~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        林さんちのあぐらぐち物語 2014年  皐月4号

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2014年   皐月4号  _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 風邪を治すのに1週間かかってしまいました。結局、回復と同時に田植え終
盤戦に突入しました。そして消防訓練大会の毎晩練習が始まりました。今年か
ら分団長なので消防メシからは解放されるはずですが次の担当者が出張も多い
ので果たしてどうなるかやってみないと分かりません。今月中に田植えは、全
て終了予定なので頑張ります。

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
宇宙米          ■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□
普通のコシヒカリ     ■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□
女王さまミルキークィーン ■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□
普通にミルキークィーン  ■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□
ハナエチゼン       ■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□
ひとめぼれ        ■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

2.今週の林さんち・・・・田植え機も第2の人生を歩みます

 最近、機械の破損や故障が多い。先日も代掻き用の機械ドライブハローのシ
ャフトがメbッキリ折れたと書きましたが修理して程なくまた折れました。やは
り溶接して直るような代物では無かったのです。それでも代掻き作業は、あと
二日、、二日間だけ持ってくれれば良いという気持ちで再度溶接を敢行。今度
は、鉄板で補強を入れての溶接ですがそれでも最後まで持つかは、神のみぞ知
るです。田植えが終わったら分解して折れたシャフト部品を注文してまた組み
直して来年に備えます。こんな簡単そうな機械でも新品は、100万円近くす
るのですから侮れません。

 そうこうしているうちに長男の車のオマケで付いて来た原付スズキ・チョイ
ノリを水周りバイクで重宝していたらさっそくパンク。チョイノリ担当の社員
が水周りから帰って来たのを見てタイヤがペッタンコだから一瞬でパンクと分
かりました。それで彼に「パンクしている」と指摘すると返って来た答えが「
どうりで乗り心地が良いと思った」と言うのですからまったく認識が無かった
ことになります。チョイノリは、後輪のサスペンションが無い実にシンプルな
構造なので空気の抜けたタイヤは、乗り心地が良くなるのは、分かりますが、、
気づけよと思ったのは私だけ?

 とにかく機械の不調の予兆を感じることの出来ない社員が多くて苦労してい
ます。ここまで来ると「センス」「第六感」の世界ですが春先に壊したトラク
ターのミッションにしてもガラガラと音がしていたわけだし、ドライブハロー
も折れる前に振動が発生していたのです。「音」「振動」「匂い」「ハンドル
操作の微妙な違和感」これらを全神経で感じ取っていかないと農業機械を扱う
ことは、出来ません。以前トラクターのタイヤのパンクもまったく気づかずに
路上走行を続けた結果、パンク修理も出来ないほどにタイヤを痛めてしまい呆
れたことがあります。最近のトラクターは、パワーステアリングで予兆を感じ
にくいとは言え問いただすと「なんだかハンドルが取られると思った」と言う
んだから異常に気づいたら止まれよ!と思うのは、やはり私だけ?

 そんなこと言って「林さんちの普通にミルキークィーン」の田植えを開始し
てしばらくして田植え機からガラカラと異音がし出した。私の田植え機は、す
でに限界を迎えていて専務が修理してラスト数日だけ使う予定でお休み中。そ
こで専務の新型田植え機を使用していたのですがこのマシンには、ミニ代掻き
装置が植え付け部に付いていてクルクル回っています。最初そのミニ代掻きに
何かが絡んで音が出ているのかと思って2枚ほど植えました。でもやはりおか
しいと思ってよくよく見ると施肥量の調節ネジが緩んでガタガタ音が出ていた
のです。しかも音だけならいいのですが施肥量が2倍ほどになっていたようで
す。この2枚は、きっと肥料過多で刀b伏確実そして食味も落ちるので林さんち
のお客様には販売出来ません。

 そのことを社員に話すと「微妙な変化に気づけ」と言っていたのは社長じゃ
ないですか?と言われました。まあ「いや素人のおまえ達だと2枚で済まなか
った」、、負けず嫌いの社長でした。さあ後は、私の田植え機が最後のご奉公
に耐えれるかが今年の田植えの終了日を決定することになりそうです。でもこ
んなに酷使した林さんちの田植え機も中古田植え機で結構なお値段で引き取ら
れて行き第2の人生?を歩んでくれます。兼業農家の少ない面積であれば十分
過ぎる性能ですから人気があるのだと思います。でももう機械が壊れないこと
を祈って田植えラストスパートです。


3、宇宙米のチェーン除草を地引網方式に変更しました

 林さんちの自然栽煤b米「宇宙米」の田植えを5月15日にしました。私がど
うしても所用で動けず専務が植えてくれました。しかも冷たい雨が激しく降っ
ている悪条件での田植えでした。まあ次に作業予定もあったので仕方ないと言
えもうちょっと良い日に植えたかった。今年は、田んぼを2枚増やして栽煤b面
積を2倍にしましたがその2枚のうちの大きな田んぼの方が浮き草が多くてち
ゃんと苗を植えられていませんでした。さらに今年の宇宙米の苗は、ボカシ肥
料が効き過ぎたのか徒長苗でちょっとヒョロヒョロなので見た目かなり残念な
状況です。そんなどこに苗があるの?と言った田んぼのチェーン除草を中3日
空けて5月19日に行いました。

 昨年も苗が抜けてしまうのではないか?とドキドキして引いたのですが今年
は、さらに心配でした。そして浮き草であまり深く植えれなかった苗がプカプ
カ浮いている場所もありチェーンを引きながらちょっとブルーでした。この日
の朝は、とくの幼稚園の田植え日でしたので午前中に出来たのは、三分の一程
度。しかも風邪でフラフラだったので結局午後はダウン。一緒にやっていた長
男ともう一人の男性社員に後を託しました。でも長男は、どうもこの奴隷のよ
うなチェーン引きが辛いみたいでなんとかしようとロープで少し引いてみたよ
うです。そして2回目のチェーン引きは、田んぼに入って人間が引くのでは、
なく両側の畦から紐で引っ張ってみることにしました。このフロート付きチェ
ーン除草機は、元々が田んぼの外からロープで引く設計でした。でもロープを
綱引きするのも大変かと思って田んぼの中を歩いて引いていたのです。

 チェーン除草機に育苗ハウスに使うビニル紐を繋いで二人で田んぼの両側に
分かれて交互に引きました。ところが軽い方が良いかと思いきやビニル紐が濡
れて滑ってしまい思いのほか腕力が必要な結果になりました。半分引いた時点
でこりゃマズイとなって荷物を縛るロープに変えました。ロープに水が染み込
んで重いかなと思いきや太いロープの方が圧刀b的に掴みやすくて楽でした。で
も楽と言っても田んぼの中を歩く方式の2倍以上の4時間かかってようやくチ
ェーン除草が終了。4時間ずっと地引網を引いていたようなものですが確かに
意外に腕は大丈夫。足腰も使って全体に負担が分散されるので田んぼを歩くよ
りマシかもしれないと感じました。でも今回は、試行錯誤で4時間もかかって
しまいましたが3回目は、もっと効率を上げたいなと思いました。

 このロープで引くチェーン除草のメリットは、田んぼに入らないので苗を踏
んだりして痛めないことです。田植え機に付けてチェーンを引く一般的なチェ
ーン除草に比べれば田んぼを歩く方式は、圧刀b的に苗を痛めませんがさらに痛
めない究極のチェーン除草になりました。おかげでかなり見た目ヤバイ状況だ
った苗が少しづつピン!と立ち上がって来ました。チェーン除草機が苗をなぎ
刀bすことによって苗が鍛えられる効果が出ているのです。でも浮き草や浮き苗
の多かった田んぼは、未だに惨憺たる状況です。頃合を見て余りにも抜けてし
まった所には、補植をしてあげないといけないかもしれません。まあ自然栽煤b
米の挑戦は、始まったばかり。これぐらいでメゲてはいけません。きっとビッ
クバン並に復活すると信じています。

            平成25年産       新米発売日
宇宙米           1袋/15袋   6%   9月18日
超普通じゃないコシヒカリ 153袋/356袋  43%   9月18日
普通じゃないコシヒカリ  213袋/597袋  36%   9月 5日
普通のコシヒカリ     250袋/665袋  38%   9月 5日
女王さまミルキークィーン 79袋/204袋  39%   9月19日
普通にミルキークィーン  48袋/158袋  30%   9月19日
ハナエチゼン       63袋/449袋  14%   8月19日
ひとめぼれ        182袋/630袋  29%   8月22日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
88488488488488488488488488488488488488488488488488488488488488