~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        林さんちのあぐらぐち物語 2013年  葉月3号
           http://www.hayashisanchi.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2013年   葉月3号 _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 お盆休み返上で稲刈りした甲斐があって順調にハナエチゼンの販売にこぎつ
けました。しかし石川県の地元新聞に猛暑で稲刈り早まる!の記事が載るほど
稲刈り適期が早まっています。でもどんなに早く刈っても物理的に無理なもの
は、無理です。でも1日でも早く刈りますo(^o^)o

           25年産ハナエチゼン新米発売中!

 8月19日に「林さんちの一番打者ハナエチゼン」の販売を開始しています。
思い切って大量在庫しました。今度こそ売り切れになりませんよ~に!
        http://www.hayashisanchi.jp/shop/okome/okome15/

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
超普通じゃないコシヒカリ ■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
女王さまミルキークィーン ■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□
普通のコシヒカリ     ■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□
ひとめぼれ        □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

2.今週の林さんち・・・・25年産ハナエチゼン新米販売中です

 8月18日の日曜日を返上してハナエチゼンを刈り切りました。翌19日の
朝に農協さんに無理を言って検査をしてもらい速攻で精米袋詰めが出来たので
発売開始を前倒しして8月19日からにしました。ネット通販だと20日から
販売開始でもお届けは、最短で21日なので1日早めました。せっかく「林さ
んちの一番打者ハナエチゼン」の名を持つお米なので1日でも早くお届けした
いのです。刈り遅れでお米が割れる「胴割れ」が一番心配でしたがなんとか大
丈夫だったようです。味に関しては、いつものハナエチゼンですがそれ以上の
評価かどうかは、お客様が決めることなのでドキドキして待っています。

 昨年、林さんちが誇るhttp://www.hayashisanchi.jp/shop/okome/okome31/
玄米カラー色彩選別機「ピカ選」の能力を過信して「籾」「青米」「乳白」「
カメムシ」と言った多くの選別を要求したところ上手くいかず「籾」が混入し
てしまいました。ハナエチゼンは、稲刈りが早いので「青米」が多くなる傾向
があります。猛暑だとお米が白濁する「乳白米」が多くなる傾向があります。
林さんちは、殺虫剤を散布しないので「カメムシ」くんも多い傾向にあります。
これら全てを除去して八方美人なお米にしようと思ったのが間違いでした。結
局肝心の籾やカメムシを除去できずに酷い袋は、もう一度ピカ選を通すという
二度手間を演じてしまいました。

 さらに根本的な原因が判明しました。それは、籾から籾殻を取る「籾摺り機
」の籾と玄米を分ける選別盤の部品が磨耗して異常振動していたのです。だか
らハナエチゼンだけでなく他の玄米でも通常より籾が多く混入していてクレー
ムがありました。今年は、専務が部品を交換したので精度が上がっています。
さらに八方美人は、止めて選別の順位を決めました。1位「籾」2位「カメム
シ」3位「着色米」です。青米と乳白米は、無理しません。今年は、特に稲刈
り適期が早く青米は、少ない。そして乳白米は、もう昨年からの土作り、苗作
り、水管理で勝負は、ついているのでジタバタしても仕方ありません。青米も
乳白米も見た目が悪いのですが味には、あまり影響しないので堪忍してくださ
い。

 しかしどうにもならないのがお米が割れる「胴割れ米」です。忘れもしない
平成12年8月10日から連続3週間の雨無し猛暑日でコシヒカリが割れてし
まい価格を値下げして対応したことがあります。しかも割れただけでなくお米
に古米臭が発生。http://www.hayashisanchi.co.jp/mailbk/200103.html
この時は、8月31日に激しい夕立ちがありその時、たまたま刈っていた稲刈
りの作業請負の「ほほほの穂」が胴割れで全滅。稲刈り代金を値下げしろとお
客様から激しい抗議を受けましたが、まだまだ若かった私は、「それは、林さ
んちの責任ではない!」と突っぱねて定価で代金を請求しました。翌年から稲
刈りの申込がなかったのは当然と言えば当然です。

 それからは、胴割れには、過敏です。だから土作りや水管理を徹底してなん
とか抑えています。しかし25年産は、油断ならないと気を引き締めています。
どんなにピカ選が優秀でも割れたお米を元には、戻せないし除去できないので
す。25年産ハナエチゼンは、少々硬めなお米で「オニギリ」「カレーライス」
「ピラフ」「ドンブリ」に向く特徴的なお米で八方美人では、ありません。で
も多くのファンに応えられるお米に仕上がっていますのでぜひご賞味ください。

    林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

3、田んぼのフェスティバルが8月24日に開催されます

 林さんちの田んぼのフェスティバルが今週の土曜日に開催されます。今年で
なんと10回目を数えます。その前の「田んぼのコンサート」「海辺のコンサ
ート」http://www.hayashisanchi.jp/unchiku/festival.html
を入れると14回目になります。なぜ林さんちで音楽イベント?と自分自身でも不思議な感じ
なんですが実に、田んぼと音楽が合うんです。そして偶然か必然か林さんちの
周りにミュージシャンが多かったのです。今では、14年前に覚醒?したその
ミュージシャン達は、スケジュール調整が難しいほど地元で引っ張りだこの活
躍です。

 平成18年の雨で急遽ライスセンターで開催して以来平成23年まで田んぼ
での開催から離れていましたが昨年から「やっぱり田んぼでしょう!」と会場
を田んぼに戻しました。そのために電気屋さんに頼んで電線を90m引っ張っ
てもらいました。やはり田んぼで初秋の風を感じながらのフェスティバルは、
最高です。開催当初からエコなイベントを心がけているので使い捨ての食器類
の使用は、禁止。そこでスペースふうさんのりユース食器を早くから使用して

http://www.fuunet.org/index.htmlゴミの軽減に努めています。

 参加してくださるお客様は、基本的に、林さんちを知る人達、田んぼのお客
様、ネットのお客様、食育授業をした親子、地域の方、消防団の仲間なので良
くある誰でもかんでも来る夏のイベントではなく落ち着いた不思議な空間にな
ります。出店も「林さんちのお店」「農業青年のお店」「沖縄料理ふらぬーち
ゃー」が出て美味しい料理を販売します。そして生ビールを片手に田んぼで音
楽を聞くのは最高の気分です。今年は、昨年の反省を踏まえいつもは、開演で
行っていたハシゴ登りを宴たけなわの午後6時ごろに行い盛り上げます。

 今回のテーマは、「林さんちの食育テーマソング・いのちの呪文発表会」で
す。私の作詞に作曲家の鈴木敬さんが曲をつけてくれました。これを各ジャン
ルのミュージシャンがアレンジして演奏する予定です。もちろん私も歌うこと
になります。でもみんなで歌って欲しいので歌詞カード兼用の手作りうちわを
この夏にみんなで製作しました。このうちわには、鳥さん、虫さんのぬり絵も
あって完成すると新米ハナエチゼン2合のプレゼントします。さらに全店の料
理を食べると同じく新米ハナエチゼン2合がもらえるスタンプラリーの台紙も
兼ねている優れものです。さああと問題は、お天気です。この14回に渡る開
催で雨が降ったのは、1回だけという脅威的な晴れイベントです。天気予報で
は、50%ですがみんなの元気が雨をぶっ飛ばしてくれることを信じています。

林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

            平成24年産       新米発売日
ハナエチゼン       435袋/455袋  95%   8月19日
            平成24年産       新米発売日
超普通じゃないコシヒカ  18袋/328袋  5%   9月12日
女王さまミルキークィーン 27袋/203袋  13%   9月26日
普通じゃないコシヒカリ  43袋/411袋  10%   9月 5日
普通のコシヒカリ     22袋/665袋  3%   9月 5日
ハナエチゼン        0袋/349袋  0%   8月21日
ひとめぼれ         0袋/420袋  0%   8月30日


敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
http://www.hayashisanchi.jp
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
88488488488488488488488488488488488488488488488488488488488488