~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        林さんちのあぐらぐち物語 2013年  神無月1号
           http://www.hayashisanchi.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2013年   神無月1号 _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 あれだけ降った雨の帳尻合わせのように秋晴れが続きました。でももう時
すでに遅しでこの時期に刈ったお米は、胴割れ等の品質悪化に見舞われてい
ます。林さんちは、早めに刈り終えたので今年は、良好な品質のままで助か
りました。

            無農薬米にレベルアップo(^o^)o
   新商品25年産「林さんちの女王さまミルキークィーン」発売開始!
        http://www.hayashisanchi.jp/shop/okome/okome14/
              お求めやすい価格です
   新商品25年産「林さんちの普通にミルキークィーン」発売開始!
        http://www.hayashisanchi.jp/shop/okome/okome19/

          自然栽培・無農薬無肥料で育てました
       新商品25年産「林さんちの宇宙米」発売開始!
      http://www.hayashisanchi.jp/shop/okome/okome18/
    25年産「林さんちの超普通じゃないコシヒカリ」新米販売開始!
      http://www.hayashisanchi.jp/shop/okome/okome11/

             24年産「林さんちのエンレイ大豆」
         1キロ550円→450円に値下げしました。

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
宇宙米          ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□
普通のコシヒカリ     ■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□
女王さまミルキークィーン ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□
普通にミルキークィーン  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□
ハナエチゼン       ■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
ひとめぼれ        ■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

2.今週の林さんち・・・・激しいお天気に耐えたお米達です

 2013年の稲刈りが9月27日に終わりました。昨年より1日早く過去最
速でした。ゲリラ豪雨や台風に見舞われて翻弄された稲刈りでしたが良く考え
るとその中を縫うように毎日稲刈りをしていた成果です。収量的にも林さんち
にしては、豊作の10アール(300坪)あたり506キロ平均でした。でも
一番心配していた胴割れ米がほとんど無かったのが良かったです。昨年は、後
半のコシヒカリとミルキークィーンが台風前のフェーン現象で熱風に晒されて
お米が少し割れてしまいました。今年も猛暑でとても心配していましたがなん
とか刈り遅れもなく割れませんでした。

 でも餅米の遺伝子が入ったミルキークィーンと餅米のカグラモチの玄米の色
が乳白色でした。これら餅米系や餅米は、時間が経つとあめ色から少しづつ色
が乳白しますが今年は、最初から乳白色でした。一般農家の餅米の場合、あめ
色だと通常のうるち米(ご飯で食べるお米)と見分けがつかないので2段乾燥
をして意図的に玄米の色を乳白色にして見分けがつくようにしています。それ
は、昔、高価な餅米に安いうるち米を混入して偽装したことがあるからだと想
像されます。でもそれでは、乾燥がきつ過ぎるので林さんちでは、2段乾燥を
せずに「あめ色」のままで仕上げています。この方が水分が残っていて餅にし
た時に歯ざわりが良いのです。

 だから最初の頃は、お米屋さんやお客様に「うるち米が混じっている」とク
レームがありましたが今では、皆さんそれが普通と思って買ってくれるように
なりました。しかし今年は、最初から乳白色だったのは、激しいお天気で田ん
ぼで何度も濡れたり乾いたりを繰り返すうちに自動的に色が変化したのでは?
と考えています。でもまったく胴割れも無く品質も良いのであとは、餅つきを
して試食で今年の餅米を評価したいと思います。

 毎年、同じ栽培方法でも餅の様子は、変化します。青米が多いと軟らかい餅
になりいつまで経っても硬化しないので切れずに困った年もあります。胴割れ
をすると蒸すと蒸気が割れた餅米でせき止められて「蒸す」ではなく「炊く」
になってしまい餅に餅米の粒々が残る時があります。乾燥がキツイと餅米がす
ぐに硬くなってしまい「つきたて餅」や「祝い餅」で柔らかい餅の商品でお客
様から硬いとクレームをいただくことになります。今年は、最初から乳白色で
すが見た目は、とても綺麗なので軟らかくもなく硬くない美味しい餅に仕上が
ることを信じています。

 そして実は、今年のコシヒカリの玄米もなんだか白っぽい感じがするのです。
コシヒカリにも餅米の遺伝子が入っています。と言うか日本のほとんどのお米
に食べ易くしようと先人達が軟らかい餅の遺伝子を組み込んだのです。その遺
伝子が含む餅米の性質を今年の激しい天候が表面化させたのかもと想像してい
ます。猛暑からお米を守るために籾殻が厚かった時もあったし胚芽部分を奥に
して芽を守った時もあります。お米って見た目同じに見えてもお天気の変化に
一生懸命耐えているんだなと感じます。そんな頑張った林さんちのお米達をぜ
ひご賞味ください。

    林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

3、本番さながらの夜間消防訓練をしました

 9月28日にの野々市市消防団第2分団で夜間訓練を行いました。毎月のポ
ンプ点検でいろんな想定で訓練を繰り返して来ましたが多くの火事は、夜間に
発生します。そこで夜間訓練を3年ほど前に行ったのですが今回も新入分団員
の訓練も進みいよいよ本番さながらの訓練をしようとなったのです。前回の反
省で今回は、よりリアリティさを増すために出動時間を伏せて自宅待機からの
スタートにしました。前回は、格納庫で集合してから想定現場の消防署に行っ
たので結局消火作業をしたのは中堅以上のメンバーになってしまいました。そ
こで役員クラスは、消防署で待機、新入分団員は、自宅から出動メールを受信
して着替えて格納庫に来ることにしました。

 想定現場の野々市消防署では、今回の訓練にやる気満々で協力してくれまし
た。おかげでちょっと想定が難しいかな?と思いましたが今回は、「失敗」す
ることが目的で簡単に「成功」してもらっては困るのでワクワクドキドキで消
防署で待っていました。通常の火災の場合は、防災メールで登録してある市民
に一斉に送信されるのですがそれでは、送信数が多く時間がかかる場合もあり
ます。だから消防団員には、消防団員用の一斉メールで火災の知らせが送信さ
れます。そのメールも各分団ごとに分けて送れるシステムになっています。そ
れは、隣の金沢市、白山市の応援区域ごとに出動する分団が違うので分けてあ
あるのです。今回は、その機能を利用して第2分団員だけに訓練出動メールを
20時8分に送信しました。

 しかし待つ身は、時間が長く感じます。まだかまだかと待っているとようや
く来たのは、8分後でした。今回は、訓練なので信号ごとに止まるのでやはり
時間がかかりました。でも無事、到着したのでとりあえずホッとしました。そ
こから先は、まあ実際の炎が出ている訳でないので火点の距離が分からずホー
ス展張に時間がかかりましたがホースの結合と確認もちゃんと出来てこれまで
の訓練の成果が出せたと思います。ところが良く見るとヘルメットを逆に被っ
ている人、防火服の前が開いたままの人、手袋をしていない人、ヘッドライト
が無い人と安全管理がまったくなっていません。

 今回の訓練で消防服装備の自宅での置き方場所、防火服の格納庫での置き方
着方の工夫が各自で必要なことが分かったと思います。私は、消防服には、手
袋、ヘッドライトがすでに装備してあります。ハンガーには、上着の上にズボ
ンをかけてあるのでまずズボンを履いて上着は、動きながらボタンを留めて行
きます。そして無線機、携帯電話、財布をねじ込んで格納庫へ。格納庫に防火
服とヘルメットを置いてあるのでとりあえず掴んで定位置の助手席に滑り込ん
で最低出動メンバーが揃うまでに着替えます。着替え易いようにベルトの両端
は、ポケットに入れてあります。そのポケットにも丈夫な火災出動用のケプラ
ー製手袋を入れてあるのでそれをはめてシートベルトをして出動態勢が整いま
す。安全迅速に防災活動をするには、普段の心構えが大切ということに気づい
てくれたと思います。

 しかし3名の分団員の出動メールが届いていないことが判明。最近は、簡単
に携帯会社を変えるのでその登録や設定が変更されてなかったのです。こうな
ると最悪、、訓練終了後に「訓練、、今晩あったのですか?」と言う始末です。
まあ訓練で分かったとから良しとしましたがあまりの自覚の無さに当然の説教
でした。ただ分かったのは、もし火災が起きて119番したら1分1秒がどれ
だけ長く感じるか!そのことを分かってもらう訓練が必要なのかなと訓練終了
後思いました。でも最近、こんな訓練をしなきゃいけないほど火災が無いこと
が一番良いことでもあります(o^-^o)

林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

            平成25年産       新米発売日
宇宙米          14袋/15袋  93%   9月18日
超普通じゃないコシヒカリ 334袋/356袋  94%   9月18日
普通じゃないコシヒカリ  558袋/597袋  93%   9月 5日
普通のコシヒカリ     613袋/665袋  92%   9月 5日
女王さまミルキークィーン 195袋/204袋  96%   9月19日
普通にミルキークィーン  152袋/158袋  96%   9月19日
ハナエチゼン       372袋/449袋  83%   8月19日
ひとめぼれ        545袋/630袋  87%   8月22日


敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
http://www.hayashisanchi.jp
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
88488488488488488488488488488488488488488488488488488488488488