~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        林さんちのあぐらぐち物語 2014年  睦月5号
           http://www.hayashisanchi.jp

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2014年   睦月5号  _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 カキモチ搗きも終わり次のひし餅に突入しています。糀の発酵も開始しまし
た。でもカキモチ切り、編み、干しは、まだまだあるのでそれとの並行作業が
しばらく続きます。そしてこの1週間で宮城県と山形県の東北出張が重なりま
す。さすがにこんなことは、珍しいですね。東北の農家の方々に私のお笑い系
が果たして通用するか楽しみです。そしてそろそろ春の足音も聞こえ始めて来
たので胸の奥がざわめき始めていますがもう少し充電期間で頑張ります。

 林さんちのひし餅の販売開始です、、灯りを点けましょボンボリにぃ~♪
    http://www.hayashisanchi.jp/shop/omochi/omochi3/omochi33/

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
宇宙米          ■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
普通のコシヒカリ     ■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
女王さまミルキークィーン ■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
普通にミルキークィーン  ■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
ひとめぼれ        ■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

2.今週の林さんち・・・・宮城県の自然栽培米農家へ弾丸ツアーしました

 宮城県の自然栽培米生産農家の皆さんに会いに1月24日早朝に出発しまし
た。石川県からは、私を含む6名でレンタカーに同乗しての旅でした。片道8
00キロの長旅なので雪が心配でしたが快晴に恵まれて順調に到着することが
出来ました。途中の会津磐梯山がとても綺麗だったのが印象的です。訪れたの
が宮城県の自然栽培農家の中心人物である加美町の長沼さんです。木村秋則さ
んからも真っ先に名前が出てくるほどの生産者です。全部で5ヘクタール!も
の自然栽培米を作付けしています。多くの苦労をしてここまで来たと思います
がそのノウハウを惜しげもなく我々に教えてくれました。見るモノ触るモノす
べてが、驚きのモノばかりで勉強になりました。

 そして驚いてばかりの我々を一旦、近くの温泉のコテージに案内してくれて
そこでジンギスカンをご馳走になりながら宮城県、岩手県の自然栽培米農家さ
んと交流することになりました。自然栽培米のグループをいろいろと立ち上げ
ておられてそれぞれの会長さん代表理事や役員事務局と言った中心メンバーの
方が10名ほど集まってワイワイと交流を開始しました。このジンギスカンは
岩手県の特産ということでたくさん出されました。でもいきなり勧められるま
まに肉をたくさん食べたらあまり寝ていないこともあって急に睡魔に襲われて
しまいなんと交流会途中でダウンしてしまいました、、(×_×) ジンギスカ
ンがとても美味しかったのも原因でしたが不覚でした。

 結局、本当の交流会は、翌日の長沼さん宅での餅を食べながらの昼食会です
ることになりました。ここで私達の問題点を質問しましたが目からウロコの答
えばかりで非常に勉強になりました。その質問の時もお互いのタブレットやス
マホで画像を見せ合いながら行ったので非常に有効でした。私もここぞとばか
りにネクサス7でいろいろ見せながら教えてもらいました。ここでの餅は、長
沼さんが自然栽培した餅米で搗いたお餅だったので特別です。それを宮城県流
に「ずんだ」「あんこ」そして「納豆」で食べました。さらにアイガモ農法で
頑張ったアイガモの肉を使った「カモ鍋」を頂きました。さらに「イナゴの佃
煮」もありました。ここでも腹一杯になりました、、宮城県の方は、とにかく
「お・も・て・な・し」が半端ありません。

 実際の学びとしては、昨年私がカビを発生してしまった「ボカシ肥料」の対
策として温度を上げようとして上にカバーをし過ぎないこと。あまり包むと雑
菌が繁殖してしまう危険があるとのこと。確かに長沼さんのボカシ肥料を作っ
ている場所はオープンでした。そして木村式自然栽培の特徴でもある耕す土の
塊をソフトボールまたはティッシュボックス程度の大きな塊にするコツを教え
てもらいました。トラクターに付いている耕す機械「ロータリー」は、元々い
かに細かく耕すかを追求して開発されています。だから大きな塊にするには、
刃を間引いたりギヤを変えて回転を落としたりと皆さん苦労しています。そこ
で長沼さんが取った方法は、中古のロータリーの後ろの押さえの板を取り外し
てしまうことでした。確かに押さえの板が耕した土をさらにロータリーに戻し
て細かくしてしまいます。当然、後ろに土の塊は、飛び出しますが大きな塊に
なります。なるほどコロンブスの卵です。

 多くの学びを得てまた800キロの帰路に着きました。でもなんとメンバー
の中に元プロドライバーの方がいて往復1600キロ全て運転してくれました。
おかげで安全かつスムーズにこの旅を楽しめました。そして翌日には、さっそ
くボカシ肥料を作る元気を得ることが出来ました。教えてもらった通りの場所
とやり方で仕込みは、終了。あとは、発酵するのを待つのみ。オープンの場所
でまだまだ寒いので少々不安ですが宮城県は、もっと寒い場所で良く発酵して
いたのでうまく行くことを信じています。

    林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

3、春季火災予防運動の訓練場所を決めました

 消防団の分団長になっていきなりの春季火災予防運動のおける消防訓練場所
が私の分団の管轄で行われることを知りました。この訓練は、毎年春に野々市
市の4つの分団の管轄を持ち回りで行っています。問題は、その訓練場所の選
定や訓練内容については、市と署そして私との打ち合わせの上、消防団と訓練
場所の方に承認を得て行うということです。訓練の日は、3月23日の予定で
すがもう1月中には、概ね決めておかないといけません。正月の出初式あたり
から頭の中で場所の想定をしていました。そして出初式が終わってしばらくし
て署に相談に行きました。

 最初に思い浮かんだのが林さんちの近くの病院。ここは、周りが田んぼなの
で消火栓も少なくて遠くの用水から吸水してホースを展ばすので訓練としては
最高のシュチュエーションです。以前、近くの神社で火災があった時も消火栓
の数が無かったのと用水が遠かったので大変でした。しかし署に提案したとこ
ろ消火栓が道路にありしかも交通量が多く通行止めすると影響が大きいので訓
練場所としては、難しいと言われました。う~んなかなか「訓練に向いた場所
」というのは難しいなと感じました。そこであそこは、どうだ?ここはどうだ
?と考えますが何年か前に一度やっているとか、24時間営業なので訓練で従
業員の協力を得られないとか、日曜日が休日で肝心の従業員がいないとか、、。

 訓練日の朝がまだ営業前でかつ従業員がいて訓練に有効なスペースと水利が
ある場所となります。そこでふと思いついたのが管轄地区にある大きなホーム
センター。ここは、大きな商業地区にあり駐車場も広く日曜日も営業していま
す。そして10数年前にここの向かいの大型スーパーで放火があって大規模な
火災になったことがあります。その時は、消火栓に多くの消防団が取り付き過
ぎて水が出なくなった苦い経験があります。その後、春季火災予防訓練でこの
スーパーで遠くの用水から吸水しての訓練をしました。あれからずいぶん時間
も経っていて分団員も入れ替わったので良い機会だと思いました。

 さらに野々市市では、最近は、用水に沿って大きな遊歩道が作られています。
ここもご多聞にもれず立派な遊歩道が用水の横にあります。以前、近くで落雷
による火災があった時に私は、吸管が遊歩道側だと届かないと判断して遊歩道
が無い火災現場とは、反対側の用水横の道路に部署しました。林さんちの田ん
ぼが近くにあり火災現場とは、反対側だけどそこには、小さな自転車用の橋が
あることを知っていたのです。もちろんホースを展ばすのには、十分な橋です。
今回の訓練では、この遊歩道をいかにかわして吸管を用水に投入するかの良い
訓練になると考えたのです。方法としては、遊歩道の入り口の車用の止め石が
何箇所か外せるのでそこからポンプ車を寄せる。もう一つは、通常は、2本あ
る10m吸管の1本しか使わないのですがもう1本をポンプ車から外して繋ぐ
隠し技があります。今回、どの方法かは、分団員に任せますが有事の際には、
この遊歩道対策は、役に立つはずです。

 大体の方向性が決まったのであとは、市、署、消防団、そしてホームセンタ
ーの協力を了承してもらえば完了です。でも次は、我が第2分団のメンバー選
任が難しいです。本当は、若いメンバーにやってもらいたいけど、失敗して恥
をかくのも嫌だし、、でも本来の訓練は、失敗してこその訓練だと思いますが
分団長としてのメンツもあるし。まああと2ヶ月あるので厳しく訓練して使え
るように頑張りますo(^o^)o

    林さんちの商品注文はこちら→http://www.hayashisanchi.jp/

            平成25年産       新米発売日
宇宙米           6袋/15袋  40%   9月18日
超普通じゃないコシヒカリ 243袋/356袋  68%   9月18日
普通じゃないコシヒカリ  425袋/597袋  71%   9月 5日
普通のコシヒカリ     431袋/665袋  65%   9月 5日
女王さまミルキークィーン 166袋/204袋  81%   9月19日
普通にミルキークィーン  114袋/158袋  72%   9月19日
ハナエチゼン       310袋/449袋  69%   8月19日
ひとめぼれ        406袋/630袋  64%   8月22日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
http://www.hayashisanchi.jp
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
88488488488488488488488488488488488488488488488488488488488488