~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        林さんちのあぐらぐち物語 2013年 卯月3号
           http://www.hayashisanchi.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2013年   卯月3号 _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 先週は、季節が戻ったような寒い寒い日々が続きました。つくづく前半の好
天の時に前倒しで田んぼを耕かせて良かったと思います。そして今週からその
耕した田んぼにいよいよ水を入れる作業を行います。そして4回目の種まきを
行いました。4回目は、いろいろと特別な種まきを行いました。気づけばもう
田植えがそこまで近づいています。

  4月1日よりお米とカキモチを値上げしました。詳しくは、こちら。
       http://www.hayashisanchi.jp/mailmag/001648.html

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□
女王さまミルキークィーン ■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□
普通のコシヒカリ     ■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□
ハナエチゼン       ■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□
ひとめぼれ        ■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

2.今週の林さんち・・・・今年の種まきはバラエティーに富んでいます

 4回目の種まきを4月15日に行いました。心配したミルキークィーンの芽
もちゃんと出てくれて一安心。そして今回は、紙マルチ栽培「超普通じゃない
コシヒカリ」と「女王さまミルキークィーン」の無農薬米、「普通じゃないコ
シヒカリ」そして自然栽培米の4種類の苗用の種まきをしました。無農薬の2
種類の苗は、床土に有機床土を使用します。この有機床土は、通常の化学肥料
入りと違い「ナマモノ」なので納品は、ギリギリに持って来ます。あまり長い
間置いておくとカビたり発酵したりとなかなか難しい資材でもあります。

 ですから種まきの順番が非常に重要になります。まず有機床土から種まき開
始します。化学肥料入りの床土に多少有機床土が混じってもより高級な苗にな
るだけで大丈夫ですが、逆に有機床土に化学肥料入りの床土が混じるのは非常
にマズいのです。だから最初に無農薬米用の種まきから始めて有機床土がある
限り種まきしてそこで完結します。ちなみに覆土は、全て無肥料タイプを使用
しています。数年前は、温湯消毒を無農薬米用だけの少量を行っていたので残
りは、エコホープでの処理の種籾もあって区別が大変でした。今は、4回目の
種まき用の種籾は全て温湯消毒なので床土の違いだけで調整できるので楽にな
りました。

 普通じゃないコシヒカリの苗は、場合によってエコホープ使用の3回目の場
合もありますが温湯消毒の4回目の苗と特別に区別はしていません。どちらも
これ以上ない安全な苗の作り方と思っています。この種まきを終えていよいよ
自然栽培米用の種まきです。予め用意した各種床土を詰めた苗箱を機械に横付
けして開始します。今年の作付面積は、20アールつまり600坪なので苗箱
は、計算上40箱あれば十分足ります。しかも1本~2本と細くしかも粗く植
えるのでさらに苗箱の使用数は、少ないはずです。今回メインの40箱は、私
のアオカビで真っ青になったけど良く発酵した1回目のボカシ肥料と燻炭と無
肥料土をブレンドしたものを採用しました。

 でも林さんちの種まきは、基本的に30箱を一山にして84山並べます。苗
載せ用のパレットは14枚あり1枚の6山載るので14×6=84山になりま
す。だから苗の種類分けは、一山30単位で計算します。だから40箱だと3
0箱と10箱のハンパが出ます。このハンパは、昔は、目印をいろいろと付け
て区別していたのですが、大勢のスタッフでハウスに並べる時に一山の中に違
う品種の苗箱があると間違いの元になるのです。品種間違いは、稲作経営では、
致命的なミスです。混じるとどこにも売れません。ただのクズ米同然になるの
です。だからもう20箱追加して60箱種まきすることにしました。

 その20箱は、実験的に「あまり発酵しなかった2回目のボカシ使用」「先
輩農家からもらったボカシ使用」「燻炭のみ使用」の3種類を蒔きました。こ
れだけ蒔けばどれか成功するだろうというリスクマネージメントも含まれてい
ます。個人的には、燻炭のみの苗が上手く行ってくれると冬場のボカシ肥料作
りからも開放されるしなんと言っても軽いので持ち運びがとっても楽です。と
にかく「サイは投げられた」いよいよ次は、代掻きと田植えですo(^o^)o

    林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

3、私、褒められると伸びるタイプなんです

4月14日に久しぶりに審判をしました。野々市市学童野球連盟の春季大会
が4月7日から開催予定が雨で順延。7日は、私は、消防で都合が悪くて審判
は、出来なかったのですが都合よく?順延でやることになりました。次男が学
童野球でお世話になっている時に公認審判の資格と取ったのでかれこれ9年目
くらいになると思います。しかし毎試合マスクを被っていたのは、最初の頃だ
けで最近は、なかなか出来ません。田んぼと消防の繁忙期と野球シーズンは、
完全に一致するのです。

 最初、長男が学童野球クラブに入ると言った時は、驚きました。私に似てそ
んな運動部向きの息子じゃなかったのです。それでも仲の良い友人達が野球を
していてどうしても入りたかったのだと思います。しかし学童野球クラブは、
傍から見ていても保護者も異常に熱心でこの集団に関わると大変なことになる
と感じていました。だから試合の応援も隅っこの方でなるべく目立たないよう
にして保護者会の飲み会でもこれまたもっと隅っこに居ました。当時、私は、
地元小学校のPTA会長もしていてそんな野球に関わっている時間もなかった
のです。

 それでも熱心な保護者会長のお誘いや何よりも息子達の一生懸命さにドンド
ンのめり込むのにそんなに時間は、かかりませんでした。そのうち試合の応援
だけでなく塁審もするようになりました。そしてある日の練習試合で球審をす
ることになりました。練習試合では、お父さん審判がお互いのチームから出す
のが通例ですがたまたまお互いに出来る人がいなくて監督から要請があったの
です。監督命令は、絶対ですから見よう見真似でやりましたが今思い出しても
冷や汗が出るほど無茶苦茶でした。それでも声が大きくハッキリしていると言
うことだけでそれから球審のお呼びがかかるようになりました。

 そして長男が卒団したシーズンオフに金沢市で行われた審判講習会に毎週5
回通い公認審判になりました。しかし勉強すればするほど野球ルールは、難し
くて怖くなったというのが当時の感情です。しかし馬子にも衣装、審判服を着
ると一端の審判に見えるのですからそれからは、いろんな試合でマスクを被る
ようになりました。公認審判は、町の審判部に自動的に入るので中学校の野球
部の練習試合でも審判をしました。その後3年間に次男が入団してさらに私が
学童野球クラブの保護者会長になってドップリ野球に浸かっていました。

 しかし息子達も中学校の野球部を最後に野球から離れるのと時を同じくして
私の審判熱も下がって行きました。それに反比例して消防団活動に熱を上げて
行ったのも原因の一つでした。それでも年に数回は、大会での審判に呼ばれて
マスクを被っていました。しかし田んぼと消防の隙間の貴重な休日が無くなる
のとたまにしかやらないと次の日の筋肉痛が半端じゃない。時には、それが原
因でギックリ腰になったりと審判に対し少々ネガティブな気持ちになって行き
ました。やはり難しいルールで何かトラブルになるのが怖かったのが本音です。
今でも試合の前日には、ルールブックに目を通して行きますが実際の試合での
出来事は一瞬の判断が要求されるので果たして効果があるかどうかは不明です。

 そんな中、今シーズン初の審判でした。多少のミスは、ありましたが子供達
がハツラツと楽しめる試合になったと思います。試合が終わってやれやれと審
判控え室に着替えに戻ると大先輩が「林さんは、審判何年やっている?」と聞
いて来られました。え!何かミス?教育的指導?と思いながら「9年です」と
答えると「やはりそうか。今日の審判で一番良かった。全て基本に忠実だった
」となんとお褒めの言葉でした。私、褒められると伸びるタイプなのでもうこ
れで気分は、ウキウキです。そうかミスを恐れて戦々恐々としていたけどこれ
までの経験は、ちゃんと形となっているんだと感じました。4月21日も審判
の予定ですがもう少し自信を持って臨もうと思います。

林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

            平成24年産       新米発売日
超普通じゃないコシヒカ  118袋/328袋  36%   9月12日
女王さまミルキークィーン 76袋/203袋  37%   9月26日
普通じゃないコシヒカリ  167袋/411袋  41%   9月 5日
普通のコシヒカリ     249袋/665袋  37%   9月 5日
ハナエチゼン       30袋/349袋  9%   8月21日
ひとめぼれ        109袋/420袋  26%   8月30日


敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
http://www.hayashisanchi.jp
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
88488488488488488488488488488488488488488488488488488488488488