~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        林さんちのあぐらぐち物語 2014年  卯月4号

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2014年   卯月4号  _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 種まきも5回のうち4回が済みほぼ苗が出揃いました。次は、田植えに向け
て代掻きを始めます。そんな春に向け急ピッチの林さんちでは、大変なことが
起きていました。大ピンチの林さんちは、この難局を乗り切ることが出来るで
しょうか?

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
宇宙米          ■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□
普通のコシヒカリ     ■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□
女王さまミルキークィーン ■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□
普通にミルキークィーン  ■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□
ひとめぼれ        ■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

2.今週の林さんち・・・・長男が林さんちの大ピンチを救いました

 先週の4月16日水曜日の午後に突然電話で林さんちのベテラン女性社員が
目の緊急手術を受けると連絡がありました。昨年末から目の毛細血管が少し痛
んでいて通院していたのは、知っていました。でもいきなり緊急手術とは、穏
やかではありません。結局、網膜はく離になりそうと分かったので出術となっ
て2~3週間は、療養が必要と息子さんから連絡があったのは、その日の夕方。
この社員は、林さんちの水管理の中心人物で代掻き田植えの際の水加減を全部
見てくれていました。その中心人物がいきなり田植えど真ん中にいないとなる
と大ピンチです。もう私は、真っ青になって頭をフル回転して対応を考えまし
た。そこで代わりに水管理をもう一人のベテラン女性社員にお願いしようと決
めてその日は、終わりました。

 ところが翌日、そのもう一人の女性社員からインフルエンザにかかって1週
間休むと連絡がありました。もう万事休す、、残った男性社員で水管理をしな
くてはなりません。みんなで相談して一人を水管理に回すことにしました。で
も彼も慣れない巨大迷路のような用水の水管理は、うまく出来るか分かりませ
ん。私もヘルプでいろいろと用水を回って水を入れて回りました。そして4月
18日から水を入れた田んぼを田植えのために土を掻き混ぜる「代掻き」を開
始しました。この「代掻き」は、田植えのために土を均す意味もありますが除
草に関してとても重要な意味を持ちます。そのためには、作業の際の水位が問
題です。概ね土が半分ほど見えていればOK。それより少ないと代掻きが出来
ません。それより多いと草が浮いて来てそれが根付いてしまいます。

 しかも適正な水位で代掻きをしないと「水持ち」が悪くなるのです。水持ち
が悪いと田んぼの土が露出してしまい草が生えます。この水位の管理と代掻き
後の水管理、そして田植えの際は、田んぼの水位を下げます。水があっても植
えることは、出来ますが田植え機の速度を上げると波で苗がなぎ刀bされてしま
います。これらを代掻きと田植えの進捗状況によって水を調整しないといけな
いのです。でも林さんちは、全部で600枚近い小さい田んぼが点在していま
す。代打の代打の水管理担当の社員がうまくこなすことが出来るかとても心配
です。そしてその社員が、水管理に回るということはトラクターの運転手が一
人減ると言うことになります。専務も運転していますが時々、種まき準備、ト
ラクター整備、田植え機整備で抜けることがあります。そうなると2台あるト
ラクターのうち1台お休みしなくてはいけません。とにかくバイトくんを一人
お願いしてこの緊急事態に備えました。

 あともう一つのピンチ。この休んだ二人の女性社員の担当の一つに「赤飯」
がありました。たまたま長男の友人の赤飯の注文が4月20日(日)にあった
のです。でも私の脳みその中で何かを予感していたのか長男が就農してから赤
飯作りをまずこの女性社員から伝授してもらうように指示してありました。何
度か一緒に赤飯作りをしていたのです。そこで今回の赤飯作りは、長男が作る
ことになりました。最悪、友人なので失敗したらごめんなさいもあり得るかと
覚悟して臨みました。でも案ずるより生むが易し、ちゃんと美味しく作れたの
は、やはり子供の頃から加工場に出入りして来た遺伝子のなせる業かもしれま
せん。永久に人間は、仕事を続けることは出来ません。いつか歳をとって若い
人にバトンタッチして行く日がやって来ます。今回のピンチは、そんな時の良
いシュミレーションになったと考えて頑張ることにします。でも長男に赤飯作
りを教えてと指示した私の第六感は、天才的でしたね(o^-^o)

3、お米の山を見上げて焦っています( ̄○ ̄;)

 やっちまいました、、お米の販売計画をミスってしまいました。昨年、売り
切れ商品続出で清水の舞台から飛び降りるつもりで大量に在庫をしたところ現
在相当に売れ残りそうな予感です。昨年4月の林さんちの値上げ前の駆け込み
需要が大きかったのでさらに前年比で見ても苦戦中です。でも日本人がお米を
食べなくなったとか、お米が余っているからなんて言い訳は、出来ません。そ
こで必死に「華麗なるカレープレゼントキャンペーン」を考えて販売促進で
http://www.hayashisanchi.jp/shop/okome/okome15/?hensin20140423をしてみ
ました。爆発的とは、行きませんがそこそこの効果がありました。まだまだ続
けて行くつもりです。

 そして3月下旬にお願いしたアンケートを現在検証中です。そのコメントは、
どれも泣かせるものばかりで感謝の気持ちでいっぱいになりました。ミルキー
クィーンは、もちもちで美味しいという意見が大半でした。玄米食で夫婦ケン
カしていたのが林さんちのミルキークィーンで解消した。冷えてもとても美味
しい。無農薬で安心して食べれる。価格が良心的です、、等々。そしてその他
のお米のコメントにも「美味しい」「楽しい」「頑張って!」とほとんどアン
ケートのコメントと言うより応援のメッセージでした。中でも送料無料が嬉し
いというコメントが多かったのには驚きました。喜んでいたらクロネコヤマト
さんから運賃値上げのお知らせが来て慌てたのですがこうなると「送料無料」
だけは、譲れない重要メbイントと分かったので少し変更しましたが死守しまし
た。

 特に沖縄便が高くなったので安い「ゆうパック」と急いで契約をして対応を
しました。これからは、沖縄へは日本郵便「ゆうパック」でお届けになります。
アンケートで送料無料の重要さを知らなかったら安易に有料にしていたかもし
れません。そしてもう一つ意外なコメントが「発送が早い」「注文から配達ま
で早い」。基本的に平日の午前中までの注文であればその日に発送しています。
土曜日の午後は、翌週の月曜日の発送になりますがどうしても急ぎの場合は、
私がクロネコヤマトの近くの営業所までスクランブル。さらにギリギリの場合
は、午後8時まで受け付けてくれる大きなクロネコヤマトの配送センターがち
ょっと遠いけど野々市市にあるのでダッシュします。こんな日々の努力もお客
様にとっては、大きなメリットだったんだと改めて感じました。

 現在、アンケートを元に「林さんちの女王さまミルキークィーン」のページ
をリニューアルするために専門家の指導で原稿を書いています。アンケートの
内容は、お客様の言葉として載せると同時にお客様と林さんちにお米やご飯と
の写真が重要だそうです。バーチャルな世界のネット通販ですがそこでリアル
な写真と言葉が重要になって来るのです。今、写真を送って良いというお客様
に向けてお手紙をお送りしますので対応のほどよろしくお願いします。さらに
他にも手を加えて欲しいと言う指導もあります。この販売促進の指導を受けて
すでに2ヶ月、、気づけばもう田植えも始まります。早くしないと次の新米を
収穫してしまいます。頑張って早くHPページを完成しなくては!とお米の山
を見上げながら思いを募らす今日この頃です。

            平成25年産       新米発売日
宇宙米           2袋/15袋  13%   9月18日
超普通じゃないコシヒカリ 175袋/356袋  49%   9月18日
普通じゃないコシヒカリ  234袋/597袋  39%   9月 5日
普通のコシヒカリ     282袋/665袋  42%   9月 5日
女王さまミルキークィーン 99袋/204袋  49%   9月19日
普通にミルキークィーン  52袋/158袋  33%   9月19日
ハナエチゼン       124袋/449袋  28%   8月19日
ひとめぼれ        205袋/630袋  33%   8月22日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
88488488488488488488488488488488488488488488488488488488488488