~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        林さんちのあぐらぐち物語  2015年 皐月2号

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 このメールマガジンは、林さんちの大切なお客様と、ホームページをみて
   林さんちに興味をもっていただいたお客様にお送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 2015年   皐月2号  _/_/_/_/_/_/_/_/_/

1. 巻頭言

 田植え全開中です。でもゴールデンウィークも終わり難関の市街地の田植え
も突破しました。これからは、コシヒカリとカグラモチをひたすら植えるだけ
です。でもまたまた用水にトラブル発生です。4月に想定外の停水があったば
かりですが今度は、水の濁りです。その濁り方もハンパじゃない濁り方です。
今年は、水で苦労する1年になりそうです。

  林さんちの一番打者ハナエチゼンの華麗なるカレーキャンペーン第2弾
      石川県のソウルフード「チャンカレ」プレゼントです!
     http://hayashisanchi.jp/shop/okome/okome15?maga20150513

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
宇宙米          ■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□
普通のコシヒカリ     ■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□
女王さまミルキークィーン □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
普通にミルキークィーン  ■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□
ひとめぼれ        ■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

2.今週の林さんち・・・・最強用水に再度の大ピンチです

 私がその異常に気づいたのは、5月3日の水回りでした。なんだか用水の水
が濁っているんです。でもきっと上流で雨でも降ったかみんな一斉に代掻きを
始めたのでその泥水が流れているんだろうなと思いました。ところが通常は、
2、3日すると濁りが収まるのに一向にその気配がありません。それどころか
どんどん酷くなって良く見るとコーヒーと牛乳を掻き混ぜたようなマーブル状
態です。最初のうちは、除草効果があっていいんじゃない?と気楽にみんなと
話していました。お米の除草剤を使わない無農薬栽培の方法、、アイガモ農法
米ヌカ農法、そして林さんちの紙マルチ農法の共通点は、日光を遮断すること
です。今回の用水の濁りは、その日光を完全に遮断するほど濃い濁りです。

 でも知り合いの稲の直播きをしている農家から相談があって事態の深刻さに
気づきました。直播きは、苗で田植えをするのでなく種籾を直接田んぼに播い
て育てる省力化の農法です。最近は、コストダウンや栽培面積の増大を目指し
て取り入れる農家も増えています。でも水の上に顔出している苗と違って濁っ
た水が田んぼに入るとまさしく日光を遮断された種籾は芽が出ても育ちません。
こりゃマズイなと思い知人の七カ用水の担当者にメールを入れました。すると
原因となっているのは、手取川の本流ではなくて途中で合流している支流のど
こかだと教えてくれました。

 その時に教えてもらったのが国土交通省のサイトです。なんと何十台ものカ
メラが設置されていて河川の様子をリアルタイムで見れるのです。その中の1
台のカメラが捉えた画像が手取川の透き通った本流に濁った支流が合流する様
子がクッキリと写っていました。でもその先で何が起きているのかは不明です。
するとすばらくして担当者がわざわざ来られて原因かもしれない白山麓の崩落
箇所の資料を見せてもらいました。でもその場所が、もう相当の山奥で人が行
けそうな所ではありません。見せてもらった資料は、昨年の8月と11月の航
空写真でしたが8月には無事な山肌が11月には、大きく気崩れた箇所があり
ます。

 その崩落した土砂が5万立方メートルでそのうち谷に落ちた土砂が1万立法
メートル。その土砂が雪解け水と相まって流れて来ているらしいのです。でも
そんな人も簡単に近づけないような場所では、対策のしようがないように感じ
ました。国交省では、今週中にヘリコプターを飛ばして調査をするそうです。
ただちょっと気になる情報もありました。濁った水に除草剤を撒いても効かな
いかもしれないと言うのです。濁った水を田んぼに入れた後に水を止めて2、
3日濁り水を沈殿させてから散布してくださいと言うのです。でももうすでに
早生品種には、濁った水の上から除草剤を散布してしまいました。

 そして野々市の田んぼで水を2、3日も止めたら水がカラカラになってしま
います。う~ん、、濁りが収まらないまま稲刈りを迎えるような事態になった
場合は、今年のお米は、いったいどうなるのか。とても心配になって来ました。
そして果たしてこの濁り水は、除草効果があるのか?逆にないのか?ちょっと
悩ましいです。なんとか早く原因を突き止めて対策をしてくれることを祈るだ
です。

3、10年ぶりの新型田植え機は素晴らしいマシンです

 私の10年ぶりの新型田植え機に乗って早くも3週間ほど経ちますが、その
性能に今さらながら驚いています。私が昨年まで9年間乗った田植え機とほぼ
同型機なのですが10年の月日は、凄い進化を遂げていました。3年前に専務
が同型機を購入しましたがその時は、逆に退行した感もあったのですが今回は、
違っていました。専務の田植え機は、私の以前の田植え機に装備されていた折
り畳み式の予備苗の棚がありません。変なローラー付きの台が付いていて市街
地の田植えで邪魔な場合は、いちいち片付けるのが大変でした。そしていつの
間にか、もうその台すら外されていました。でも田んぼによっては、苗の補給
の軽トラックが横付け出来ない場合もあるので予備苗の棚は必要です。

 ところが数年経って購入した私の田植え機には、以前より立派な折り畳み式
の予備苗の棚が装備されていました。これは、やっぱり便利で本当に重宝させ
てもらっています。そして意外な便利ツールが田植え機のセンターポールに付
いているLED表示。これに今、田植え機のモードはどうなっているのかが簡
単に表示されます。苗や肥料が切れると赤色が点き、自動田植えモードになっ
ていれば緑色が点き、田植えの幅を計る線を引くマーカーが降りていればオレ
ンジ色が点きます。専務の田植え機にも付いていましたがただ青色ランプが点
くだけで良く分かりません。私の田植え機に至っては、だたの棒です。田植え
もだんだん疲れて来ると操作ミスを犯します。そんな時にとても分かりやすい
システムなんです。

 そして新型田植え機のもう一つの売りが苗の補給の際にスロットルレバーを
チョンと右に入れるとエンジンが切れるアイドリングストップ機能です。そし
てレバーを左に入れてブレーキを踏むとエンジンが始動します。でも林さんち
では、ずいぶん以前から苗の補給の際は、キーでエンジンを止めていました。
理由は、エンジン音がうるさいと周りのスタッフとのコミュニケーションが取
れないこと。そして停止したままエンジンをかけていると排気ガスで頭が痛く
なるのです。でもこの方式は、多くの先駆的な農家でやっていた方法です。そ
れをようやくクボタさんが取り入れたという感じです。でもキーを切るとコン
ピューターも切れるので田植えのオート機能がリセットされます。今回のアイ
ドリングストップは、切れる前のオート機能が保持されたまますぐに田植えに
移行できるので便利です。

 ただし便利なモノには、落とし穴があって仕事が終わってやれやれとアイド
リングストップ機能でエンジンを停止したまま田植え機を離れる危険があるの
です。私も休憩時間で何度かやりましたが短時間だったのでバッテリーも上が
りませんでした。でも1日の終わりにこれをやると次の日は、エンジンがかか
らない危険性があります。だから最近は、田植え機を離れる時は、エンジンキ
ーを抜くようにしています。あとエンジンが私や専務の400ccから450
ccとパワーアップしました。フロントにある重いエンジンは、安定感抜群で
なんと言ってもそのパワーは、ぬかるんだ田んぼで威力を発揮します。まあそ
の分、燃費が悪いので燃料補給が頻繁になります。でもそれは、贅沢な悩みで
すね。これからの私の相棒として大事に使って行きたいと思います。

            平成26年産       新米発売日
宇宙米           0袋/0袋   0%   9月22日
超普通じゃないコシヒカリ 60袋/340袋  18%   9月20日
普通じゃないコシヒカリ  167袋/397袋  42%   9月 9日
普通のコシヒカリ     175袋/640袋  27%   9月 6日
女王さまミルキークィーン  0袋/170袋  0%   9月24日
普通にミルキークィーン  52袋/140袋  37%   9月24日
ハナエチゼン       189袋/385袋  49%   8月17日
ひとめぼれ        201袋/560袋  36%   8月28日

敬白
「あぐらぐち」とは、我が社の志高きプロバイダー氏が、名付けた、
「ホームページといういろりばたで、あぐらをかいて、話でもしまいけ」と
いう意味で名付けられました。
妙ですが、オリジナリティーがあって、私は気に入っています。
なお、「こんなメールマガジンいらないよ」
「HPの日記読んでるからいらないよ」と言う方は、
そのまま送り返しください。こちらで、リストから、外します。


林さんちweb通販

株式会社 林農産
〒921-8833 石川県野々市市藤平132
電話番号:076-246-1241
FAX番号:076-246-3113
メールアドレス:koyo@hayashisanchi.co.jp
URL:http://hayashisanchi.jp/