~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        林さんちのあぐらぐち物語 2013年 睦月3号
           http://www.hayashisanchi.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2013年   睦月3号 _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 順調にカキモチ作りが進んでカキモチを干し始めました。しかし今のところ
暖冬で推移しているので少し心配です。逆に東京で雪が降っているようで宅配
が心配です。そして年末年始ハードに動いた結果、体の方が悲鳴を上げてしま
い神経痛が出てしまいました。そうやってサインが出た時は、大人しくしてい
るに限ります。しかしこの時期いろんな会合や講演会がありユックリもさせて
もらえません。行き付けの鍼灸院に通いながらの活動になりそうです。

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
女王さまミルキークィーン ■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
普通のコシヒカリ     ■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□
ひとめぼれ        ■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

2.今週の林さんち・・・・盛り上がる富陽ドームでの餅つきです

 1月13日に富陽学童野球クラブ恒例の餅つきを行いました。長男がクラブ
に入った年からするようになったので13年目になります。それまでは、保護
者の方がお釜やセイロを準備してグラウンドでやっていたのですが準備が大変
です。さらにこの時期は、雪が降ることも多くかと言って体育館は、他のスポ
ーツ団体も借りてそうそう使えません。そこで白羽の矢が刺さったのが林さん
ちです。まあ餅屋さんが富陽小の目と鼻の先にあるのですから当然の成り行き
です。おそらく全国広しと言えどもこんな環境にある学童野球クラブは、無い
はずです。

 でも餅米を蒸すのと会場の駐車場や工場の中で食べる場所は、提供出来ます
が臼や杵そしてテント、テーブル、餅につけるアンコ、黄粉、大根おろし、そ
して恒例のメッタ汁を準備しなくては、いけないので保護者、特にお母さん達
は、準備が大変です。最初そのことを妻に話したら「え~~」と言われました
が当然のことだと思います。大体、午前中の練習の後、昼食代わりに子供達が
餅を搗いて食べるパターンなのですが私は、練習そっちのけで準備をしたもの
です。ここで新聞社記者さんを呼んで富陽学童野球クラブの活動を紙面に載せ
てもらうことが重要です。だから記者さんの取材に合わせて餅を搗かねばなり
ません。

 私は、12時過ぎには、いつでも搗けるように工場でスタンバイしているの
ですがなかなか来ないパターンが多くて困りました。でも今年は、逆に12時
過ぎにすぐに来られて助かりました。取材さえ終われば後は、ガンガン搗いて
行くだけです。私が加工場で餅米を蒸して保護者の方が入り口までセイロを取
りに来ては、搗きます。以前のようにお釜とセイロそしてプロパンや薪を準備
していた時に比べれば格段に楽になりました。しかも富陽学童野球クラブの子
供達は、全員5年生になると私と米作りをして餅つきまで行います。だからこ
の蒸した餅米は、一体どうして出来ているか理解していますので出来る技でも
あります。今年は、過去最高の10臼を搗いて美味しいお餅を腹いっぱい楽し
みました。

 最初の林さんちでのクラブの餅つきから3年ほど経ってから工場の近くに通
称「富陽ドーム」が完成しました。野球バカになってしまった私が、長さ22
m、幅5.4mの小さなビニルハウスを建てて専用の室内練習場にしたのです。
雨でグラウンドが使えない日や体育館が空いていない冬場の練習に使うように
なりました。それからは、ドームの前で餅つきをして中でみんなで餅とメッタ
汁を食べるようになりました。すると餅つきが終わった後は、オヤジ達が肉や
魚を買い求めて新年会に突入というのが恒例になって行きました。最初の頃は
オヤジ達だけだったのがいつの間にか、お母さん方も参加するようになってド
ームは、さながら焼肉ドームに変身です。

 私もお呼ばれして美味しいビールに舌鼓を打って若いお父さん達と野球談義
に花を咲かさせてもらっています。こんなことを続けて10数年でついに富陽
学童野球クラブも念願の全国大会に昨年出場しました。そのことに少しでも寄
与出来たかなと思いつつ参加した新年会です。今年の活躍も期待していますが
強くても弱くても子供達にも親にとってもたった1度だけの経験になります。
その宝石のような思い出を大切にして欲しいと願っています。月日が経つにつ
れその宝石の輝きは、増してくるのです。


    林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

3、行方不明者捜索であてにならない携帯電話会社

 1月6日に出初式が終わりやれやれとたまった仕事をこなしている最中の9
日に出動メールが入りました。8日の夜に81歳女性の行方不明者が発生した
ので捜索せよとのことでした。なんとこの1ヶ月で3人目の行方不明者です。
高齢化社会を迎えたとは言え私の21年の消防団の経歴の中でも無かったこと
です。しかし急激にその頻度が高くなっているのは、確かですが、さすがに1
ヶ月で3人となると厳しい状況です。火災出動と違い長時間拘束されるので分
団員の負担が大きくなります。もちろんそのための出動手当ては、頂いている
とは言え平日日中の出動が続くとこたえます。それでもなんとか分団員でやり
くりして分団員のうち3割ほどの出動人員を確保して手分けして捜索を開始し
ました。

 12月3日から3日間捜索出動した80歳男性は、結局発見出来ずでした。
初日は、好天に恵まれましたが後の2日間は、行方不明のなった海岸線は、北
陸らしい荒れた海からの波しぶきをまともに受ける荒れた天気の中でした。見
つからないまま捜索を終えるのは、より一層疲れが増します。暮れも押し迫っ
た12月26日の夜に87歳女性が行方不明になりました。しかしその夜は、
放射冷却でとても寒くなりました。しかも服装が軽装と聞きましたが、さすが
に私は、年末商戦真っ只中で出動不可能。そして翌日の朝、残念な姿で消防団
員に発見され捜索終了でした。それから2週間も経たない捜索出動です。

 しかしここで問題が、12月3日の方も今度の方も携帯電話を持っていまし
た。そこで電話会社に位置確認を家族の方がお願いしたところ拒否。殺人事件
や誘拐事件でない限り教えることが出来ないというのです。しかも本人確認が
できないと位置を調べることは、出来ないというのです。大体、本人がいなく
なったから探しているのであって完全に話が矛盾します。背景には、ストーカ
ー事件や詐欺事件がありむやみやたら携帯の位置を知らせるのは、いけないと
か個人情報保護法の関連もあるのだと思いますが肝心な時に役に立たない。そ
こで警察にお願いしてなんとか1回だけ最後の位置を教えてもらいましたがそ
れはアンテナからアンテナの2キロ四方の範囲です。

 2キロ四方というのは、狭いようで広いしかも携帯電話がそこから移動して
いないとも限らないのです。それでも唯一の手がかりなので消防団員、警察で
手分けして捜索をしました。初日は、発見出来ず範囲を広げながら2日の捜索
を開始しました。そしてその日のお昼に大きな用水の暗渠の中で亡くなってい
るのが発見されました。そこは、最後に老人女性を見たコンビニ店員の情報ど
おりの方向の位置でした。前日も捜索されていたはずですが用水の暗渠の奥の
グレチングを開いて初めて判明する場所でした。最初に横の畑に小さな柄杓で
隠された携帯電話を見つけたのがキッカケで周辺を重点的に捜索して発見出来
ました。

 もし再度捜索していなかったら、携帯が見つからなかったら、、おそらく長
い間発見できなかったと思います。認知症による徘徊ではなくある確信を持っ
ての行方不明の場合もあってその場合は、隠れての行為に至る場合が多くなか
なか見つかりません。今回は、奇跡的な事例だと感じました。高齢化社会と簡
単に言うけど急激な変化をまざまざと感じる今日このごろです。あと散々宣伝
している携帯電話では、命を守れないというのも確信しました。最後は、やは
り家族で地域でしか守れないですね。

林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

            平成24年産       新米発売日
超普通じゃないコシヒカ  196袋/328袋  60%   9月12日
女王さまミルキークィーン 132袋/203袋  65%   9月26日
普通じゃないコシヒカリ  255袋/411袋  62%   9月 5日
普通のコシヒカリ     426袋/665袋  64%   9月 5日
ハナエチゼン       127袋/349袋  36%   8月21日
ひとめぼれ        254袋/420袋  60%   8月30日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
http://www.hayashisanchi.jp
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884