~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        林さんちのあぐらぐち物語 2014年   葉月1号

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2014年   葉月1号  _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 台風が近づきフェーン気味の日々です。そして林さんちの稲刈りが8月15
日と計画されたので8月9日~14日までお盆休みに入ります。昨年は、8月
16日からだったのでまたまた1日早くなりそうです。そのうちお盆前に稲刈
りじゃないかと心配しています。でもネット通販とお店は、営業なので社長は
お盆返上で出勤です。そしてお盆休み中に田んぼのフェスティバル用のうちわ
製作をします。

      林さんちの田んぼのフェスティバル開催決定
        8月24日(土)午後5時演奏開始
        会場 林農産育苗ハウス前の田んぼ

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
宇宙米          □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
普通のコシヒカリ     ■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□
女王さまミルキークィーン ■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□
普通にミルキークィーン  ■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□
ハナエチゼン       ■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
ひとめぼれ        ■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

2.今週の林さんち・・・・新パンフはお笑いの魂を吹き込むデザインです

 8月6日に林さんちの2年おきに制作するパンフレットの撮影がありました。
今回のテーマは「天地創造」、、システィーナ礼拝堂のミケランジェロのフレ
スコ画のリアル版です。というデザイナーさんのイメージですが実際にやると
なると天使が神様を持ち上げねばなりません。最初聞いた時は、「え~~~」
となって社員に協力をお願いするとやはり「え~~~」となって「最近、宗教
がかっているなぁ~」と言われる始末。と言うかそもそも宗教画なんですけど。
アダム役の長男に神様役の私が生命を吹き込むという感じだけど林さんち的に
は、お笑いの魂を吹き込むと言った方が正しいのかもしれません。

 とにかくこの無理難題を成功させるためには、さすがに天使役の社員やサポ
ート役の専務とよく話しをしなくてはいけません。話し合いというより説得と
言った方が正しいかもしれませんが最後は「会社の浮沈がかかっている」とい
ういつもの私の殺し文句で全員渋々協力することになります。そしてこの本番
の撮影前にデザイナーさんによるプレ撮影をしました。しかしアダムと神様の
位置関係がイマイチ。アダムを下げて神様を上げて欲しいというデザイナーの
要望にさらに天使達と相談とお願い。しかも本番では、天使達は、白いツナギ
と天使の輪を装着しなくてはいけません。

 まず白いツナギを探しに作業着専門店に行きましたが意外に高額。一着7千
円前後するのです。店頭には、2千円前後のツナギも並んでいるのに?とお店
の方に聞くと「メーカーにまとめて注文して安く仕入れている。白色等の売れ
ない色は、メーカーから定価で購入となるので高い。」この撮影が終われば天
使達に進呈するとは言え4着分で3万円は、ちょっと厳しい。するとお店の方
がこんなんどうですか?と出してきたのが不織布で出来た白いツナギ。放射能
の除染等でも使う例の白いアレです。う~ん少し透けるけど価格は、400円
と格安。結局、不織布ツナギを購入して試着してみるとなんと見た目と違い風
通しの悪いこと!着てすぐに暑くて汗がダラダラ出てきます。除染作業の方が
いかに大変か分かりました。

 そして天使の輪、アマゾンで880円で販売していたので購入しようと思っ
たら妻から即却下。結局、私が作ることなりホームセンターを行ったり来たり。
最初、発泡スチロールのお椀の縁を切って輪にして針金に留めました。でもシ
ョボイ、、そこでネットで調べると発泡スチロールの棒を丸めて天使の輪を作
っている人を発見。この棒は、いったい何?と調べると建設現場で隙間を埋め
るコーキング剤のバックアップ資材という代物と判明。さっそくホームセンタ
ーの建設資材売場に行くとありました。これを丸めて針金に留めて天使の輪を
製作しました。なかなかいい感じです(o^-^o)

 準備万端でしたが今度は、台風接近で撮影予定日のお天気が怪しくなりまし
た。撮影場所は、林さんちのハナエチゼンの田んぼの中です。8月7日が予定
でしたが急遽6日に前倒し。しかもカメラマンがその日ダブルブッキングで朝
7時撮影となりました。そして迎えた撮影日、天気予報では曇りでしたが見事
に晴れました。朝7時とは言えすでに気温30℃でもまだ朝方で助かりました。
撮影前に事前練習をして天使の格好になってもらいいざ本番。私を完全に持ち
上げねばならず長時間の撮影は、無理です。なんとかテイク2でOKをもらい
ました。それでも汗ビッショリでしたがなんかと屋外での撮影が出来てホッと
しました。撮影後みるみるお天気が悪くなったのでなおさらです。さあ出来上
がったパンフレットは、年末のダイレクトメールで見れますのでお楽しみに。

3、今年の田フェス用ウチワはシンプルです

 「林さんちの田んぼのフェスティバル」で無くてはならないモノが「ウチワ
」です。なぜウチワかと言うと田フェスでは、「スタンプラリー」「ぬり絵」
「歌詞カード」の3つの機能が必要になるのですがウチワにすると全てが一つ
に収まるのです。しかも暑いと扇げばいいし参加人数の把握も出来ます。以前
は、スタンプラリー用に小さなカードを作って輪ゴムで腕に留めてもらってい
たのですがいかにもショボイ。なぜスタンプラリーをするようになったかと言
うと不人気店も利用してもらおうという趣旨で始めました。不人気は、涼しい
時のカキ氷や熱い時のタコ焼き店です。まあその時のお天気でずいぶん売れ行
きは違って来ます。全店のスタンプをもらうと新米2合をプレゼントします。
それだけでも参加者は、頑張って全店で買ってくれます。

 ぬり絵は、昨年から始めたアイデアですがせっかく親子で来ても楽しめるシ
ーンが無くて困っていました。そこで「林さんちのいのちのじゅもん」の歌詞
に出てくる鳥さん虫さんみんなの絵をウチワに書いてぬり絵をしてもらうと言
う至ってシンプルな企画です。こんなのでいいの?と思うくらいのお手軽企画
なのに実に親子で楽しくぬり絵をしてくれるのには、驚きました。これもぬり
絵をしてくれると新米2合プレゼントします。ところがここで問題発生。通常
のプラスチック骨のウチワに紙を貼ってぬり絵をすると骨で凸凹していて上手
に塗れません。場合によっては、穴が空いてしまうこともあります。そこで紙
ウチワの適当な商品を探すが無い、、とにかく無い。あっても予定の200本
じゃなくて1000本単位のロットです。

 ネット通販で探しに探して見つけたけど印刷も込みで5万円もしました。そ
れでも他に無かったのでもう少しでポチッっとなとする寸前に妻からストップ。
高過ぎると言うのです。仕方ないのでさらに探したらミルクパックの再生紙で
出来た紙ウチワを発見。価格は、10本で1000円程度なので200本買え
ば2万円ちょっとで買えます。やったと思ってポチっとなと買うと90本購入
でなんと売り切れ!仕方ないので家にあった80本ほどのウチワの紙を洗車機
で剥がして骨にして貼り直して使うことにしました。そして今年もやはりウチ
ワ製作をすることになりましたが昨年のような苦労をしたくありませんでした。

 そこで厚紙を丸く切った単純な紙ウチワにすることにしました。厚紙も探し
に探して通常のお店でA4サイズ40円のところをA3サイズで購入して自分
で切ることで12円に抑えました。後は、歌詞カードとスタンプラリー&ぬり
絵の紙を貼ってからハサミで丸く切るだけです。昨年のミルクパックウチワの
製作は、手が込んでいて本当に大変でした。90枚しか買えなかったから良い
ようなものの200枚作ったら死んでました。今年は、手間のかかるのは同じ
ですが材料費は、4千円以下で収まりました。あとは、200枚作ったウチワ
が足りないほどの参加者を待つだけですo(^o^)o

            平成25年産       新米発売日
宇宙米           0袋/15袋   0%   9月18日
超普通じゃないコシヒカリ 86袋/356袋  24%   9月18日
普通じゃないコシヒカリ  42袋/597袋  7%   9月 5日
普通のコシヒカリ     56袋/665袋  8%   9月 5日
女王さまミルキークィーン 27袋/204袋  13%   9月19日
普通にミルキークィーン  32袋/158袋  20%   9月19日
ハナエチゼン       18袋/449袋  4%   8月19日
ひとめぼれ        20袋/630袋  3%   8月22日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。

884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884884
発行 (株)林農産 林浩陽 2001 Copyright(C)
    〒921-8833 石川県野々市市藤平132
    TEL 076-246-1241 FAX 076-246-3113
koyo@hayashisanchi.co.jp
 ご意見・アドレス変更・配信中止はこちらまで
88488488488488488488488488488488488488488488488488488488488488