木でしている点です。園に到着して焚き木の燃え
る音と煙の匂いですぐに40年以上前にトリップしてしまいます。私が子供の
頃は、そんなプロパンなんて無いので必ず焚き木、、廃材だったり剪定した庭
木だったりを使って蒸していました。以前、小学校の餅つきで自社の加工場で
餅米を蒸して体育館で餅つきをしたら、子供達のテンションがまったく上がら
なかった苦い経験があります。それほど蒸した時のあの餅米の独特な香りや湯
気が上がった様子がないと「餅つき」では、なくなるのです。それに焚き木の
匂い、音、炎が加わるので完璧です。まあ完璧でないのは、私の方でやはり結
構頑張ったので筋肉痛は、確実です、、(×_×)


    林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

3、消防団の定員まであと一歩です

 今年の春の野々市市議会で消防団員の定数増員が議決されました。それまで
は、我が第2分団の定数は、22名だったのが27名に増えました。しかし増
員どころか町内会によっては、辞めた分団員の代わりも出してくれないところ
もあって旧の定数にも満たない状態が続いていました。それでも私が分団員募
集のチラシを作成して、それを持って分団長が各町内会への配布および回覧を
お願いしたり町内会の会合に出向き説明をしたりしました。市の方でも、市内
にある二つの大学の学園祭で勧誘イベントを開催したりして消防団員の増員を
目指しました。

 ところがなかなか新入分団員が入りません。それでも私や分団長が直接口説
いたり、前町内会長だった方で代わりが見つからない責任を取って入った53
歳の新入分団員が入ったりしました。でも今年辞めた人数が多くて22名にも
満たない有様が続きました。他の3つの分団が早々に定員を満たしたり近づい
て行くのを悔しい思いで見ていました。我が第2分団は、消防操法大会での強
豪チームそして野々市消防団のハシゴ登り「勇み鳶」も行い非常に活動が活発
です。逆に言えばそれが入団に際しての大きなハードルになっているのです

 活動内容は、月1回のポンプ点検、週1回の操法練習、出初式と野々市じょ
んから祭りが近づくとさらに週1回のハシゴ練習。6月~7月は、毎日がほぼ
操法練習になります。他の分団の活動は、ぐぅ~~んと減って月1回のポンプ
点検も班分けでやっているようですし操法練習は、6月だけ。昨年の私の出動
日数は、120日を超えていますが、それと比較にならない少ない出動日数で
す。第4分団も我々と一緒にハシゴ練習をしているので我が2分団同様?勧誘
に苦労しているようです。もちろん活動の多い少ないは、あっても災害時に出
動しなくてはならないのは、全分団員同じです。

 でもせっかく国民の生命財産を守る消防団に入団したなら得がたいスキルを
身に付けて欲しいと願っています。そして我が第2分団は、そのことが可能な
活動をしていると信じています。私も、入団していなかったら普通のオヤジで
終わっていたかもしれません。今では、ハシゴ登りも出来て操法大会では、夢
の全国大会に出場しました。そして何よりも地域に多くの命を賭けて活動した
仲間が出来ました。それは、私だけでなく若い分団員達も同じです。消防団に
入らなかったら一生、会社と家との往復だった生活が一変しています。

 そんな気持ちを一生懸命伝えて来て1年ようやく新入分団員が入って来まし
た。あと少しで定員を満たすところまで来ました。分団長を始め多く方のの努
力と協力の賜物です。おかげで装備品をそろえるのが大変で担当の分団員は、
嬉しい悲鳴を上げています。そして格納庫での食事や打ち上げの机の配置も大
きく変えないと入り切らないのであ~でもないこ~でもないと楽しい相談をし
ています。格納庫の防火服やヘルメットをかけるフックもリフォームして準備
万端です。そして今から新入分団員に消防技術を教えるのが楽しみです。

林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

            平成24年産       新米発売日
超普通じゃないコシヒカ  216袋/328袋  65%   9月12日
女王さまミルキークィーン 154袋/203袋  75%   9月26日
普通じゃないコシヒカリ  287袋/411袋  70%   9月 5日
普通のコシヒカリ     484袋/665袋  73%   9月 5日
ハナエチゼン       148袋/349袋  42%   8月21日
ひとめぼれ        298袋/420袋  71%   8月30日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
http://www.hayashisanchi.jp
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884