木村秋則さんをお呼びしての自然栽培のシンポジウムが大盛況のうちに開催
されました。これでひとまずいよいよ始まる春の農作業に集中します。まずは、
ライスセンターの天井に干してあった「かきもち」を下ろします。そして空い
たスペースに種籾等を搬入して種まきの準備。そしてあぜ塗りを始めて田んぼ
を耕して行きます。そして林さんちの宇宙茶がシンガポールへ旅立ちました。

      ひし餅販売中です!金沢では4月3日まで飾ります
      http://hayashisanchi.jp/shop/omochi/hishimochi/

        林さんちの宇宙茶がシンガポールへ輸出です
          http://hayashisanchi.jp/shop/ocha/

  在庫メーター     空←――――――――――――――――→満
宇宙米          ■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□
超普通じゃないコシヒカリ ■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□
女王さまミルキークィーン ■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□
普通じゃないコシヒカリ  ■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□
普通のコシヒカリ     ■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
普通にミルキークィーン  ■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□
ハナエチゼン       ■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□
ひとめぼれ        ■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
             詳しい数字は、メルマガの最後

1.今週の林さんち・・・宅配ドライバーさんに感謝の言葉を

 ついに来るべきものが来たという感じです。クロネコヤマトさんの労働組合
から宅配便の引き受けを抑えるよう会社側に要求しているとのこと。そしてヤ
マト運輸でも12時〜14時、20時〜21時の時間帯指定を無くす方向で検
討を進めています。日本人は、安全と水と「宅配料金は、タダ」と思っている
ので今後は、この流れも変わって来ると感じています。そしてそのドライバー
さんに負担をかけているのは、何を隠そう林さんちでもあります。多くの荷物
が30キロ玄米です。しかも昔は、持ち易いようにバンドで縛ってあったので
すがクロネコヤマトさんから破れる危険度が高いということで箱入りに2、3
年前に変更しました。

 でもこの箱は、ツルツル滑るし取っ手が無いし、持ちにくいこと持ちにくい
こと!この大きさだとマンション等の宅配ボックスには、入らない。しかもお
客様の多くがやはり重いので宅配ボックス使用をしないで欲しいと要望されま
す。林さんちでも近隣へは、自社スタッフで配達をしています。しかし県営住
宅の4階でしかもエレベーターが無い部屋への30キロ玄米の配達がたまにあ
ります。もう4階に着いた時は、青息吐息です。特に年末の自社スタッフでの
配達は、1日の配達件数が200件以上になるので配達バイトさんを4〜5名
お願いしています。ということは、1人1日で50件がやっとです。でもクロ
ネコヤマトのドライバーは、1日に100件以上をこなしているとのこと。し
かも集荷も行うのでこの数字は、驚異的です。

 まあ配達数量の増加は、そもそもアマゾンの配達にあります。佐川急便さん
は、早々に撤退しているので影響が無いのですが残されたクロネコヤマトにし
わ寄せが来ているのだと思います。私もアマゾンでよく買い物をしますがよく
まあこれで配達無料でやっているなと感じます。でもその余波が林さんちにも
来るのであれば、バンバン送料を取ってもらってドライバーさんの給料に上乗
せしてもらって良いと考えます。この宅配のシステムがあったからこそ林さん
ちが倒産せずになんとか経営出来ています。今後の成り行きを注視しています
がなんとかドライバーさんの過重労働の軽減、人材の確保になる方向になるこ
とを祈っています。

 ちなみに林さんちでは、非常にドライバーさんに負担をかける荷物なので新
米の時期には、ドライバーさんに新米を進呈しています。さらに餅シーズンに
なるとお餅を進呈して頑張ってもらっています。でもこれって集荷のドライバ
ーさんは、恩恵に預かれるのですが肝心の配達先のドライバーさんへのケアが
出来ません。よくネット通販でするのがドライバーさんへのお礼の貼り紙。で
も一番の効果があるのが、お荷物を受け取られたお客様の感謝の言葉だと思い
ます。これからは、ぜひドライバーさんに温かい言葉をかけて頂けると嬉しい
です。特に林さんちの重いお米を運んでくれているドライバーさんには、念入
りにお願いします\(^o^)/

2.林さんちもワールドワイドに?

 林さんちの宇宙茶がシンガポールへ輸出されました。事の発端は、昨年暮れ
に開催した日本政策金融公庫さんとの勉強会。この時のテーマが農産物の輸出
でした。石川県の宇宙人農家達は、もうとっくに輸出を手がけているところも
多くて事例発表を聞いていると目が点の話ばかりです。(株)六星さんは、ニ
ューヨークで餅つきの実演まで行って販売を目指していました。(株)金沢大
地さんは、ヨーロッパ、北米に有機米、有機純米酒その他の米加工品を輸出し
ています。和多農産に至っては、中国でお米の生産をしています。まあ林さん
ちにすれば、夢のような話ばかりです。でも近年、日本のお米を輸出しようと
いう動きが多くなっていて農林水産省の重要な政策の一つになっています。で
もお米は、重いので輸出経費もかかるので単価的にかなり厳しそうです。

 そして日本人の舌に合うお米なので海外での販売も限定されるのが実情です。
ある農業法人さんが海外に住む在留日本人向けに輸出して成功した事例を知っ
ていますがこれは、ナイスアイデアだと思いました。でもお米しかも白米での
販売は、中小の農業法人では、かなり難しいと感じます。大体、海外旅行どこ
ろか最近は、本州すら出たことのない林さんちがいきなり海外なんて想像も出
来ません。そんなことを考えながら勉強会に参加していましたが資料の事例発
表の中にお米とお茶の輸出事例がありました。ある農業法人の若き経営者が海
外によく出向いてお米の取引をしていました。その成功の要因の一つが「金ピ
カ」のお米の袋だったというのです。さらにお茶の輸出で成功している農業法
人もその要因は、中華系の人達のお茶のニーズが高いこと。

 この二つの話を聞いてピンと来ました。林さんちの宇宙茶のパッケージは、
まさしく「金ピカ」しかも扱いやすい「ティバッグ」。もしかしてこれなら輸
出で成功するのでは?と考えました。そしてその場で政策金融公庫でトライア
ル輸出事業があると説明があり「これだ!」と思いました。何せ海外事情なん
てサッパリ分からない林さんちが単独で出来るわけありません。このトライア
ル事業で林さんちに合う輸出先と輸出業者を探してくれるので非常に助かるの
です。その後の意見交換会でさっそく東京から説明に来られた担当者に猛烈ア
ピール。そしていろいろ相談した結果、ぜひやってみましょうとなりました。

 それから必要書類のやり取りをして輸出先を決めるのに2ヶ月ほどかかりま
した。そこでシンガポールに決まってからその輸出業者さんから連絡が2月初
めにあってさらにやり取りがあってようやく3月6日にテスト販売分の45パ
ックを発送に至りました。林さんちの宇宙茶の在庫は、まだまだあるので頑張
って売らねばならないのでこの輸出がその一助になればと願っています。そし
て関係者に7月にシンガポールに輸出の件で行くので一緒に行かないか?とも
言われました。う〜ん、林さんちもワールドワイドになるかも?まあ元々宇宙
人農家なんですがね(⌒‐⌒)

            平成28年産       新米発売日
宇宙米          16袋/31袋  52%   9月21日
超普通じゃないコシヒカリ 116袋/280袋  41%   9月16日
女王さまミルキークィーン 184袋/322袋  57%   9月16日
普通じゃないコシヒカリ  186袋/353袋  53%   9月 7日
普通のコシヒカリ     368袋/525袋  70%   9月 7日
普通にミルキークィーン  51袋/105袋  49%   9月16日
ハナエチゼン       168袋/315袋  53%   8月17日
ひとめぼれ        247袋/420袋  59%   8月29日