~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        林さんちのあぐらぐち物語 2013年 皐月3号
           http://www.hayashisanchi.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2013年   皐月3号 _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

今年の春は、異常な寒さです。そんな中、多くの農家さんが苗を失敗したと
いうことで林さんちに苗を取りに来られています。でもそんな年に限って林さ
んちもギリギリの栽培計画でした。果たして苗は、足りるのでしょうか?そん
な中、子供達の代掻きがありました。奇跡的に暖かい日で良かったです。そし
ていよいよ紙マルチの田植えが始まります。

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□
女王さまミルキークィーン ■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□
普通のコシヒカリ     ■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□
ハナエチゼン       ■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
ひとめぼれ        ■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

2.今週の林さんち・・・・苗の失敗は他人事ではありません

 田植えが始まり3週間が経ちました。早生品種、市街地、作業請負と次々に
厳しいエリアを突破してペースの上がるコシヒカリエリアに突入中です。そし
ていよいよ紙マルチの田植えが始まります。この田植えでもっとも重要なもの
がご存知「苗」です。今年の春は、記録的な寒さで雷雨でアラレやヒョウまで
降る日がありました。そんな中、林さんちの苗は、順調に生育してくれました。
苗が上手に育つには、種の浸水から始まり多くの行程の全てをクリアしないと
いけません。そして最後の育苗管理を私の母親が毎日、朝早くから夕方まで見
てくれていることが大きな要因です。私じゃあれやこれやと走り回っているの
でハウスの換気を忘れたりして一発アウトです。

 そんな最近では、上手に生育する苗なので今年は、コシヒカリの苗を必要数
6300箱からマイナス200箱にの6100箱で設定しました。特にコシヒ
カリの田植えは、「粗植」と言って通常1坪当たり60株のところ50株で植
えるので余り苗を使いません。でも今までは、苗作りに自信がなくて通常の計
算10アールつまり300坪あたり21箱で計算していました。すると田植え
終了時には、多い時は、800箱も余ったことがありました。さすがにこれで
は多いのでどうしようか?と考えていましたが、やはり苗を失敗して足りなく
なったら怖い。足りないより余った方がマシという考えでした。ところが今年
林さんち史上最大の栽培面積でハウスに苗が入らない。そこでギリギリ入る苗
数がマイナス200箱だったのです。

 しかしこんな時に限って寒い春で苗を失敗する農家さんが続出。イレギュラ
ーな苗の追加注文が種まき終了後に多くありました。そもそもマイナス200
箱なのにそのマイナスは、ドンドン膨らんでマイナス400箱に、、しかもそ
れでは、足りずに追加の電話がかかって来ます。今までは、何百箱も余ったの
で追加を受けていた母親が今年も気楽に引き受けたり、お客様の方もまるで「
打出の小槌」のように考えて注文して行くのです。さすがにマイナス400箱
は、自信がありません。例年なら気楽に設定する苗の植える本数もギリギリま
で絞っての田植えを続けました。

 でも今年の苗は、自分で言うのもなんですがとても良い。例年、コシヒカリ
の田植えが後半になると田植えが間に合わず「徒長苗」つまり伸び過ぎた苗に
なってしまうのです。こうなるとまるで田んぼに「ネギ苗」を植えているよう
になります。徒長苗は、軟らかく気温差に弱くて水の中でフニャフニャになっ
て溶けてしまいます。でも今年は、気温が低かったのと種まきの段階で通常は、
肥料入りの覆土を使用するところを徒長苗になることが多い3回目の苗には、
無肥料にしてみました。気温が低かったのと無肥料の相乗効果で今年の苗は、
なかなかの出来栄えで少ない植え付け本数でも十分植えることが出来ました。

 苗で失敗した農家さんのことは、とても他人事とは、思えません。かつて林
さんちでは、何度も失敗して苗を融通してもらいに駈けずり回った経験があり
ます。苗を失敗すると「失敗苗の経費損失」「失敗苗の放棄の労力」「新しい
苗の搬入の労力」「新しい苗購入の経費」「購入した苗箱の返却」と自社の苗
の数倍の労力がかかるのです。さらに購入先の農家さんへの気遣いと精神的に
も本当に辛いのです。でも林さんちでもまたいつ同じことが起きるとも限らな
いのです。だからなんとかコシヒカリの苗を余らせて足りない農家さんに回し
たいと頑張っています。そして結果的に60箱余りました。その誤差1%、、
60センチの苗箱なのでわずか6mmの精度です。6mmなんてちょっと一掻
き多いと無くなる量です。それにしてもマイナスの苗箱数にした年の限ってこ
ういう事態になるんだとつくづく感じました。でも来年増やすときっと、、。

    林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

3、代掻きという名の激しい泥遊びです

 5月9日白銀幼稚園、5月13日とくの幼稚園、藤蔭幼稚園と代掻きがあり
ました。代掻きと言っても子供達が田んぼを走り回る「泥遊び」です。昔は、
代掻きなんてやっていませんでした。普通に考えると代掻きは、トラクターで
するもので人間がする作業では、ありません。しかし10年ほど前に藤蔭幼稚
園さんが「代掻き」をしたいと言って来て困惑しました。でも良く聞くと「泥
遊び」をしたいということだったのでやってもらいました。どうなるのか見に
行ったら、そりゃもう凄まじい勢いで田んぼ中を走り回っています。しかも確
かに田んぼの泥がこなれてとっても良い具合です。その後、一応トラクターで
代掻きをするのですが実にナイスに仕上がります。

 それからは、子供達の代掻きが米作りのメニューに加わりました。そして数
年経ってとくの幼稚園さんも米作りをするようになり代掻きを勧めました。で
もとくの幼稚園の子供達も先生もおっかなビックリ。手を繋いでそろそろと田
んぼを歩くだけでした。ところが翌年、代掻きが、藤蔭さんとダブルブッキン
グ。激しい藤蔭さんの代掻きにとくの幼稚園の子供達も先生も目がテン!でも
子供って凄いですね。すぐに真似をして一緒に走り回るようになったのです。
今では、とくの幼稚園さんも超激しい代掻きで大変なことになっています。

 一度、とくの幼稚園の田んぼの水を入れ過ぎてプールのようになったことが
ありました。その時、遅れて見に行った私が目がテン!なんと泥水の中、子供
達が泳いでいたのです。さすがに保護者からパンツとシャツの泥色が落ちない
と苦情があったそうです。でもそれからは、あまり綺麗なシャツは、着せない
でくださいとなってからは、完全にタガが外れたようにさらに激しく代掻きを
するようになりました。でもこんな公認の泥遊びは、一生に一度の経験です。
そして人生のうちで1度だけでも地球にアースしておくことが大切です。一生
涯に地球の土の中に足を入れたことが無いなんてこともあり得ることです。そ
んな人生を送るといろいろと問題が起きるのは想像に難くないと思います。

 しかし代掻きは、お天気が問題。かつて何度も寒い日に行ったことがあり「
まさか、、」と思い見に行くと歯をガタガタ言わせながら代掻きをしていたこ
ともありました。でも子供達は、そんなことお構いなし!感心しましたが速攻
で着替えてバスに乗り込んだのは言うまでもありません。一度だけ雨が酷くて
順延に次ぐ順延で代掻きが出来ないピンチがありました。代掻きが終わるとた
だちにトラクターで仕上げて数日、土を落ち着かせる必要があります。特に子
供達の田植えは、田んぼを硬めにしておかないと軟らかいとグチャグチャにな
ってしまうのです。しかしその時は、もう田植えが迫っていて子供達の代掻き
を待たずにトラクターを入れました。でもふと妙案が浮かびました。富陽小学
校の田植えは、遅いのでまだ間に合うのです。そこで場所は、違いますが富陽
小学校の田んぼで無事代掻き完了です。子供達は、大喜びでした。さあそして
いよいよ次は、田植えです。今年の子供達は、どんな風に植えるかな(⌒‐⌒)

林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

            平成24年産       新米発売日
超普通じゃないコシヒカ  95袋/328袋  28%   9月12日
女王さまミルキークィーン 64袋/203袋  32%   9月26日
普通じゃないコシヒカリ  141袋/411袋  34%   9月 5日
普通のコシヒカリ     209袋/665袋  31%   9月 5日
ハナエチゼン       24袋/349袋  7%   8月21日
ひとめぼれ        69袋/420袋  16%   8月30日


敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
http://www.hayashisanchi.jp
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
88488488488488488488488488488488488488488488488488488488488488