~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        林さんちのあぐらぐち物語 2014年  皐月1号

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2014年   皐月1号  _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 ようやく地獄のGWも乗り越えてパラダイスな田園地帯の田植えに突入です。
ここから先は、目をつぶっていても植えれますがGWが済むと今度は、いろん
な会合が押し寄せて来ます。まだまだ田植え全開中なので勘弁して欲しいと思
います。でも病欠のスタッフも復帰してフルメンバーになってパワーを取り戻
した林さんちです。

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
宇宙米          ■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□
普通のコシヒカリ     ■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□
女王さまミルキークィーン ■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□
普通にミルキークィーン  ■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□
ハナエチゼン       ■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□
ひとめぼれ        ■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

2.今週の林さんち・・・・林さんちは実家のお米を応援しています

 4月25日から始まる田植えですが5月1日からは、農作業請負の田植えの
お客様の田んぼを私のチームで植えます。林さんちの田んぼならともかくお客
様の田んぼを下手くそに植えることは出来ないので社長の私が行きます。さら
にお客様ごとに品種、肥料、除草剤、農薬と入れるモノが違います。それらの
受注をしているのが私なので一番分かっている私が行くのが簡単です。イチイ
チ1軒づつそれらを説明していたのでは大変です。ほとんどが市街地の田んぼ
で小さくて変形田です。その狭い生活道路にトラックで乗り込んで田植え機を
降ろし田植えをして上がる際は、田んぼの泥を片付けて帰るのは本当に大変で
時間がかかります。だから林さんちの田んぼの田植えの50~70%程度しか
作業が出来ません。

 数年前までは、この農作業請負の田植えの軒数も面積もかなりあってGW中
は、目一杯植えていました。今では、GW中に1回種まきもありさら5月5日
の子供の日は、お休みにしています。この5月5日にしても昨年まで私のチー
ムだけは、バイトくん達とお客様の田植えを行っていました。そうでもしない
と終わらなかったのです。ところが最近、部分作業請負の田んぼが、全面委託
に移行して来て林さんちの田んぼに組み込まれて来ました。さらに住宅が建っ
てしまったりと急激に減って来たのです。いわゆる兼業農家さんの減少です。
ここのところ少しづつ減って来て時間が空くので専務チームと合流して林さん
ちの田んぼを植えていました。そしてついに今年は、5月4日で全ての作業請
負の田植えが終わりました。

 つまり全面委託になると作業ペースが著しくアップしたのと作業請負の面積
の現象の相乗効果でした。おかげさまで、今年は、私も5月5日を休むという
快挙を成し遂げました。昨年、5月5日の田植え後、休日出勤してくれたバイ
トくん達をねぎらうために焼肉を食べに行きました。ところが疲れ果てた体に
お酒は、こたえました。それは私だけでなくバイトくんの一人も翌日ダウンし
てしまいました。そこで今までのようにみんなもう若くないと自覚して5月5
日を完全休養日にしました。でも5月4日日曜日は、種まきの後少し田植えを
して早めに撤収して焼肉を食べに行きました。まったく懲りてませんが、今度
は、翌日がお休みなの大丈夫でした(o^-^o)

 最近、苗の販売数も減って来て兼業農家さんの減少をすごく感じます。今も
頑張っている兼業農家さんは、すごいお年寄りか若い家族が後を上手く引き継
いだ形の方だと思います。年々、その頑張っていたお年寄りも亡くなったとか
病気になって農業を辞めたと聞くこともあります。昨年まで苗や田植えの注文
が無くてもきっと忘れているのだろうと思っていたし確かにその場合が多かっ
たのですがいつまでも苗を取りに来ないので問い合わせると農業を辞めていた
というパターンがありました。そこで今年は、注文書に注文を辞める場合は、
お知らせくださいと注意書きを入れることにしました。まあそれでも返事が無
い場合が多くやはり問い合わせると「オヤジが昨年亡くなり、、」という返事
が返ってきます。その分、林さんちの全面委託の田んぼが増えているので総栽
煤b面積に関して言えば以前より増えています。でも世の中で一番素晴らしいお
米は「実家のお米」です。それを作り続けている兼業農家さんを林さんちは、
応援しています。

3、40年ぶりにメガネを新調しました

 実は、私は、子供の頃から強度近視です。小学校2年の時には、メガネのお
世話になっています。当時は、小学校でメガネをかけている児童は、少なかっ
たのですいぶん恥ずかしい思いでいました。しかもその頃は、メガネ屋さんも
少なくてメガネを買いに金沢市の中心街まで行かねばなりませんでした。最悪
だったのは、中学生の時に二日連続でメガネを割ってしまったことがあり親に
メガネ屋さんに二日連続連れて行ってもらうのは、とても申し訳ないし嫌な思
いでした。そしてどんどん視力は、悪くなって行き高校受験で頑張ったせいも
あり中学3年生で13度前後という高屈折のレンズのメガネを買いました。

 この13度と言うのは、一般のメガネの3倍ほどの屈折ですのでいわゆる「
牛乳瓶の底」状態です。さすがにこれは、重いのとレンズのプリズム効果で周
辺部が虹色になってしまうので外で常用するのは無理でした。そこで通常は、
少し視力の落ちる薄いレンズのメガネを使っていましたが高校3年生にもなる
とそれでも黒板が見えなくなりました。もちろん最前列の席が定位置なんです
が厳しい。でも思春期真っ只中にあの牛乳瓶のメガネは、恥ずかしい。どうし
ても見えない時は、そっと使いましたが同級生達からは、やはり驚きの声で迎
えられました。そんな時、コンタクトレンズでソフトが出たと聞きさっそく眼
科に行って見ました。するとこれまでとは、まったく世界が変わりました。

 当時のコンタクトレンズは、毎日の洗浄、煮沸消毒、週1回の蛋白質除去と
メンテナンスも大変でしたがそれでも今まで見えていなかった世界が見えるよ
うになった夢のような人生のスタートでした。今では、酸素透過性も優れた使
い捨てのレンズが出るようになってとても重宝しています。それでも1日中付
けているわけに行かないのでなるべく自宅にいる時は、外すようにしています。
その時は、中学3年の時に購入した牛乳瓶メガネを愛用しています。このメガ
ネは、その当時で最高の高屈折率のレンズを使用しています。でも良く考える
と今このメガネが壊れると他にスペアがありません。ここのところ色々と壊れ
るのでちょっと不安になっていました。

 そこに若い社員の一人がメガネ屋さんでオークリーの高級サングラスを購入
して来たのです。私もサングラスを持っていましたがことごとく壊れてしまい
どうしようか?と思っていたところだったので私もメガネ屋さんで買おうと考
えました。ホームセンター等でも安いサングラスを売っていますが結局「安物
買いの銭失い」になるのです。せっかくメガネ屋さんに行くなら40年ぶりに
メガネを新調することにしました。行ったお店は、40年前に金沢市の中心街
にあったメガネ屋さんと同じ系列店がなんと近くにあるのでそこに行きました。
そこでサングラス、防塵用メガネ、壊れたサングラスの修理と一緒に高屈折レ
ンズのメガネを買いました。しかしビックリしたのがもうガラスレンズメーカ
ーの多くが撤退していて40年前より性能がアップしているかと思いきや逆に
選択肢も減っているし性能も変わらないのです。

 最近のメガネの多くが中国製の安いフレームとプラスチックレンズに取って
変わっていることを実感しました。メガネと言えば福井県鯖江市が産地ですが
生産量は、激減していると聞きます。レンズにしても進歩が止まっているとは、
驚きです。きっと40年も経っているので夢の薄型の高屈折レンズがあるはず
と期待していたのにガッカリです。でも当時の国産のメガネは、40年使って
もまったく問題がないほど丈夫です。安ければ良いという風潮は、そろそろ止
めて本物志向にしないと結局、損をするのは、我々のような気がします。今回
のメガネも末永く使えることを祈っています(o^-^o)

            平成25年産       新米発売日
宇宙米           2袋/15袋  13%   9月18日
超普通じゃないコシヒカリ 164袋/356袋  46%   9月18日
普通じゃないコシヒカリ  231袋/597袋  39%   9月 5日
普通のコシヒカリ     266袋/665袋  40%   9月 5日
女王さまミルキークィーン 90袋/204袋  44%   9月19日
普通にミルキークィーン  51袋/158袋  32%   9月19日
ハナエチゼン       98袋/449袋  22%   8月19日
ひとめぼれ        202袋/630袋  32%   8月22日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
88488488488488488488488488488488488488488488488488488488488488