~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        林さんちのあぐらぐち物語 2014年  如月2号

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2014年   如月2号  _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 2月は、会合や総会が続きます。さらに消防団の温泉もあって少々お疲れち
ゃんです。しかし今年の田んぼの申込書も続々と届いて来て春作業の段取りも
急いでしなくてはいけません。しかも今年は、農業資材の4月の消費税アップ
前の駆け込み注文をしなくていけないので例年に増して早めの動き出しです。
頑張って追いつけるようにしますo(^o^)o

 林さんちのひし餅の販売中です、、灯りを点けましょボンボリにぃ~♪
http://www.hayashisanchi.jp/shop/omochi/omochi3/omochi33/?maga20140212

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
宇宙米          ■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
普通のコシヒカリ     ■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
女王さまミルキークィーン ■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
普通にミルキークィーン  ■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
ひとめぼれ        ■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

2.今週の林さんち・・・・消防団員の家族に温泉で大サービスです

 2月7日金曜日に我が野々市市消防団第2分団の新年会&家族慰安温泉が山
代温泉「ゆのくに天祥」にて開催されました。今年は、分団長として初めての
開催でした。まあ分団長は、上座で酒だけ飲んでいればいいので気楽なもんで
すが副分団長以下部長さん二人は、部屋割りから宴席の段取りまで大変です。
しかも彼らにとっては、全てが今年初めてのことなので大丈夫かな?と少々不
安でしたが完璧な段取りで来賓家族を含めた全員が大満足の温泉になりました。
この温泉で分団員の家族に消防団の理解を得るかどうかが今後の活動に大きく
影響します。

 消防団の活動費を爪に灯を点すように節約してこの日のために貯めての温泉
なので分団員も家族全員好きなだけ飲んで食べて至れり尽くせりの1日です。
特に子供達は、こんなフリーに楽しめる機会は、滅多にないので相当喜んでく
れます。まずは、子供達を味方に引き入れたら次は、奥様方に理解してもらえ
るように宴席を回って旦那達がいかに頑張っているかを楽しく説明して回りま
す。二次会は、奥様方と子供達のためにカラオケを貸し切って私もPTA会長
時代に鍛えた歌声を披露して頑張りました。昔は、二次会は、ホールの席を予
約して飲んだり歌ったりしたものですが家族の世話で忙しい分団員もいるので
参加者が減って数年前から止めました。

 その代わり大部屋にビールやお酒を持ち込んで二次会をするようになりまし
た。他のお客さんのうるさいカラオケを聞いているよりみんなでワイワイ楽し
く飲んだ方が良いということが分かりましたしなんと言っても安く上がります。
その代わり部屋飲みの後は、お食事処に繰り出してラーメンを食べるというな
んと言えない不健康な所業がやはり〆には最高です。そして朝は、ロビーの喫
茶でコーヒーやケーキを参加者に好きなだけ注文してもらって「消防団最高」
とご家族に思ってもらえるように最後のトドメを刺しておきます。

 私は、二次会をする大部屋で最近は、泊まるようにしています。役員だけの
部屋にいると分団員の様子も分からないし以前、酒クセの悪い分団員がいて場
を壊した時があるので独身者や単独での参加者の寝る大部屋で一緒に寝ます。
まあいつもそれでもグッスリ眠れたのですが今回は、凄いイビキをかく分団員
がいて夜中に起きてしまいました。しかもソチオリンピックの開会式を部屋の
テレビを大音量にして観ていた者もいて明らかに睡眠不足で目覚めました。

 しかも起きたら首が痛い、とても痛い。どうも首を寝違えたようで今もまだ
痛いのでそろそろ鍼に行こうかなと思っています。温泉に行って寝違えるわ睡
眠不足だわと何しに行ったか分かりませんが分団員とご家族が楽しんでもらえ
たので大満足です。ちなみに私の分団長挨拶は、2年後の全国消防操法大会に
ポンプ車操法で出場、4年後は、小型ポンプ操法で出場を目標にすると話しま
した。目標は、高い方が良い結果を生むと思います。さあ次は、この目標に向
かって訓練の日々に突入ですo(^o^)o


3、志を言葉で説明するのは難しいです

 2月9日に消防団の温泉で寝違えて首の痛いまま金沢市内で行われた「青年
塾・志実践報告会&18期生入塾説明会」の開催のために妻と長男を伴って出
かけました。実は、青年塾の入塾説明会は、全国各地で盛大に行われていて入
塾希望者の多くがこれをキッカケにしています。しかし北陸地区では、今まで
開催されたことはありませんでした。ところが上甲晃塾長が何を思ったのか石
川県で開催したいと言い出したのです。それは、昨年の10月の終わりでした
が青年塾の親会である志ネットワーク全国会議を石川県で開催したばかり。こ
の準備と開催でほぼ力尽きてしまい直後に体調を崩して風邪をひいたほどです。
その後のオファーだったので冗談でしょう?と断り続けていました。

 青年塾的には、どんなに厳しい場面でも「ハイ喜んで!」と引き受けるのが
信条ですがお笑い系百姓の塾生である私には、通用しません。11月12月と
矢のような開催の催促がありますが逃げて回っていました。この時期は、餅屋
の林さんちとしては、どんなに志があっても動けません。しかし開催日程だけ
がついに決定してしまいにっちもさっちも行かず結局12月の餅つきの繁忙期
の中なんとか抜け出して会場だけを押さえました。なんと2月9日に金沢市お
よび野々市市内の全ての公共施設の会場は全て予約で満杯でした。この時期は
各組織の総会や会合が多いということに後で気づきましたが時すでに遅し。な
んとか押さえられた会場は、ホテルほどではありませんが有料の少々お金のか
かる施設で72名定員の部屋でした。

 年末の餅つきが終わり出初式も終わった頃には、さすがに腹をくくって私が
実行委員長として動き始めました。しかしすでに本番まで1ヶ月を切っていま
した。青年塾は、今では全国に1400名を数えますが北陸の塾生は、石川県
と福井県を合わせて10名に足りません。まあ少数精鋭でコンパクトに動ける
ので楽と言えば楽。でも開催をしても肝心の参加者がいないことには、お話に
なりません。72名の部屋に数名の参加では、赤っ恥です。しかもこの「青年
塾・志実践報告会&18期生入塾説明会」は、前々日から行われている青年塾
17期生の金沢講座の後に予定されているのでスタッフとして現役塾生は、参
加できません。こりや弱ったといろんな農業関係の知り合いに声をかけますが
やはりこの日は、特異日だったのか会合が多くてダメでした。青年塾の志の説
明なんて言葉で伝えられるものではありません。だから誘う時も上甲晃氏の講
話があるから聞きに来てとお願いするしかありません。

 そしていざフタを開けてみるとうれしいことに会場は、一杯になり補助いす
を出すほどの盛況でした。東京や大阪では、数百人単位の参加者ですが石川県
でしかも真冬のこの時期なら御の字です。何よりも志の発表者や上甲塾長がノ
リノリで話してくれた雰囲気を作れたのが良かったです。ところが発表者が余
りに気持ち良く話しをした結果時間がオーバー。17期生の多くが名古屋や岐
阜の参加だったために中座を余儀なくされました。来年?また開催されるので
あれば、早めに会場を予約してそしてタイムキーパー担当を決めてやろうと反
省して無事終了しました。そして終わった後のビールが美味かったのは、言う
までもありません。


            平成25年産       新米発売日
宇宙米           5袋/15袋  33%   9月18日
超普通じゃないコシヒカリ 232袋/356袋  65%   9月18日
普通じゃないコシヒカリ  411袋/597袋  69%   9月 5日
普通のコシヒカリ     409袋/665袋  62%   9月 5日
女王さまミルキークィーン 161袋/204袋  79%   9月19日
普通にミルキークィーン  111袋/158袋  70%   9月19日
ハナエチゼン       302袋/449袋  67%   8月19日
ひとめぼれ        385袋/630袋  61%   8月22日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
88488488488488488488488488488488488488488488488488488488488488