お米
28年産 林さんちの一番打者ハナエチゼン【玄米5kg】
常時取扱
お一人様用
商品番号02-088
商品名一番打者ハナエチゼン
内容

28年産 玄米 5kg

販売価格1,700円(税込)
どうしても欲しい人へ

28年産新米発売開始!

ハナエチゼンは林さんちの一番打者です

土づくり資材+化学肥料
殺菌剤・殺虫剤・不使用
硬めのお米だからカレーに合います
ハナエチゼンが一番打者のわけを説明します

林さんちのお米で一番最初に収穫する早生品種です。

ハナエチゼンは、8月下旬、周りの田んぼは、まだ青々としているのにすでに稲刈りしています。



だから
「一番打者ハナエチゼン」
ハナエチゼンは、コシヒカリの孫にあたります。
福井県で育成されたので、ハナ+越前かと思っていたら、
実は、 華(花)を、越(コシヒカリ)より前に咲かすので華越前=ハナエチゼンと呼ぶそうです。
ビックリ!
コシヒカリの孫なので美味しいのは、当然ですが、少し硬めのご飯に仕上がります。


ハナエチゼンと林さんちには、物語があります。

林さんちとハナエチゼンはこうして出会いました

昔の早生品種は、倒れるし不味いし大変でした。そこへ救世主ハナエチゼンが登場!美味しい!多収穫!倒れない。本当に良いお米でしたが福井県のお米で種の入手に苦労しました。

ハナエチゼンの成功のきっかけは石川県の奨励品種になったこと

林さんちは、なんとかハナエチゼンの種を富山県の知り合い農家から分けてもらい最初は、わずかな面積でスタートしました。それでもしばらく石川県では認められていない品種でした。しかしついに10年ほど前に石川県の奨励品種になり大々的に栽培を始めました。素直に育つハナエチゼンは、本当に手のかからない良いお米でした。

ハナエチゼンは素直過ぎてそれが不幸を招きました

ハナエチゼンは、肥料をたくさん与えても倒れないし素直に育つことをいいことに、多くの農家が限界に近い多収穫を目指しました。その結果は、せっかくの美味しいハナエチゼンを肥料を与えすぎで不味くしてしまい市場の評価を下げてしまったのです。

林さんちのハナエチゼンが逆襲を開始しました

林さんちのハナエチゼンは、それでも肥料を控えめに農薬も控えて優しく育てて来ました。そのおかげでお米屋さんの評価が上がり、さらにお客様にも良く売れるようになりました。特に硬めのお米を好む若い世代に受けるようになりました。ハナエチゼンは、美味しくないので売れないよね?という世間の評判を覆してやった林さんちのハナエチゼンをどうぞご賞味ください。

詳しくは、こちらをお読みください!


カレーにはハナエチゼンが合う

林さんちのハナエチゼンが合う料理はこれです

コシヒカリだけがお米ではありません!
ハナエチゼンは硬めのお米です。料理に合わせてご賞味ください


お寿司には、硬めのお米のハナエチゼンが合っています。

お寿司屋さんによっては、硬い品種のお米とわざわざ硬くなった古米のコシヒカリをブレンドして使用するところもあるくらいです。ご家庭では、手巻き寿司でお楽しみ頂けます。パリッとした海苔で巻いて食べてください。

家庭料理の定番のカレーライスには、粒々のしっかりしたハナエチゼンが合っています。

ルーとご飯の相性が抜群です。柔らかいご飯だとルーとご飯が口の中で分離して美味しくありません。水の調整をしなくてもカレーにピッタリの硬さに炊き上がります。

行楽のお供のオニギリには、歯ざわりの良いハナエチゼンが美味しいです。

柔らかいご飯でオニギリを握るとダンゴのように硬く固まってしまいます。オニギリの具とも相性がピッタリのハナエチゼンです。冷えても美味しいのはコシヒカリの孫だからです。

ハナエチゼンは、どんな「どんぶりご飯」にも汁が染み込んで非常に美味しく仕上がります。

ツユダクにしてもご飯が熔けたりしません。割りとアッサリした味のハナエチゼンは、どんぶりの味を引き立ててくれます。

もちろんご飯でもハナエチゼンをどうぞ!
林さんちは、硬めのご飯が好きです、、(⌒‐⌒)

林さんちは、たくさんのお米を作っていますが思い入れもあるのかハナエチゼンが大好きです。特にハナエチゼンは、夏の暑さに少々グッタリして、しかもお米の食味が落ちてくる夏場に新米で美味しさを際立たせて登場するのでインパクトの強いお米です。


一番打者のハナエチゼンは、マスコミ取材を多く受けます

なんと言っても石川県内でトップで稲刈りを開始することが多く
毎年、テレビ局や新聞社のカメラマンが撮影していきます。
あなたの買われるハナエチゼンも映されたかもしれません。
林さんちの一番打者ハナエチゼンをぜひご賞味ください。

あなたからのご注文をお待ちしております!
林さんちとは?
林さんちの世界一わかりやすい食育授業
実はこんなこともできます