~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        林さんちのあぐらぐち物語 2014年  弥生2号

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2014年   弥生2号  _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 育苗ハウスを張る予定なのに今週に入ってもかなりの降雪がありました。こ
のメルマガが届く頃には、少しでも張れていればいいなぁ~と悩んでいました。
でも奇跡的に雪中でハウス張りが出来ました。でも毎年この時期は、空を見上
げることの多い林さんちです。そして加工場では、2014年の新カキモチが
完成して販売準備完了です。しかし3月は、いろいろな会合や講演会が多くて
大変です。それでも講演会は、今週の金曜日の三重県での講演を最後にして春
作業に集中したいです。


    「華麗なるカレープレゼントキャンペーン」好評実施中
ハナエチゼンを10キロ以上お買い上げのお客様にカレー1袋プレゼント!
  http://www.hayashisanchi.jp/shop/okome/okome15/?maga20140312


  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
宇宙米          ■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
普通のコシヒカリ     ■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□
女王さまミルキークィーン ■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□
普通にミルキークィーン  ■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
ひとめぼれ        ■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

2.今週の林さんち・・・・林さんちは最近講演依頼が多いです

 今年に入ってなんだか良く話しをしているなぁ~と思って数えたらすでに1
月~3月で9回も講演をしている。私の講演のパターンは、4つあります。ま
ずは、子供達に話す食育授業、保護者に話す食育授業、、この二つは、年中申
し込みがあればいつもで行っています。そして林さんちに見学に来た方に話す
ミニ講演、パワーポイントを使用して1時間半~2時間でフルに話す林さんち
の経営の講演。まあその時の主催者のテーマに合わせて多少の調整をしつつ行
っています。でも食育授業は、ともかく見学の受け入れや講演会は、なるべく
受けない様にしています。それでもいろんなご縁があってどうしても受けざる
を得ないことが増えています。

 1月に山形県に行った時は、24年10月に開催された担い手サミット石川
で配った「農育人」、、私がアグリファンド石川の会長だった時に発刊した3
0周年記念誌を見てなぜか私に講演依頼がありました。こうなると断れません。
今度行く三重県は、別の講演会で私の話を聞いた方からぜひと依頼があって断
れず、、育苗ハウス張りでかなりデリケートなこの時期に行くことになりまし
た。でも今年一番ビックリしたのが講演者のピンチヒッター、、講演を予定し
ていた方が病院に居て点滴を打っていて出れないと言うので数日前に急に依頼
がありました。その依頼者が、いつもお世話になっている大切な方だったので
「ハイ、、喜んで(ToT)」と風邪気味で講演したら声が枯れてしまいエライ目
に逢いましたが義理は、果たせました。

 講演の題名は、「23世紀型お笑い系百姓を目指して」と決めています。ま
あこんなふざけた題名で呼ぶ主催者側もそうですがまともにそのノリで話す私
も大したもんだと冷静に考えると思います。でも私が、あまり講演に乗り気で
無いのは、多くの場合が農業者しかも男性さらに年配者であることが多いので
す。このパターンは、もっとも話しづらい状況です。だってお笑い系なので笑
ってもらう箇所満載なのにクスリともしない人多数なんです、、(×_×) 聴
衆の中でリアクションのある方を一人でも見つけてその方に向けて話をするよ
うにしています。中に居眠りをする人が居た日には、もう私の背中には、冷や
汗三斗、、テンションガタ落ちです。

 まあ私の話がつまらないのは分かりますがさらに私のテンションをさらに下
げる姿勢の方が居たりします。「腕と足を組んで斜めに構えて」という方が多
くいると視線が宙に浮き始めます。そしてトドメは、携帯、、しかも凄い音量
で着メロでも鳴らされた時には、撃沈轟沈です。そんな人に限ってそこで大声
で通話をし始めるのです。もうそうなったら私の脳みそは、真っ白です。まあ
このようなことは、私が妻にいつもやっていることなので他人の事は、言えま
せん。妻には、ちゃんと正対して目を見て話し携帯が鳴っても無視しないとい
けないと思います。でも逆にドッカンドッカン受けてくれる講演会では、私の
能力は、限界まで引き出されます。多くの場合は、女性への講演会ですがそん
な時は、やっぱり女の人って凄いなぁ~と感動しています。

 あっもう一つの講演のパターンがありました。それは、中学生への職業講話
です。毎年1回か2回の依頼がありますがいつも撃沈されて帰って来ます。「
このオジサン何を一体話しているの?」と言う感じで無表情で聞かれる場合が
多いのです。ただしこの中学生が一番私の話を聞いている場合が多いことに後
で感想文を読んで気づいています。一番感受性が敏感な時なのですが自分をど
う表現して良いか分からないそして下手にするのも恥ずかしい時期でもある事
が何度かやっているうちに分かりました。でも苦手な相手であることは変わり
ないのですが一番大切に真剣に話す相手でもあります。さあでも春作業が始ま
ったので講演稼業もお休みにして田んぼを相手に頑張ります、、o(^o^)o

3、揚げカキモチ、焼きカキモチ、ガンコ揚げもネット通販可能です

 林さんちの平成25年産のカキモチが順調に販売が進んでほぼ在庫が無い状
態になりました。というかちょっとヤバイ、、今になってもう無いということ
は、来年早々に売り切れてしまうということになります。新カキモチの販売を
3月15日に控えていますが新しいカキモチは、まだまだ完全乾燥をしていな
い焼くと若干芯の残る食感です。この感じが春の訪れと昔懐かしい味を甦らせ
る大事な要素です。でも林さんちの焼きカキモチや揚げカキモチには、やはり
前年産の良く乾燥したカキモチの方がサクッと出来上がるのです。だから新カ
キモチの26枚入りとは別に、前年産のカキモチを在庫しておいて加工に回し
ています。

 でも気づくとその在庫が少ない。本当なら12月末の時点で棚卸しをして1
月の寒中のカキモチ作りで増産体制にしなくてはいけなかったのだが判断を誤
りました。平成23年産が多めに余ったので24年産を若干減らしました。と
いうのは、主力の生カキモチの26枚入りの販売数が少しづつ落ち込んで来た
からです。でも昨年の25年産の新カキモチが出来上がった時点では、24年
産は、ちょうど良い在庫でした。「お!なかなかいい具合」と思っていました。
それに油断して年末商戦で夢中で在庫計算を怠ってしまいました。今年の前年
産在庫の不足は、明らかに「焼きカキモチ」「揚げカキモチ」の販売数増加が
原因です。

 10年ほど前から生カキモチがなかなか売れないので苦肉の策でスーパーの
生産者直売コーナーやイベントでポリ袋に揚げカキモチを入れて販売を始めた
のが最初です。同じような商品で白のし切餅のミミを揚げた「ガンコ揚げ」も
販売し始めました。今のご時勢では、カキモチを焼く道具や環境が少なくなっ
て来たことが影響しています。林さんちでは、休憩時間にストーブで焼いたり
オーブントースターで焼くのが定番ですが一般家庭では、IHヒーターの場合
も増えて来てかつてのようにカキモチを焼く環境が無くなっています。そこで
林さんちで揚げて販売しようとなりました。揚げると言っても高価なフライヤ
ーがあるわけでないのでフライパンで細々と揚げています。それは、今でも変
わりませんが現状の販売数では、これで十分です。

 ところが焼きカキモチに関しては話が違って来ます。林さんちでも焼くには、
市販のオーブントースターで3~4枚づつ焼くしかなくしかも平らに綺麗に焼
くには、頻繁にひっくり返したり箸で伸ばしたりと大変でした。だから焼きカ
キモチは、一部のイベント等で販売する程度でとても大量に焼くのは、不可能
だったのです。しかし数年前にホテル用の電気オーブンを購入しました。やは
り油で揚げるカキモチより素焼きのカキモチが林さんちの方向性にも合ってい
ると考えたのです。このオーブンの能力は、絶大で今までの製造能力をはるか
に上回り揚げカキモチ同様に販売出来るようになりました。しかもスーパーや
イベントだけでなく金沢市内のデパ地下の風土金澤でも販売するようになって
から販売数が伸びて来ました。その伸び率がここのところの消費税アップ前の
売り上げ好調もあって予想を超えたのでした。

 まあ販売好調ということなので良しとしますが来年は、増産をして対応しま
す。あと揚げカキモチ100g、焼きカキモチ7枚入り、ガンコ揚げ100g
は、3月中は、370円で4月から380円で販売していますがネット通販に
は、載せてありません。なぜなら衝撃で割れ易いので宅配に向かないのです。
でもぜひ食べてみたいと希望の方には、代金引換であれば販売します。備考欄
に希望の商品をお書きください。ただし少々割れるリスクをご容赦ください。


            平成25年産       新米発売日
宇宙米           5袋/15袋  33%   9月18日
超普通じゃないコシヒカリ 213袋/356袋  60%   9月18日
普通じゃないコシヒカリ  385袋/597袋  65%   9月 5日
普通のコシヒカリ     370袋/665袋  56%   9月 5日
女王さまミルキークィーン 152袋/204袋  75%   9月19日
普通にミルキークィーン  104袋/158袋  66%   9月19日
ハナエチゼン       280袋/449袋  62%   8月19日
ひとめぼれ        353袋/630袋  56%   8月22日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
88488488488488488488488488488488488488488488488488488488488488