~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        林さんちのあぐらぐち物語 2012年 霜月2号
           http://www.hayashisanchi.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2012年   霜月2号 _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 子供達の餅つきに回っています。今年は、どこも豊作で餅つきでも使い切
れないところ続出でした。みんなで配ってご家庭でも食べてくれると嬉しい
ですね。祝い餅の生産とそろそろ年末の餅つきの作業が重なって来ました。
外仕事のトラクター作業もラストスパート、大豆の選別袋詰めもフルマック
スで忙しくなる前に済まそうとやっきになっています。

  石川県に関係する方限定と思われますが「祝い餅」の販売中です。
  http://www.hayashisanchi.jp/shop/omochi/omochi3/omochi32/
 クリスマスと重なるといけませんので、ご予約は、お早めに(o^-')b

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□
女王さまミルキークィーン ■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□
普通のコシヒカリ     ■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□
ひとめぼれ        ■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

2.今週の林さんち・・・・子供達のお餅はお日様の香りのするお餅です

 子供達の餅つきに回っています。まずは、11月10日に餅つき18年目の
富陽小学校に行きました。ここは、もうプロ用のボイラーを持ち込んでの完全
に私の仕切りなので大変です。会社のセイロ、竹すだれ、蒸し布、ざる、バケ
ツと言った一式をさらに持参して臨みます。最近は、児童数が増えて来て保護
者も合わせて200人超の怒涛の餅つきなのでミスは、許されません。過去の
失敗をすべて経験に変えて頑張ります。

 数々の失敗、、お釜で餅米を蒸していたけど、パワー不足でまったく餅つき
に間に合わなかった。蒸すことが出来ないので会社のボイラーで蒸して行った
ら子供達のテンションがまったく上がらずに会場の体育館で餅つきに飽きて遊
び始めてしまった。餅米を蒸す匂いが絶対条件と分かりボイラーを持ち込みパ
ワーアップ!するとプロパンが余りのパワーに気化熱で凍ってしまいガスが止
まる事態に。ボイラーに水を供給するホースを駐車した保護者の車に踏まれて
ボイラーが空焚きに、、(×_×) 餅屋は、餅屋というとおり簡単に餅つきと言
っても少しづつの経験を積み重ねてようやく上手く出来るようになるのです。

 今では、先生も保護者も毎年のいろんな事を細かく申し送り表に書いて伝統
を引き継いでいます。子供達も餅つきに飽きて体育館で遊ばれた頃が懐かしい
くらいに一生懸命に取り組んでくれます。保護者も以前とは、比べようもない
ほどに参加人数が増えました。最近は、子供達で司会進行までやって最後は、
私に全員の感謝の言葉が貼られた大きな手紙を贈ってくれて、私もウルウルの
演出をしてくれます。

 そして11月20日は、まだ餅つき3年目の金沢市内にあるキリスト系の白
銀幼稚園に餅つきに行きました。ここは、高層マンションに囲まれた市内中心
部にあり保護者も県外から転勤された方が多い幼稚園です。1年目は、保護者
でお菓子屋さん?の方がいていろいろとお世話をしてくれたのでなんとか餅つ
きの準備が出来ていました。でも私が行った時は、2台ある「餅っ子」つまり
電動餅つき機がまったく動かずに右往左往していました。餅っ子である程度こ
ねてから杵で搗く段取りだったのですが動かない。しかも2台とも新品の餅っ
子なのに動かないのでみんなで真っ青になっていました。私は、一目見るなり
2台とも1箇所に差してある餅っ子のコンセントを2箇所に分けて差しました。
すると見事動いて大歓声でした。餅っ子は、意外に電気を食うのでコンセント
を分けることを過去の経験で知っていたのです。

 そして昨年、白銀幼稚園の年長の保護者がお釜、セイロ、杵、臼を卒業記念
として寄贈。完璧な準備で臨んだはずがまたまた餅っ子が動かない。だってま
た1箇所のコンセントに2本コードを差してありました。どうも昨年の申し送
りがされてなかったようです。ところが、今度は、餅っ子が回っても餅米が硬
くてこねることが出来ない。仕方ないので全部、小突きから餅つきをしたので
すごく大変でした。これに関しては、どうしてだろうと私も不思議でした。

 そして今年は、昨年の失敗を元に餅っ子のテストを前の週に保護者と先生で
やりました。原因は、杵ならともかく餅っ子の場合は、ある程度柔らかく蒸す
必要があるのに、カグラモチは硬めの餅米、さらに私がいつものように浸水は、
一晩で良いと言ったことにありました。そのことに気づいた保護者の方が、二
晩餅米を水に漬けて、さらに林さんち流だとセイロには、フタをしないもしく
は、間を空けて蒸気を上に逃がすのですが、しっかりを閉めて蒸す。この2点
の改善で見事、餅っ子を使いこなしたのです。私もこれで長年の謎を解決しま
した。

 通常、お餅は、余分な水分が無い方がベッチャリとしない舌触りの良い美味
しいお餅になります。ですから餅つきは、水切り、蒸気飛ばしの2点が重要に
なって来ます。浸水からザルに上げた餅米を良く洗い水を完全に切るためには、
10分以上放置します。セイロに餅米を入れる時も蒸気が良く通るように真ん
中を凹ます。蒸し布は、餅米に被せずにセイロの周囲にまとめてしまう。セイ
ロを積んでもフタをしません。蒸しあがったセイロは、扇風機で余分な蒸気を
飛ばす、搗きながらも扇風機で蒸気を飛ばす、餅になっても林さんち特製の取
り粉で蒸気を飛ばす。この繰り返しで美味しいお餅になるのです。でもそれは、
餅っ子には、通用しなかったのですね。

 でもあ~だこ~だ失敗しながらも子供達と「ヨイショ!ヨイショ!」の掛け
声で餅つきをするのは、楽しいです。春から田植えをして最後は、稲架干しで
仕上げた餅米は、お日様の香りがする世界一美味しいお餅になります。きっと
子供達は、一生忘れない1日になったと思います。でも白銀幼稚園さんお父さ
ん達がたった2名の参加。私もフルマックスで搗いたので今このメルマガを手
をプルプルさせながら書いています。腰もなんだかヤバイし来年は、ぜひ大勢
のお父さんの参加を望みます。その代わりお母さん方で餅つきをしたのには、
驚きました。やはり母は強しです、、(⌒‐⌒)

   林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

3、持つべきものは友!

 11月10日に野々市小中学校第20期の同窓会で富山県氷見市にある民宿
「女岩荘(めいわそう)」に行ってきました。野々市市は、今では、人口5万
人超で小学校5校、中学校2校がありますが、当時は、小学校1校、中学校1
校で9年間、同じ学校に通った仲間です。中には、保育園から同じ同窓生もい
てそうなると12年!にもなります。私達が中学を卒業してから3年後には、
小学校が2校へ、9年後に中学校が2校になったので、小学校、中学校通して
の同窓生は、その後は、存在しないので今では、貴重な同窓会です。

 我々の同窓会は、誰が決めたのかオリンピックの年にやると決められていま
す。そして若い頃からずっと幹事さんは、変わらずに頑張ってくれていて毎回
本当に楽しい同窓会を開催してくれています。そして回を追うごとにパワーア
ップしてくれています。しかも回を重ねるごとに子育てから開放された女子の
参加人数が増えて来て今回は、男子:女子=30人:30人で完全に同率にな
りました。きっと次回は、女子の参加人数が男子を上回りそうです。そして歳
が行くほどにくたびれてくる男子に比べ、女子は、ますます元気です。

 そうやって同窓会を続けてくれたおかげで同窓生は、仲が良くて、同窓会じ
ゃなくても何かと言っては、集まって焼肉屋に行ったりして交流を深めていま
す。私が数年前に野々市中学の50周年記念の実行委員長をした時、寄付金の
お願いを頼んだ時も二つ返事で引き受けてくれたのも彼らです。他の期の同窓
会からは、なんで寄付金払わねばならないの?とか同窓会自体が存在しない期
もあって大変でしたが我が20期からは、多くの寄付金を頂いて本当に嬉しか
ったのと実行委員長の面目が立ったことを覚えています。持つべきものは、ま
さしく友です!

 さらにうちの同窓会には、野々市市長もいます。昨年は、野々市市の市制開
始の夜にプチ同窓会を開催してみんなで祝いました。今年も市長の彼は、しっ
かり参加して深夜まで交流を深めていましたが、さすが市長、早朝起きて野々
市消防団の防火パレードの出発式で訓示をした、、そうです。というのは、私
は、当然の二日酔いで起きれるわけもなくお昼ごろ消防団に合流でした。やは
り立場は、人を創るんだなと思いました。私などは、楽し過ぎて午後7時の乾
杯のあと一瞬で午後10時、次気づいたら午前3時、次目を覚ましたら朝の布
団の上でした。しかも同窓生が「林が布団で倒れていたから毛布かけといたぞ
」と、やはり持つべきものは、友ですね!

 また元気で再開を誓い民宿を後にしましたが、きっとまた幹事会とかと称し
て焼肉屋さんに集まるんだろうなぁ~と期待しつつ帰りました。次回は、リオ
オリンピックの年で56歳になっています。でもいくつになっても同窓会に集
まると小学生、中学生に戻ってしまうのですから不思議ですね、、(⌒‐⌒)

林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

            平成24年産       新米発売日
超普通じゃないコシヒカ  243袋/328袋  74%   9月12日
女王さまミルキークィーン 169袋/203袋  83%   9月26日
普通じゃないコシヒカリ  314袋/411袋  76%   9月 5日
普通のコシヒカリ     532袋/665袋  80%   9月 5日
ハナエチゼン       171袋/349袋  49%   8月21日
ひとめぼれ        325袋/420袋  77%   8月30日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
http://www.hayashisanchi.jp
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884